受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2015年度中学受験  サピックス小学部第25期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校:武蔵中学校

結局、重要なのは本人の「やる気」
M.Tさん ●お子さんの名前 Jくん

 受験前の親の姿勢として重要なのは、「けっしてガミガミとうるさく言わないで、温かく子どもを見守ること」という話をよく聞きます。しかし、わが家の場合には、そのような理想像とはほど遠く、ついつい「勉強しなさい」「早く寝なさい」などと、子どもにいろいろと言ってしまっていました。しかしながら、ちょうど親の言うことを聞かなくなる時期に差しかかってきたことに加えて、サピックスで身についた国語力のおかげもあり、論理的に反論されては、お互いにいらいらが募るばかりの日々…。
 「こんな状況で、中学受験をたたかえるのだろうか?」と、かなり不安でした。受験に向けては、「規則正しい生活をして、午前中の試験のときに良い状態にもっていくことが必要」だと、サピックスの先生からも忠告されていました。しかしながら、息子は夜ふかしの生活習慣を直せないまま、受験直前期を迎えることとなったのです。そして、翌日に1月校の入試を控えた夜も、結局寝るのが遅くなってしまいました。
 ところが、たいへん驚いたことに、2月1日に試験が行われる本命校のときは、前夜に自分から「早く寝なくちゃ」と言って就寝したのです。「第一志望校に行く!」という本人の意志の強さが伝わってきた瞬間でした。
 親としては、以前に先生から「第一志望校が残念な結果に終わったとしても、合格できた学校に楽しく通えるように」というお話を聞いていましたので、ほかに受験する予定の学校の魅力も伝えてはいました。しかし、本人は本命以外の学校は考えられないという様子でした。
 志望校を決めたきっかけは、本人に「制服のない学校に行きたい」という希望があったからです。自宅からのアクセスがよいということも魅力でした。そこで、4年生の4月に文化祭に行きましたが、そのときにCPU愛好会の部屋にはまってしまったのです。午後には別の学校の文化祭に行く予定でしたが、結局行けずじまいになってしまいました。そのあと、実際にその学校に通っている方から学校生活についていろいろなお話を伺ったところ、親としても「本物教育」という理念にひかれ、6年生のときには、校長先生のご講演をまるで「追っかけ」のように聞きに行きました。秋に行われた学校説明会のあとには、図書室の見学もできました。息子はキャレルに腰掛けて、「この学校に来たいなぁ」とつぶやいていました。
 しかしながら、本人の「志望校に行きたい」という気持ちを高めてくれたのは、なんといってもサピックスの「志望校別コース」でした。6年生のゴールデンウイークに行われたGS特訓、夏期集中志望校錬成特訓、SS特訓、冬期講習、正月特訓などのクラスで、同じ志望校をめざす仲間と過ごしたことが、いちばん大きな原動力となりました。そのクラスでは、先生のお話もとても楽しかったようです。
 結局、親があれこれと言うよりも、本人のやる気を育てることが最も大事なのだと痛感しました。SS特訓での学びは、そのいちばん大切な動機を引き出してくれました。
 子どもも受験を通して成長したようです。サピックスの先生方、本当にありがとうございました。

 前の体験記  |  男子校目次に戻る  |  次の体験記 

2015年度中学入試 受験体験記 男子校女子校共学校

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ