受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

そこが知りたい!


教育方針の違いは? 適性検査の対策は?中学受験の選択肢の一つ 「公立中高一貫校」の疑問をすべて解決

 学校教育法の改正によって、1999年に制度化された公立中高一貫校。それ以来、次々に開設され、現在では連携型を除いても、全国で100校以上設置されています。首都圏でも都立の伝統校が相次いで一貫校に改組されるなど、年々数が増えており、難関大学への合格実績でも一定の成果を残しているため、中学受験の選択肢の一つとして定着してきています。ここでは、公立中高一貫校の特徴、入学者の選抜方法とその対策などについて紹介します。

各校とも高い応募倍率を継続
大学合格実績も魅力

 現在、首都圏(1都3県)には全部で22の公立中高一貫校がありますが、注目されているのは、入学者選抜の応募倍率の高さです。2019年度は、千葉県立東葛飾中が11.6倍を記録しました。開校4年目となりますが、毎年10倍以上の応募者を集めています。千葉県では、県立千葉中が8.5倍、千葉市立稲毛高等学校附属中が7.5倍と、いずれも高い人気を保っています。

 埼玉県では、2019年度にさいたま市立大宮国際中等教育学校が開校し、応募倍率は6.3倍でした。さいたま市立浦和中は8.7倍と、前年の6.3倍から大きく伸びました。2003年度に、首都圏で最初に開校した県立伊奈学園中は4.6倍となっています。

 神奈川県を見ると、県立相模原中等教育学校が8.0倍と最も高い倍率。開校3年目の横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中が6.5倍で続き、県立平塚中等教育学校が5.2倍、横浜市立南高等学校附属中が5.1倍、川崎市立川崎高等学校附属中が4.3倍となりました。

 一方、合わせて11校の公立中高一貫校がある東京都の場合は、受検生が分散するようになり、極端に倍率が高い学校はなくなってきました。2019年度に倍率が最も高かったのは、白鷗高等学校附属中の7.2倍。それでも、6倍以上の学校は依然として多く、千代田区立九段中等教育学校の区分B(千代田区民外を対象)入試が6.9倍、両国高等学校附属中が6.8倍、三鷹中等教育学校と小石川中等教育学校が6.7倍、大泉高等学校附属中が6.4倍、桜修館中等教育学校が6.1倍などとなっています。

 私立と同様、公立中高一貫校の人気には、大学合格実績が影響を及ぼすといわれています。今春の東大の合格者数※を見てみましょう。県立千葉高等学校の19名を筆頭に、都立小石川中等教育学校が16名、都立武蔵高等学校、横浜市立南高等学校がそれぞれ8名、都立桜修館中等教育学校が7名、都立両国高等学校、県立平塚中等教育学校がそれぞれ5名、都立三鷹中等教育学校、さいたま市立浦和高等学校がそれぞれ4名の合格者を輩出しています。このように、多くの公立中高一貫校が一定の合格実績を残しています。

 なお、都立の併設型中高一貫校5校が高校募集を停止し、中学募集の定員を拡大することが発表されました。富士高等学校と武蔵高等学校は2021年度から、大泉高等学校と両国高等学校は2022年度から募集を停止する予定です(白鷗高等学校は施設設備の状況を踏まえて実施時期を決定。2021年度以降を予定)。公立中高一貫校の門戸が広がり、今後ますます人気が高まっていくことも予想されます。

※併設型の場合は、高校からの入学者の実績を含む。中学からの入学者が卒業を迎えていない学校は除く。

 

首都圏1都3県の公立中高一貫校
(2019年度現在)

開校年 学校名
03年 埼玉県立伊奈学園中学校(伊奈町)
05年 東京都立白鷗高等学校附属中学校(台東区)
06年 千代田区立九段中等教育学校(千代田区)
東京都立桜修館中等教育学校(目黒区)
東京都立小石川中等教育学校(文京区)
東京都立両国高等学校附属中学校(墨田区)
07年 さいたま市立浦和中学校(さいたま市浦和区)
千葉市立稲毛高等学校附属中学校(千葉市美浜区)
08年 千葉県立千葉中学校(千葉市中央区)
東京都立立川国際中等教育学校(立川市)
東京都立武蔵高等学校附属中学校(武蔵野市)
09年 神奈川県立相模原中等教育学校(相模原市南区)
神奈川県立平塚中等教育学校(平塚市) 
10年 東京都立大泉高等学校附属中学校(練馬区)
東京都立富士高等学校附属中学校(中野区)
東京都立三鷹中等教育学校(三鷹市)
東京都立南多摩中等教育学校(八王子市)
12年 横浜市立南高等学校附属中学校(横浜市港南区)
14年 川崎市立川崎高等学校附属中学校(川崎市川崎区)
16年 千葉県立東葛飾中学校(柏市)
17年 横浜市立横浜サイエンスフロンティア
高等学校附属中学校(横浜市鶴見区)
19年 さいたま市立大宮国際中等教育学校
(さいたま市大宮区)

首都圏1都3県の公立中高一貫校
 サピックスからの合格実績

学校名 開校年 17年 18年 19年
都立桜修館中等教育学校 06年 12名 9名 5名
都立大泉高等学校附属中学校 10年 4名 3名 3名
都立小石川中等教育学校 06年 30名 37名 37名
都立立川国際中等教育学校 08年 0名 1名 1名
都立白鷗高等学校附属中学校 05年 0名 1名 3名
都立富士高等学校附属中学校 10年 0名 1名 2名
都立三鷹中等教育学校 10年 0名 5名 1名
都立南多摩中等教育学校 10年 1名 2名 0名
都立武蔵高等学校附属中学校 08年 4名 2名 4名
都立両国高等学校附属中学校 06年 9名 3名 2名
千代田区立九段中等教育学校 06年 7名 8名 7名
神奈川県立相模原中等教育学校 09年 3名 4名 1名
神奈川県立平塚中等教育学校 09年 0名 1名 1名
川崎市立川崎高等学校附属中学校 14年 0名 0名 0名
横浜市立南高等学校附属中学校 12年 7名 2名 4名
横浜市立横浜サイエンス
フロンティア高等学校附属中学校
17年 4名 7名 9名
千葉県立千葉中学校 08年 33名 28名 40名
千葉県立東葛飾中学校 16年 20名 13名 21名
千葉市立稲毛高等学校附属中学校 07年 4名 4名 1名
埼玉県立伊奈学園中学校 03年 0名 0名 0名
さいたま市立浦和中学校 07年 5名 2名 7名
さいたま市立大宮国際中等教育学校 19年 2名
22校計 143名 133名 151名

経済的な負担の軽さは魅力
現場の意向が反映されにくい部分も

 公立中高一貫校のいちばんの魅力は、なんといっても学費の安さでしょう。公立中高一貫校の場合、中学校に当たる最初の3年間は義務教育なので無料です。また、中学校では給食があるので、保護者の負担は軽減されます。高校では、2014年度から始まった「高等学校等就学支援金制度」により、年収がおおむね910万円未満(「モデル世帯」の場合)の世帯に、公立高校の授業料に相当する月額9900円が支給されます(国立・私立の高校でも同じ条件で支給。私立の場合は、年収がおおむね590万円未満の世帯では支給額を加算)。

 一般の公立中高と同じ負担で、私立と同じような中高一貫教育を受けることができるわけですから、公立中高一貫校に人気が集まるのも当然だといえます。

 このため、私立校を第一志望にしているご家庭が、公立校を併願するケースはもちろん、公立中高一貫校を第一志望にする、もしくは私立は受けず、希望する公立中高一貫校に不合格なら地元の公立中学に進学させるという方針のご家庭もあります。

 しかし、開設されて間もない学校もあり、指導体制が定まっていないケースも考えられます。また、私立校とは異なり、さまざまな決定事項が行政に委ねられているため、カリキュラムや選抜方法などに学校現場の意向がすぐに反映されないという側面もあります。入学してから後悔しないよう、きちんと情報を集め、十分に検討する必要があります。

 多くの学校がカリキュラムや学校行事など、ホームページでの情報公開に力を入れているので、しっかり確認してください。また、学校説明会や文化祭などの学校行事に足を運んで、雰囲気や指導体制を自分の目できちんと確認するようにしましょう。

学校ごとに個性を出した
独自の取り組みを展開

 では、公立の中高一貫校は、実際にどのような教育を行っているのでしょうか。主な学校の教育方針や独自の取り組みなどを見てみましょう。

 都立武蔵高等学校附属中や千代田区立九段中等教育学校は、6年間を通してキャリアデザインに関する支援態勢を整えているのが特徴。「職場訪問・体験」「進路講演会」を行うなど、中学生のうちから進路についての意識や関心を高め、主体的に進路を選択できる生徒を育てています。

 また、都立小石川中等教育学校や都立両国高等学校附属中などは、充実した国際理解教育を行っています。海外語学研修、国内での国際交流プログラムなどによって、英語で論文制作やプレゼンテーションなどができるよう、高い語学力とグローバルな視点を養っています。

 日本の伝統文化を積極的に取り入れた教育を特徴とするのは、都立白鷗高等学校附属中です。中学の授業で行う地域めぐり、高校での地元の伝統的行事への参加など、地域との連携により伝統や文化に触れる貴重な体験を行っています。

 都立桜修館中等教育学校はチューター制度を実施。指導員として同校の卒業生である現役の東大生などが、平日は夕方5時から7時まで、土曜日は午後1時から4時まで常駐しています。学習の指導はもちろん、大学生活や受験勉強の仕方などの質問にも答えてくれます。

 また、千葉県立千葉中では、各教科をバランス良く学ぶカリキュラムを編成し、ユニークな授業を展開。総合的な学習の時間では、実社会への共感力と社会貢献の志を育て、社会の中で自己実現を遂げる意欲を高める「プロジェクト」を実施しています。

 このように、公立校でも、中高一貫校は学校ごとに独自の特色を打ち出しています。志望校を選ぶに当たっては、教育方針やカリキュラムをしっかり確認してください。

19年10月号「そこが知りたい!」シリーズ Vol.5:
1|

ページトップ このページTopへ