受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2013年度中学受験  サピックス小学部第24期生/受験体験記

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校:麻布中学校

中学受験とは? T.Sくん

 ぼくは皆さんに何がなんでも伝えたいことがあります。それは…、
 「努力が報われるほど世の中は甘くないが、それでも努力を続けることをあきらめなければ、必ず報われる」
 これは、通っていた校舎の国語の先生が授業のたびに言っていたことばです。ぼくはこのことばを聞いて、世の中を甘く見ていた自分を反省するようになりました。これはとても大事なことなので、ぜひ頭に入れておいてください。
 しかし、毎日何時間も努力し続けたとしても、志望校に合格できないこともあります。では、そのようなことにならないためには、どうすればよいのでしょうか? それは「してはいけないミスをなくすこと」です。
 ぼくはテストのたびに、漢字の書き間違いや計算ミスをしていました。こうしたケアレスミスをしてしまったとき、とても悔いが残ります。受験でいちばん大切なことは「悔いを残さない」ことです。
 できるはずの問題で正解できれば、合格可能性は格段に上がります。また、間違えたときは、必ず「なぜ自分が間違えたのか」を考え、対策を立てることが重要です。皆さんには、こうして「できるはずの問題」を「できる問題」へと変えていってほしいです。
 ぼくが受験を終えて感じたことは、「受験に失敗はない」ということです。なぜなら、もし志望校に落ちてしまったとしても、そこから学ぶことがあると思うからです。とはいえ、やはり志望校に合格することがいちばんうれしいことですし、いちばんの成功でもあります。それがかなうかどうかは、すべて自分次第。最初は誰かのまねごとでも構わないので、試行錯誤しながら自分に合った勉強法を探し、見つけたあとはその勉強法を改良して、自分だけにしかできない、オリジナルの勉強法を完成させてください。そして、それをあきらめずに続けてください。そうすれば何かいいことがあるかもしれません。遠いところから応援しています。がんばってください!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2016年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ