受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

桐光学園中学校

2020年11月20日(金)

コース制とクラブ活動で生徒を鍛え、理想の進路を実現する

 多摩丘陵の自然豊かな環境にキャンパスを構える桐光学園中学校・高等学校は、広大な敷地に充実した施設を有する中高一貫校です。「他者との関わりの中で自己を高めていこう」「失敗を恐れず失敗から学んでいこう」「一生続けられる好きなことを見つけよう」を教育目標に、生徒それぞれが個性を発揮しつつ、互いのそれを尊重する上質な学園生活を提供しています。また、ICTを導入し、校内にWi-Fi環境を完備。高校生に加え、2021年度には中学生全員がパソコンを所持し、授業に活用。新型コロナウイルス感染症の影響による休校期間中にも対応しています。

 国際教育プログラムも充実していて、「ケンブリッジ大学リーダーズ研修」「英国イートン校サマースクール」「ニュージーランドターム留学」などがあります。さらに茂木健一郎氏、根岸英一氏、池上彰氏、隈研吾氏、坂本龍一氏、羽生善治氏らを招聘して行う大学訪問授業を、年20回程度実施しています。これらの取り組みの延長上に「TOKO SDGs」を設定し、これまでの「何をどのように教えるか」という教育から、「何をどのように学ぶのか」という生徒の主体的な学びへとより充実した環境が整っています。

 オンライン説明会の冒頭では、入試対策部長の三浦敏行先生があいさつに立ち、同校の特色と教育内容について説明しました。それによると、中高一貫教育の利点を生かしたカリキュラムの下、各学年でテーマに基づいた学習を積み重ね、生徒の理想の進路に向けて学力を伸ばしていくとのことです。中学3年間で家庭学習の習慣を確立するため、ホームルームの時間を利用した「10分間テスト」を実施。2週間を1クールとして、1週目は5教科の小テストを1日1教科ずつ行います。基準点の8割に達しなかった生徒には、2クール目の放課後に追試や補講が課されます。また、定期試験の結果に応じた、教科担任による指名制のフォローアップ講習もあり、家庭学習習慣の定着を図っていきます。中だるみしやすい中3・高1では、選抜クラスの「SAコース」と、一般クラスの「Aコース」とにクラスを再編成します。そして、高2・3では希望によって国公立文系・理系、私立文系・理系の4コースに分かれ、さらに国公立コースでは成績優秀者による「αクラス」を設けます。三浦先生は「本校はこのように、6年間かけて生徒を鍛える学校です」と話しました。

 同校の大きな特徴に「男女別学」があります。1学年に男子6クラス、女子4クラスがありますが、授業は男女別に行われます。男子と女子とは成長する時期や適した指導法が異なるという考えから、それぞれの特性を生かした別学教育を行っています。たとえば英語では、女子はリスニングに強く、男子は文法などのパターンプラクティスに強いという傾向があるため、より取り組みやすい内容を授業の導入部分に取り入れています。また、クラスは2人担任制を採用し、女子クラスでは必ず1名は女性教員が担当します。担任は基本的に6年間持ち上がりとしていますが、およそ8割の教員が専任であるため、きめ細かい指導が可能です。三浦先生は同校を「文化部男子が活躍でき、オタクにも優しい学校」とユーモアを交えて表現し、生活指導や学習指導、および進路指導などにおいて男女別学のメリットが最大限に活かされていると強調しました。

 一方、クラブ活動は男女混合で行われ、バラエティーに富んだ51のクラブが活動しています。男子はサッカー部や野球部が、女子はダンス部やバレーボール部が人気・実力ともに高く、また合唱部・美術部・模擬国連部などの文化部も全国大会への出場を果たしています。学校行事も多く、輝緑祭(文化祭)をはじめ、体育大会や合唱コンクールなどを生徒が主体となって作り上げていく経験を通して、考える力・生み出す力を身につけます。三浦先生は「男子校と女子校、そして共学校の良いところをすべて味わえるのが、本校の特色です」と強調しました。

 きめ細かい学習指導によって、進学実績も好調です。2020年度は、東京大学をはじめとする国公立大学に現役で98名が合格。指定校推薦枠も多く、全部で250名分を保持しています。三浦先生は、近年、大学の総合型選抜(旧AO入試)が増加している現状を踏まえ、「これからの社会で求められる基礎学力・思考力・判断力・コミュニケーション力・英語力・ITスキルといった能力に加えて、中高6年間でどのような経験をしたのかによって大きく左右されます。そして総合型選抜では、経験したことを言語化して伝える能力が必要です。本校でのさまざまな経験は、生徒の進路選択に大いに役立っているのではないかと思います」と結びました。

イメージ写真 人工芝のサッカー場や屋内プール、全天候型テニスコートなどのスポーツ施設のほか、蔵書約6万冊の図書館、自習室、カフェテリアなどの設備も充実しています

www.toko.ed.jp 別ウィンドウが開きます。

ページトップ このページTopへ