受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

そこが知りたい!

総復習と基礎固めを徹底し、自信をつける夏休みにしよう

 中学受験の天王山といわれる6年生の夏休み。約40日間の休みをどのように過ごすかが、合格への鍵になります。サピックスでは、「夏期講習」と「夏期集中志望校錬成特訓」の二つの特別講座を開講します。秋以降に始まる実戦的な受験勉強に備えて、この二つの講習を活用しながら、具体的にどのように学習を進めていけばよいのでしょうか。この春、見事に志望校への合格を果たしたサピックス卒業生の声も交えながら、夏休みの過ごし方をご紹介します。

18日間の「夏期講習」と
5日間の「錬成特訓」を実施

 6年生の夏休みといえば、志望校もほぼ絞り込まれ、受験本番に向けての意気込みが高まってくる時期でしょう。9月になると、難関校SS(サンデー・サピックス)特訓や志望校の過去問演習が始まり、受験対策が本格化してきます。それだけに、まとまった学習時間を確保できる夏休みはたいへん貴重なものだととらえ、受験生としての自覚をしっかり持って、悔いのないように過ごしたいものです。

 サピックスでは、夏休みに入るとすぐに「夏期講習」を開講します。日数はお盆休みを挟んで18日間。5年生のとき(20日間)より2日少なくなりますが、一日当たりの講習時間が6時間と、一日3時間だった5年生のときに比べると2倍になります。

 講習は、まず午後1時から30分の小テストを2コマ行い、その後2時から7時まで、100分授業が3コマという編成になっています(※授業時間帯は、校舎・日程によって異なります)。

 そして、8月後半に行われる「夏期集中志望校錬成特訓」が夏休みの総仕上げとなります。この「錬成特訓」では、志望校の出題傾向に焦点を当てた密度の濃い授業が、一日360分、全5日間の日程で行われます。新学期が始まる前に、志望校に対する意識や、受験本番に向けてのモチベーションを高める目的があります。実際に受講したサピックスの卒業生からも、「夏期講習では、それまでの授業内容の総復習をしてくれたので、基本的な知識の不完全だった部分を埋めることができ、その後の自信になった」「錬成特訓では、同じ学校を志望するライバルたちと共に学ぶことで、『入試が近づいているんだ』と強く実感した」などという意見が多く寄せられています。

規則正しい生活を送り、
「総復習」と「基礎固め」を徹底

 6年生の夏休みは、まとまった学習時間を確保できる絶好の機会。夏期講習がある日もない日も、毎日同じように規則正しい生活を心がけ、貴重な時間を有効に使って家庭学習に集中しましょう。

 そこでポイントとなるのが、具体的な学習の内容です。サピックスの授業では、6年生の夏休み前の段階で、すべての教科で受験に必要な基礎知識を学び終えています。そのため、夏期講習では、4教科ともに徹底した総復習を行います。ここできちんと基礎力を定着させておくことが、秋以降に応用力・実戦力を鍛えるための確かな土台となります。つまり、夏休みは「まだ完全には定着していない基礎力を固めるための時期」といえるのです。

 なかには、気持ちが焦るのか、難度の高い問題や志望校の過去問に手をつけて、「少しでも先に進みたい」と考えるお子さんもいますが、志望校の過去問に取り掛かるのは、夏期講習が終わってからで十分間に合います。基礎が固まっていない状態で難問や過去問に取り組んでも、満足のいく結果が出るはずもなく、学力を築いていくことにはつながりません。

 夏休みはそれまでに習ったところの「総復習」と「基礎固め」に重点を置きましょう。そして、サピックスの講師の指示に沿って、『有名中学入試問題集』でさまざまな傾向の問題に触れておく時期だと考えてください。

サピックス生は夏休みにこれだけ勉強した

サピックス生は夏休みにこれだけ勉強した図

 上の円グラフは、今春のサピックス卒業生に対して行ったアンケートの結果です。夏期講習のある日の家庭での学習時間は、70%以上の人が「3時間以上」と解答しています。夏期講習は午後に行われるため、まだ比較的涼しい午前中の時間をどのように活用するかが鍵になるでしょう。一方で、サピックスのない日は、半数以上の人が「7時間以上」と答えています。いずれの日も規則正しい生活を心がけましょう。

全教科をバランス良く復習 
弱点克服と基礎力の底上げを

イメージ写真

 全教科の基礎力をバランス良く定着させるためには、これまでに学習した範囲のなかで、自分がどこが苦手なのかをしっかりと把握したうえで、弱点の克服に努めることが重要です。夏休みの間に弱点の分野にじっくりと取り組み、苦手意識をなくしておきましょう。秋以降は難関校SS(サンデー・サピックス)特訓も始まり、受験対策が本格化していくので、腰を据えて弱点に向き合う時間が取れなくなってしまいます。

 慶應義塾湘南藤沢中等部に進学したM・Nさんは、このように振り返ります。「夏休みには、毎日自分で計画を立て、苦手だった国語の克服と理科・社会の『コアプラス』の総復習を中心に取り組みました。国語で解けなかった問題は、間違えた理由を分析して解法の手順を確認し、わからない部分を明確にしてから質問教室に行きました。そのサイクルによって、国語の成績が後期にはほかの教科を助けるくらいにまで上がりました」

 また、開成中に進学したT・Hくんのお母さんは、「苦手な社会が足を引っ張っていたので、夏休みにそれまでの社会のテストをやり直すことにしました。わたしが解答用紙を作り、本番さながらに時間を計って解き直します。そして、間違えたところや知識があやふやなところを、地図帳や資料集を見ながら『間違いノート』に書き込んでいきます。9月になると、夏にがんばった成果が少しずつ表れてきました」と話します。

 夏休みの家庭学習の時間を有効に使って、苦手な分野を克服するとともに、どの教科もバランス良く復習を行い、全体的な基礎学力の底上げを図りたいものです。

19年8月号「そこが知りたい!」シリーズ Vol.4:
1|

ページトップ このページTopへ