受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

そこが知りたい!


合格の鍵を握る最後の10か月
サピックスは「受験学年」を
こう指導する

 サピックスでは2月から新学年の学習が始まりました。「受験学年である6年生になると、どういう学習が始まるのだろう?」。新6年生のお子さんを持つご家庭では、いよいよ「受験学年」を迎え、さまざまな不安を抱えているのではないでしょうか。そこで、シリーズ企画「そこが知りたい!」の第1回目となる今回は、小学部事業本部の玉井滋雄先生に、6年生の学習プログラムの設計意図や、学習を進めるうえでの注意点、ご家庭でのバックアップ方法などについて聞きました。6年生の保護者の方はもちろん、5年生以下のお子さんを持つ保護者の方も、ぜひご一読ください。

6年生の授業でめざすこと 「基礎固め+実戦力」で
確実な得点アップを図る

 6年生は受験学年として「総まとめ」の時期に入ります。玉井先生は「6年生に求められるのは、基礎力を固め、充実させること。そして、実戦力を身につけ、徐々に得点力アップを図っていくことの2点です」と話します。

 4教科のうち社会では、6年生で公民分野などを新たに学びますが、算数・国語・理科については、5年生までに受験に必要な分野をひと通り学び終えています。だからこそ、6年生ではまず基礎力を固めることが大切です。5年生までに学んだ基本的な内容を徹底的に復習し直し、これまでと違う角度から同じ問題を見てみたり、新たな知識を補うことで理解の幅を広げたりしながら、〝基礎の再構築〟をめざします。

 もう一つ、重要な課題となるのが、実戦力を磨き、得点力アップにつなげること。玉井先生によると、「5年生のレベルではきちんと理解しているように思えても、入試で出題されるような形式の問題や、視点を少し変えた問題が出ると、まるで初めて見る問題のように戸惑い、手が止まってしまうことも珍しくない」そうです。そこで、6年生の授業では、確実な基礎力を土台としながら、柔軟な思考力を磨くことに重きを置き、「合格につながる実戦力」を身につけていくことを目標とします。

6年生から始まる新しい授業 学校名が付いたコースで学ぶ
週1回の「土曜志望校別特訓」

 6年生になると、授業の時間割も大幅に変わります。5年生で週3回行われていた平常授業は、火曜日と木曜日の2回になる一方で、新たに「土曜志望校別特訓」がスタートします。

 通称〝土特〟と呼ばれている「土曜志望校別特訓」は、毎週土曜日に各教科75分ずつ、4コマ(計5時間)を使って行う演習形式の授業です。学校名が付いたコースごとに、場合によっては男女に分かれ、平常授業とは異なるクラス編成で行います。それまで同じ教室で授業を受けていた子どもたちにとっては、志望校別に分かれたコースで受ける初めての授業です。このような変化からも、子どもたちには受験生としての自覚が芽生え、志望校を意識した学習ペースを確立させていきます。

春から7月まで GS特訓は〝終日講習〟
志望校の出題傾向を把握

 5月初めの休日・祝日は「志望校別GS(ゴールデンウィーク・サピックス)特訓」が開講します。この目的は、子どもたちに受験への意識を高めてもらい、具体的に合格に必要な準備を始めてもらうことです。

 多くの子どもたちは、すでに文化祭などに足を運んで、志望校の校風や特徴についてはある程度理解しているものと思われます。しかし、実際にその学校の入試でどんな問題が出され、どのような力が求められるのか、ということはほとんど理解していません。そこで、GS特訓では、「過去問を題材に行う実戦演習で、志望校の出題の特徴や傾向、レベルなどをつかんでほしい」(玉井先生)と考えています。

 3日間のGS特訓は、9時から17時まで、70分授業が6コマ行われます。文字どおりの〝特訓〟ですが、これは8月下旬の「夏期集中志望校錬成特訓」(5日間)や、それに続く「難関校SS(サンデーサピックス)特訓」(9月以降の日曜日)など、長時間の特訓授業に集中して臨むための〝下地づくり〟の意味もあります。玉井先生は、「こうした特訓を通じて、志望校に合格するために必要な学力や、学びの姿勢を肌で感じるとともに、最後まで問題を解き切り、競争を勝ち抜く〝たくましさ〟も身につけてもらいたい」と話します。

 このように、6年生になると、土特やGS特訓など、志望校別の対策講座が始まりますが、保護者の方のなかには「対策講座を受講すれば、合格の可能性も飛躍的に高まるはず」と誤解してしまう方もいらっしゃるようです。しかし、「志望校対策は、基礎学力があってこそ効果を発揮するもの」と玉井先生は強調します。「さまざまな入試に対応できる力を身につけるには、基礎を地道に積み重ねていくことが何より大切です。家庭学習では、授業の復習を最優先にして、夏までは基礎固めに徹してください」

学習の流れ平常授業:週2日、80分×3コマ/土曜志望校別特訓:週1日、75分×4コマ)
学習の流れ図

夏休み 夏期講習が生活の中心
みずからテーマを設けて学ぶ

 夏休みに入ると、お盆休みを挟んで合計18日間の夏期講習が行われます。授業日数は5年生の20日間より2日間短い設定ですが、1日当たりの授業時間は5年生の2倍の6時間。まず13時から30分のテストが2コマ行われ、続いて14時から19時まで(※)100分の授業が3コマ用意されています。(※一部、時間帯の異なる校舎があります)

 ちなみに、6年生の授業では、最も短いGS特訓でも1コマ70分。この夏期講習では、大学の授業よりも長い100分になるため、「子どもたちの集中力が続かないのではないか」と心配するかもしれませんが、サピックスの講師は、「問題に取り組む時間」「きちんと講師の解説を聞く時間」「表現をする時間」というように、授業にめりはりをつけることで集中力を維持できるよう工夫しています。「講師も子どもたちも一生懸命に取り組んでいるので、あっという間に過ぎるように感じるほど、密度の濃い時間を過ごしています」と、玉井先生は話します。

 夏期講習が終わると、5日間の「夏期集中志望校錬成特訓」があります。これは9月からスタートするSS特訓を見据えたコース編成になっています。「新学期を迎える前に、自分の志望校をもう一度しっかりと意識し、9月からのSS特訓に向けてモチベーションを高める」ことが狙いです。

 さて、保護者の方にとっては、「約40日間の長い夏休みを、どのように過ごせばいいのか」が、大きな不安になると思われます。もちろん、夏期講習と錬成特訓の授業を活用することが重要ですが、玉井先生は、「夏期講習を核としながら、自分なりのテーマや目標を持ったうえで、毎日の学習に取り組んでほしい」と話します。「今の自分に足りないものは何か、補強すべきポイントはどこかを考えながら学ぶことが、9月以降の学習につながり、学力の大きな向上も期待できます」

18年4月号「そこが知りたい!」シリーズ Vol.1:
1|

ページトップ このページTopへ