受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

雙葉中学校

2021年6月22日(火)

一人ひとりを大切にする全人教育で、知性と品位を兼ね備えた女性を育成

 1909年に設立された雙葉高等女学校を前身とする雙葉中学校・高等学校は、「徳においては純真に、義務においては堅実に」という校訓を掲げ、カトリックの精神に根ざした、一人ひとりを大切にする教育を実践しています。学園の設立母体である「幼きイエス会」は、17世紀のフランスでニコラ・バレ神父によって創設された修道会です。SAPIX代々木ホールで行われたこの日の説明会では、最初に、校長の日下部和子先生がこうした学園の歴史について触れ、「本校では、初代校長のメール・セン・テレーズの思いを継承し、『品位ある女性』の教育をめざしています」と、教育方針について説明しました。

 同校では、「知育・徳育・体育」をバランス良く取り入れた全人教育を行っています。きめ細かい指導で学習の基礎を固め、自学自習の力を身につけ、意欲・関心・達成感を育てます。同時に、週1時間の「宗教」の授業やボランティア活動などを通して、キリスト教の価値観を学びます。さらに、球技大会や運動会には生徒が主体となって取り組み、自主性や協調性を育んでいます。

 昨年の新型コロナウイルス感染症による休校期間中は、生徒と各家庭とコミュニケーションを図りながら、課題や授業動画の配信によって学習を継続。自由研究レポートの作成も課題としました。日下部先生は「生徒一人ひとりはかけがえのない存在です。桜は桜の花をバラはバラの花を咲かせるように、自分に与えられた使命を自覚して、その花を咲かせましょうと生徒に伝えています。真の知性を養い、自分がどういう人間かをよく見極めて、周りの人、広く社会の人のために貢献できる人に成長してほしいと願っています。心身共に大きく成長する中学高校時代は、人生に大きな影響を与えるものです。その責任を感じながら、教職員一同力を合わせて日々努めています」と結びました。

 続いて、教頭の伊藤直子先生から学校生活全般に関する話がありました。1学年約180名のうち、併設小学校からの内部進学生は約80名。1クラス45名の4クラス編成です。毎年クラス替えを行いますが、担任団は原則として中学3年間は持ち上がりとなっています。また、教員は中高を兼務し、6年間を通した効率の良いカリキュラムを設定し、無理のない先取り教育を行っているそうです。また、語学教育にも力を入れていて、中3で全員が英語に加えてフランス語を学び、高校ではフランス語を第一外国語として選択することもできます。伊藤先生は「この英仏2か国語を学習することで、多様な価値観に気づき、国際的な視野を身につけることができます」と話します。

 「勉強は競争ではなく、自己を磨くこと」という考えに基づき、同校では成績による順位付けや、文系・理系によるクラス分けは行っていません。伊藤先生は「生徒たちには、幅広い友人関係のなかで互いに学び合うことのメリットが大きいと考えています。刺激を受け、互いの個性を認め合い、自分を認めることも学びます。友人と切磋琢磨しながら、自分の才能に磨きをかけ、大きく成長するのです」と語りました。

 高2からは進路に合わせた選択科目が数多く用意されており、生徒が希望する進路の実現を後押ししているそうです。このほか、「卒業生の話を聞く会」や講演会など、世界を視野に入れて活躍する卒業生の体験談を聞く機会もあります。

 入試については、「与えられた情報を整理し、問題文をていねいに読み取って考えることが重要です。計算力や正確な知識に加えて、考える力・表現力を見ています。日ごろから、さまざまなことに興味・関心を持ち、気づいたことや考えたことを自分のことばで説明できるようにしてください」とのアドバイスがありました。

イメージ写真 JR、東京メトロ「四ツ谷」駅から徒歩2分。校舎の最上階には図書室(写真)があり、天気の良い日には、窓からは西に富士山、東にスカイツリーを望むことができます

www.futabagakuen-jh.ed.jp/jsh/ 別ウィンドウが開きます。

ページトップ このページTopへ