受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2013年度中学受験  サピックス小学部第24期生/受験体験記

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校:麻布中学校

麻布中合格体験記 A.Sくん

 2月3日、ぼくの第一志望校である麻布中の合格者掲示板に自分の受験番号がありました。そして、友だちに「受かった?」と聞かれて「うん」と答えると実感が湧いてきて、「4月から麻布の1年生だ!」と思うと、とてもうれしくなりました。
 ぼくは3年生のときにサピックスに入室しました。4年生まではあまり真面目に勉強していなかったけれど、上位クラスを維持できていました。しかし、5年生で算数は偏差値71、理科は偏差値31というものすごい落差がある成績を取ってしまいました。そこで、理科をきちんと勉強したのですが、あまり成績は伸びず、偏差値は40台でした。
 そして6年生になり、成績の上下が激しくなりました。過去最高の偏差値を取った次のテストでは過去最低の偏差値に下がりました。それでもSS特訓が始まると、友だちと競い合いながら勉強したり、一緒にお弁当を食べたりしている時間がとても楽しく感じられ、受験生活は充実していました。
 ここで、皆さんにアドバイスをします。

①‌基礎を固めましょう。麻布は記述ができないと合格は無理だと言う人がいますが、理科や社会では知識がないと書けない記述問題もあります。ぼくも最初は記述問題が苦手でしたが、だんだん書けるようになりました。

②‌質問教室を利用しましょう。ぼくは質問教室にはあまり行きませんでしたが、先生方はどんなことでもわかりやすくていねいに教えてくださいます。

③‌まとめノートを作りましょう。自分が忘れていたり、知らなかったりした知識をメモして本番前に読むと、心が落ち着きます。

④‌気分転換をしましょう。ぼくは疲れたときや、学習意欲が湧かないときは、トランプや野球をしていました。

⑤‌結果は気にしないようにしましょう。麻布対策をしていると、マンスリーテストの偏差値が下がることもあります。

 最後になりましたが、応援してくれた家族、サピックスの先生方、ありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2016年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ