受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

そこが知りたい!

総復習と基礎固めを徹底し、充実した夏を過ごそう

親子で一緒に学習プランを考え
一日の生活のリズムを整える

 暑い夏の間で心配なのは、「夏ばて」と「中だるみ」です。学校が休みの期間に、夜遅くまで机に向かい、翌朝遅くまで寝てしまっては、生活のリズムだけでなく、体調を崩す恐れもあります。ふだんどおりの規則正しい生活を送るよう心がけてください。

 また、貴重な時間を有効に使うためには、夏休みに入る前に親子で一緒に状況を把握し、長期・短期両方のスケジュールを作るとよいでしょう。まずは「やるべきこと」の優先順位を決めて、夏休み全体の学習計画を考えます。そして、「サピックスがある日」と「サピックスがない日」のそれぞれについて、一日のタイムスケジュールを決めます。その際は、サピックスのホームページにある「マイページ」から、『夏休み学習スケジュール表』をダウンロードしてご活用ください。

イメージ写真

 慶應義塾湘南藤沢中等部に進学したH.Yさんは、「『社会の年号テストで満点を取る』など、夏休みの目標をまとめた“がんばる表”を作成しました。目標達成のためにひたすら基礎を固め、間違えた問題は繰り返し解き直しました。そのおかげで、秋以降のデイリーチェックの点数が大きく伸びました」と話します。

 夏のうちに自分に合った学習習慣を身につけておくと、秋から本格化する受験対策にも継続して生かすことができます。

 「わが家では、家庭学習のスケジュールを管理するのにiPadのアラームを活用しました」と話すのは、豊島岡女子学園中に進学したH.Mさんのお母さんです。「1時間たったらアラームを鳴らし、10分休憩するという“時間割方式”のサイクルをつくりました。学校に近いめりはりのある学習ができるだけではなく、朝と昼に集中して学習に取り組むことで、睡眠時間を削らずに済んだのも大きなメリットでした」

 授業に集中するためにも、また体調管理のためにも、朝は決まった時間に起きて、計画に沿って家庭学習を行い、夜は早めに寝るという生活のリズムを守るとよいでしょう。

サピックス生が夏期講習で心がけたこと
サピックス生が夏期講習で心がけたこと図
 今春のサピックス卒業生が6年生の夏期講習を受講するに当たって心がけたこととして、最も多かったのは「苦手科目・分野を克服する」です。夏休みのうちに苦手を克服して、秋からの実戦的な受験勉強に備えようという姿勢が伝わってきます。次に多かったのが「復習を徹底する」こと。夏期講習を活用して、これまで十分に理解できていなかった部分をしっかり復習したいところです。「基礎力をつける」「先生に指示された問題は必ず解く」「全体的なレベルアップを図る」といった意見も多く見られました。

適度な息抜きを取り入れ
子どものやる気を引き出す

イメージ写真2

 スケジュール作りで注意したいのは、予定を細かく決め過ぎないこと。「苦手科目を克服する」という目標を定めたとしても、やることを詰め込み過ぎて余裕のないプランでは、計画どおりに進まなかった場合に修正できなくなってしまいます。その日のうちに「やるべきこと」をすべて消化できなくても、翌日、もしくは次の週が始まるまでに遅れが取り戻せるよう、「予備の時間」を設けるのがポイントです。夏期講習がないお盆の期間に、それまでの進み具合をチェックして、プランを再調整するのも一つの方法です。

 また、やるべきことが予定よりも早く終わったときに、「時間があるから、これもやらせよう」と、安直に学習量を増やしてしまうことはあまりお勧めできません。せっかくやるべきことを終わらせたのに、空いた時間まで勉強を押し付けてしまうと、気持ちのゆとりがなくなってしまいます。せめて予定していた学習が早く終わったときくらいは、お子さんに好きなことでリフレッシュさせてあげてもいいかもしれません。「がんばれば、お楽しみが待っている」と、前向きに努力できるよう、生活にめりはりをつけることが、その後のやる気を引き出すこともあるからです。

 筑波大学附属中に進学したS.Iさんのお母さんは、「子どもの応援団員」に徹したと話します。「体調の管理だけではなく、子どもが気分転換をしたいときには、一緒にカフェや書店に行ってリフレッシュ。良い精神状態で学習に取り組めるようにしました」。また、武蔵中に進学したK.Sくんは、「勉強に疲れたら、運動をしたり、音楽を聞いたりすると気持ちが落ち着きます。ぼくも好きなアーティストの曲を聞きながら休憩しました」と振り返ります。

 6年生のお子さんをお持ちのご家庭で、この夏を最大限に活用するために大切なのは、お子さんの心と体の様子をよく見ながら、健康管理に気をつけ、日々の生活に適度なめりはりをつけて効率良く学習できる環境を整えてあげることです。親子それぞれにとって、悔いのない夏にしましょう。

復習は「全教科バランス良く」
小さな達成感を積み重ね、
自信をつける

 夏期講習では、6年生の前期までに学んだ基礎の総復習と、応用・発展問題の学習を行います。夏期講習の次に行われる夏期集中志望校錬成特訓では、本格的な志望校対策がスタート。入試を意識した実戦的な問題に触れることになり、9月以降に始まる難関校SS特訓につながるものです。

 夏期講習は18日間、夏期集中志望校錬成特訓は5日間と、合計23日間の日程となっています。この貴重な時間を無駄にしないためにも、夏休みに入る前に、マンスリーテストなどで自分の苦手な単元をある程度把握しておくとよいでしょう。保護者の方も、ぜひお子さんの苦手なところを指摘してあげてください。「この単元を絶対に克服するぞ」という気持ちで臨めば、モチベーションもアップします。

イメージ写真3

 二つの講座を受講するうえで心がけていただきたいのは、「授業中でできるかぎり吸収する」ということ。4教科の内容をまんべんなく学ぶことは大変です。しかし、授業で手を抜き、「家で復習すればいいか」と考えていると、逆に手が回らなくなってしまいます。サピックスは「授業第一主義」です。まず授業に集中して取り組み、問題を解きながら「自分はどこができ、どこができていないのか」を把握していく。この積み重ねが、志望校合格につながります。

 ご家庭では、授業でできなかった部分をじっくりと復習してください。ただ、苦手な教科のみ取り組むのはよくありません。夏期講習では、各教科で毎回「重要なポイント」を教えます。たとえ得意な教科であっても、その部分は必ず復習するようにしてください。また、苦手な教科の復習に時間をかけ過ぎるのもお勧めしません。時間割のように各教科で時間を区切り、めりはりをつけて学習してください。時間内に終わらなかった単元は、夏期講習がお休みの日にもう一度取り組んだり、質問教室でわたしたち講師に疑問点を聞いたりするとよいでしょう。入試では、ほとんどのお子さんが4教科のテストに挑戦しますから、一つの教科に偏ることなく、すべての教科をバランス良く学ぶことが大切です。

 夏期講習や夏期集中志望校錬成特訓の最中に、モチベーションが落ちてしまうこともあると思います。やる気を維持するためにも、「今日は何ができるようになったか」を考えるようにしてください。昨日解けなかった問題が解けた、この単元の復習は終わってないけれど、この単元は終わったというように、小さな達成感を積み重ねることが重要です。達成感は自信につながります。自信がある生徒は学力もどんどん伸びていきます。ポジティブに考えることを心がけてください。

 夏の学びは入試に直結します。夏期講習や夏期集中志望校錬成特訓でがんばるほど、しっかりとした土台が出来上がり、秋以降の学びを支えてくれます。授業の内容をしっかりと吸収し、受験へとつなげましょう。

教務部 西川 敦

21年8月号「そこが知りたい!」シリーズ Vol.3:
|2

ページトップ このページTopへ