受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

青稜中学校

2020年10月13日(火)

充実した学習環境を整え、未来へ挑戦する人材を育成

 青稜中学校・高等学校の前身は、1938年に設立された青蘭商業女学校です。戦後、青蘭学院中学校・高等学校となり、長く女子校としての歴史を歩んできましたが、1995年に中学を共学化し、現校名に変更しました。「社会に貢献できる人間の育成」という建学の精神に基づいて学校改革を進め、最近は国公立大や難関私立大への合格実績を大きく伸ばしています。

 同校では、今年度から校長に青田泰明先生が就任。「CHALLENGE(挑戦)・CHANGE(変化)・CONTRIBUTION(社会貢献)」の3Cを行動目標としたさまざまな教育プログラムが展開されています。オンライン説明会の冒頭では、募集広報部部長の伊東充先生がバリエーションの豊かな新制服を紹介しました。伊東先生は「気候や体調に合わせることができる自由度の高いデザインも『チャレンジ』をイメージしたものです」と述べ、続いて、学習内容について説明しました。

 週6日制の同校では、平日の授業時間を従来の「50分×6コマ」から「45分×7コマ」に変更し、アクティブ・ラーニングなどの深い学びに取り組んでいます。中2・3を対象とした探究型の「ゼミナール授業」では、生徒は学年に関係なく、14種類の講座から興味のあるテーマを選び、学年の枠を取り払って、1年間、少人数で学んでいきます。中学では、新たに週1コマの「読書の時間」を設け、書評をプレゼンテーションする「ビブリオバトル」も開催されます。

 早期に学習習慣を身につけるために用意しているのが、「Sラボ」を使った自学自習システムです。20時まで開室されている中学生専用の自習室には大学生チューターが常駐し、放課後の学習をサポートします。学習の予定や状況を記録する「自己管理の手帳」を利用しながら、3年間で自分の学習スタイルを確立していくよう指導しています。そのほか指名制の基礎講習があり、長期休暇中にも講習が用意されています。さらに、新型コロナウイルス感染症の影響で急速に進んだオンライン学習も継続し、AIを使ったインターネット教材などで学習支援を行っているそうです。

 次に、豊かな心を育む「経験学習」についての説明がありました。伊東先生は、その一つとして部活動を挙げ、「中高で縦のつながりを持つことは、生徒にとってすばらしい財産。上級生をロールモデルとして自分の将来像をイメージすることもできます」と話します。牧場・農場体験などに参加する自然教室では社会生活や集団行動を学び、修学旅行では、中3では広島・京都、高2では沖縄か、ポーランドにあるアウシュビッツ強制収容所とオーストリアを訪問。歴史と文化に触れ、平和について考えを深めます。

 国際教育にも力を入れており、「English Fun Program」(中1~中3)や「English Summer Camp」(中1希望者)のほか、セブ島英語研修(中2~高1)やニュージーランド英語研修(高1・2)、カナダまたはオーストラリアでの短期・中期留学(中3~高2)など、国内外での多彩なプログラムを通して国際社会で活躍できる力を養います。

 最後に伊東先生は「希望制や選択制の学習が数多く設定されており、みずから選択することで主体性や自主性を育てています。本校は広い学校ではありませんが、だからこそ、周囲の友人の成長を身近に感じることができ、教員が生徒一人ひとりに向き合うことも可能です。こうした環境の中で、刺激を受け、自己肯定感を持って生徒たちは大きく成長していきます」と同校の魅力をアピールしました。

 2021年度の一般入試は2月1日の午前・午後、2日の午前・午後の計4回実施され、すべて2科・4科選択制となります。試験当日に熱がある場合には、医師の診断書があれば2月16日に追試験の受験が可能とのこと。また、新型コロナウイルス感染症対策として、2月2日午後に東京国際フォーラムで「タブレット入試」(2科)を行うことも伝えられました。

イメージ写真 東急大井町線「下神明駅」徒歩1分と好アクセスのキャンパス。「全力部活」をキーワードにクラブ活動も盛んで、今年のクラブ加入率は100%を超えています

www.seiryo-js.ed.jp 別ウィンドウが開きます。

ページトップ このページTopへ