受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

開智中学校

2020年9月30日(水)【会場参加型】

探究・発信型学習を重視し
思考力・表現力を伸ばす

 「得意を伸ばす」「志を高く学ぶ」「社会に貢献する」を教育目標に掲げる開智中学・高等学校。みずから学び・発信する力を鍛える「新しい創造型の学び」を実現するため、開校以来、各教科で先端的な授業が行われています。

 説明会の冒頭で、学園理事長を兼任する校長の青木徹先生は、大学入試改革と、それに伴い2021年度から中学校で全面実施となる新学習指導要領に触れ、「昨今の教育は〝自分で考えさせる学び〟へと変化していますが、本校では早くから『質の高い教科型学習』『探究・発信型学習』『生徒の自主性の尊重』の三つを柱に据えた教育を実践しています」と強調しました。

 同校が教科教育と同様に重視しているのが、体験的に学ぶ探究・発信型学習です。たとえば、「探究テーマ・フィールドワーク」では、個人で取り組む「探究テーマ」のほか、学年ごとに異なるテーマを設定し、磯のフィールドワーク(中1)、森のフィールドワーク(中2)、関西フィールドワーク(中3)、首都圏フィールドワーク(高1)を実施。探究活動を進めるなかで生じた疑問について自分で考え、仮説を立て、実験・観察などを行って調査・検証し、その結果を発表するという一連のプロセスを繰り返すことで、思考力・表現力を伸ばしていきます。

 その集大成となる高2の英国フィールドワークでは、現地の大学生に英語でプレゼンテーションをし、ディスカッションも行います。青木先生は「子どもたちは将来、人工知能が驚異的な進化を遂げ、グローバル化が加速している予測不能な社会を生きることになります。また、ウイルスの脅威が加わった今後は、生活や価値観が大きく変わるでしょう。だからこそ、生徒たちには主体的に学び、これからの社会で求められる判断力や協働力を身につけさせ、自分と周囲の人々を守れる人になってほしいのです」と語りました。

多様な進路に対応するため
2021年度から4コース制に改編

 同校はこれまで、きめ細かい指導で知識を定着させる「一貫クラス」と、先進的な考えや知識をみずから吸収する「先端クラス」の2コース制をとっていましたが、多様な進路希望に対応するため、2021年度より中1から高1までを4コース制とします。

 設置されるのは、東大など難関国公立大・難関私立大をめざす「先端IT」、医歯薬・獣医系学部をめざす「先端MD」、グローバルな職業やIT業界など最先端分野をめざす「先端GB」、4年間の探究型学習を通じてじっくりと将来を考える「先端FD」。英語や理系科目、キャリア教育などは、コースごとの特色を出して展開しますが、教科学習の進度はどのコースも同じで、2年ごとにコース変更ができるシステムになっています。

 コースの刷新に伴い、2021年度入試も変わります。1月10日午前に先端1、11日午前に先端特待、13日午前に先端A、14日午前に先端2を実施。さらに、11日午後には算数特待を新設します。広報部長の瀬賀亜弥子先生によると、「先端1・先端A・先端2では、前年までの出題傾向をベースに、先端入試レベルの問題も加わるので、難度はやや上がります」とのことです。新型コロナウイルス感染症への対策として、先端1と先端Aの本校会場は開始時間を1時間ずらし、2部進行で行われます。

イメージ写真 正門正面に建つ5階建ての中高一貫部校舎。グラウンドは四つあり、テニスコート、室内プールなどのスポーツ施設も充実しています

www.kaichigakuen.ed.jp/tyuukouikkannbu/ 別ウィンドウが開きます。

ページトップ このページTopへ