受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

横浜富士見丘学園中学校

2020年11月17日(火)

四つのカリキュラムポリシーで、たくましくしなやかに未来を生きる力を育む

 1923年創立の横浜富士見丘学園中学校・高等学校。この日、オンライン説明会に登壇した校長の駒嵜健先生は、「真の教育は魂の教育」という同校の教育理念を紹介し、「本校ではこのことばを教育の原点として、生徒一人ひとりを見つめ、魂を込めて育てていきたいと考えています」と語りました。共学化して2年目を迎えた同校ですが、中1から高1までは成長段階に応じた指導を行うためにクラスは男女別に編成しており、女子は「リベラルアーツクラス」、男子は「理数特進クラス」で学びます。さらに女子は、高1から「女子進学クラス(私立文系進学)」と「特進クラス(文理総合特進)」に分かれ、特進クラスは高2から男女混合の「文系特進クラス」「理数特進クラス」に再編成されます。このようにホームルームは男女別ですが、一部の授業・部活動・行事は男女一緒に行われるため、別学と共学の両方のメリットを享受できます。

 また、同校では、生徒一人ひとりの夢を実現するために、6年間を2年ごとに三つのステージに区切り、それぞれの成長段階に応じたプログラムを実施しています。「確かな学力」「活きた英語力」「理数教育」「ジェネリックスキル」の四つのカリキュラムポリシーの下、「未来の社会を幸せに生きる力」を養うのが狙いです。駒嵜先生は「特に、中1・2の1st-Stageでは、自己肯定感・自己有用感を高めることが重要です。そのため、中1は1クラスを20名前後として、少人数制できめ細かい指導を行っています」と述べ、具体的な教育内容を説明しました。

 中学では、基礎学力をしっかりと定着させるため、学習記録ノート「あしあと」を利用して規則正しい生活習慣と学習リズムを身につけます。また、朝学習や放課後学習支援センター「TERAKOYA」で自学自習を習慣づけます。高校では「Success Club」でチューターのサポートを受けながら学習を進め、大手予備校講師による英語特訓講座や、進路に合わせた講習なども受講して、難関大学への合格力を培います。2020年度からは全学年で学習動画配信サービスを活用しており、自分のペースに合わせた学習が可能になっています。

 中1・2ではネイティブ教員が副担任を務め、授業以外でも日常的に英語に触れる機会を多くしていることも特色の一つです。中3・高1では、必修のオンライン英会話や、英語を母語としない外国人留学生と英語でコミュケーションを図る「グローバルアイ」を実施。英語でのアウトプット力を向上させるとともに、他国の多様な文化や背景も学んでいるそうです。このような取り組みの結果、2019年度には英検®の「British Council Japan Award」を受賞しました。

 理数系科目にも力を入れており、中学では数学の授業時間を女子は週5時間、男子は週6時間確保。高1では理科基礎3科目を必修で学びます。中3男子の数学の時間には、アルゴリズムを取り入れて論理的思考力を伸ばす、企業や大学と連携した講座を開講しているほか、理系大学キャンパスツアー、研究室訪問など、興味・関心を引き出す体験プログラムもあります。駒嵜先生は「未来の社会でAIや機械に使われない人材となるために、中学・高校の段階で文系選択者もしっかりと理数系科目を学ぶことが大事です」と強調しました。

 「ジェネリックスキル(社会人基礎力)」を磨くさまざまな取り組みも紹介されました。アクティブラーニング型の授業を通して主体性・協働力・課題解決力を養い、高1では企業からのミッションに挑む探究学習「クエストエデュケーションプログラム」に全員が参加します。一方で、中1では「礼法」の授業があり、日本の伝統文化やおもてなしの心、立ち居振る舞いを学びます。駒嵜先生は「2021年度からは、中学の女子クラスで幅広い教養を身につけるための取り組みとして、バイオリンや油絵を取り入れる予定です。6年間で品位と教養を持った国際教養人を育成することが本校の目標です」と結びました。

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

イメージ写真 アジアやアフリカなど、英語圏以外の地域から留学生を招いて行うプログラム「グローバルアイ」の様子。留学生に出身国の文化や生活習慣を聞いたり、英語で会話のキャッチボールをしたりしながら、異文化への理解を深めていきます

www.fujimigaoka.ed.jp/ 別ウィンドウが開きます。

ページトップ このページTopへ