受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2013年度中学受験  サピックス小学部第24期生/受験体験記

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校:浅野中学校

受験と周りの人の大切さ H.Sくん

 ぼくは4年生の夏期講習のときに入室しました。しかし、あまり成績は伸びず、クラスも落ちていきました。少しでも成績を上げようと、ぼくは先生の助言に従って勉強をするようになりました。すると、5年生の後期になってから成績が安定し始めたのです。まず、家庭学習では、間違えた問題の答えだけでなく、やり方までをノートにきちんと書くことを習慣づけました。また、授業中には先生の話をノートに書きとめて、なるべくその日の学習内容を授業の時間内に理解するようにしました。これらが、成績を上げる要因の一つになったのだと思います。
 6年生の夏期講習からは、勉強の質だけでなく、量も重視するようにしました。しかし、その結果が実ることはなく、最終的な第一志望校の合格可能性は40%。つまり、合格できる可能性はかなり低かったということです。しかし、ぼくはけっしてあきらめることなく、入試直前まで、理科と社会の「コアプラス」や「漢字の要」などで、基本的な内容の復習を繰り返し行いました。
 そして迎えた本番当日。志望校の今年の入試問題は特に難しく、算数が終わった時点で落ちたと思いました。しかし、自分を支えてくれている周りの人たちのことを思い出し、気持ちの切り替えに成功しました。また、「コアプラス」の内容が出題されたこともあり、自分のペースで問題を解くことができました。翌日、合格していたことがわかったときは、当然ですがとても喜びました。うれしい気持ちが湧いてくるとともに、家族や自分の周りで支えてくれた人たちの大切さにあらためて気づくことができました。もし、中学受験を一人で乗り越えようとしても、絶対にできなかったと思います。そのため、これからも周りの人たちへの感謝の気持ちを忘れずに、過ごしていきたいと思います。
 いままで敵対視してきた受験。それは案外、自分を支えてくれる周りの人たちの大切さにあらためて気づかせてくれるものだったのかもしれない。そんなことに、いまさら気づいた自分でした。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2016年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ