受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

日本大学中学校

2020年8月20日(木)

より高く Aiming high! ~90年の伝統から悠久の時代をめざして~

 旧制日本大学第四中学校・第四商業学校として1930年に誕生した日本大学高等学校・中学校は,今年で創設90周年を迎えました。「伝統とは革新の連続である」との精神で90年の歴史と伝統を受け継ぎながらも、常に教育の進化させるために、「ICT教育」「グローバル教育」「体験型キャリア教育」を推進しています。

 “Aiming high!”(常に高みをめざそう、目標を高く持とう)という教育スローガンを掲げ、日本大学の教育理念「自主創造」を構成する三つの要素である「自ら学ぶ」「自ら考える」「自ら道をひらく」という自立した学習者「Independent Learner」となるために、知・徳・体をバランス良く伸ばし、多様化する社会を力強く生き抜く力として「確かな力」の育成をめざす同校。

 ICT教育では、2016年度から生徒全員がタブレット端末を1台ずつ持ち、電子黒板と連動した授業を行うだけではなく、調べ学習・自宅学習・学校行事などにも活用しています。また、日本大学16学部との中高大連携教育では、中学3年間でほぼすべての学部を訪問し、最先端の研究内容や専門設備に触れ、講義や実験を体験します。たとえば、理工学部では「ロボットを動かすプログラミング」に、歯学部では「実際の医療機器を使用しての模擬虫歯治療」などに取り組むそうです。「これらの事前学習や事後の振り返り学習はタブレット端末を活用しています。体験して終わりにするのではなく、考察・検証・発表というプロセスを経て、思考力・表現力・発信力を伸ばします。早くからこうした教育を行っていたおかげで、本校はコロナ禍の休校期間中も、順調にオンライン授業を展開することができました」と広報部の藤原くみ子先生は強調しました。

 グローバル教育では、中学校において、英語や海外研修などの国際教育を重視するグローバルリーダーズコース(GLコース)と、オプションとしてGLコースと同等のプログラムを選択できるNスタンダードコース(NSコース)の2コース制を導入し、ともにグローバルを意識したコースとなっています。両コースの最も大きな違いは、海外研修の回数と内容であり、GLコースでは中2で5日間のシンガポール研修を、中3で15日間の海外研修(アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドのいずれか)を実施します。一方、NSコースでは中2で広島・山口方面での国内研修を、中3で5日間の台湾研修を行います。

 続いて、教育内容について説明がありました。英語では英語4技能のうち「聞く」「話す」力を向上させるため、7名の外国人講師による少人数制英会話授業を実施しているほか、ネイティブスピーカーとコミュニケーションをとれる場として、生徒が自由に出入りできる「イングリッシュ・ラウンジ」を開設。異文化への理解を深めながら実践的な英語を身につけます。さらに、英会話スクール「ベルリッツ®」によるベルリッツメソッドに基づく課外授業を中学生対象(GLコースは週1回必修、NSコースは希望制)に行っています。さらに、異文化体験による多様性理解力を育むために,希望者は約3週間の夏期短期海外研修(カナダ【高校】またはオーストラリア【中学・高校】)、約3か月の中期海外研修(ニュージーランド【高校】)、約1年間の長期留学(カナダ【高校】)に参加することができます。

 同校は日本大学の付属校でありながら、約半数の卒業生が国公立大学を含む他大学に進学します。高校では、海外大学や国内国際系大学・学部等への進学をめざす「スーパーグローバル(SG)クラス」、国公立大学や最難関私立大学への進学をめざす「特別進学クラス」、日本大学および難関私立大学への進学をめざす「総合進学クラス」に分かれ、生徒一人ひとりの進路目標にきめ細かく対応しているそうです。

 2021年度入試では、これまで2月1日午後に実施していた適性検査型入試が2月1日午前に変更されます。「出願時に志望するコースを選択しますが、試験問題は共通です。両コースの合格点差は10点程度で、GLコースからNSコースへのスライド合格がありますが、NSコースからGLコースへのアップ合格は出しません」と説明がありました。また、複数回受験でNSコースのスライド合格を得た後、他の日程でGLコースにチャレンジ受験をすることも可能とのことです。

イメージ写真 温水プールや二つの人工芝グラウンドなど、運動施設も充実。クラブ活動が盛んで、中学生の約9割が参加しています

www.yokohama.hs.nihon-u.ac.jp/junior 別ウィンドウが開きます。

ページトップ このページTopへ