受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2013年度中学受験  サピックス小学部第24期生/受験体験記

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校:栄光学園中学校

自分を信じて T.Hくん

 ぼくは、新4年生からサピックスに入りました。入室後は上位のクラスにいましたが、6年生の11月ごろになり、成績が少し落ちてしまいました。それまでは少しも感じていなかった、“受験への焦り”を感じるようになったため、夏休み以降十分に取り組めていなかった過去問を解きました。
 そして迎えた、1月校の入試。1月校は2校受けたうちの1校には、無事合格できたのですが、もう1校は、「合格基準点まであと1点」という、とても惜しいところで合格を逃してしまいました。これによって「1問の重み」を心の底から実感し、「2月校では、このようなことは絶対に起こさないようにしよう」と強く思いました。
 いよいよ2月校の入試。1日校は、算数で苦戦しました。それまでサピックスで解いてきた問題や、過去問に比べて難しく、焦ってしまったからです。そして、その焦った気持ちを引きずったまま、その後の理科を受けることになったため、「もう、落ちた」と思いました。
 そして、2月2日。この日に受ける学校が第一志望校です。1日の受験で失敗してしまったと思ったため、「必ず受からなければ」という気持ちでした。この学校は、過去問と同じような出題だったため、自信はありました。そして、父から1日校に合格したと聞き、とても安心しました。そして、2日校の結果も合格で、本当にうれしかったです。
 今回の受験から、ぼくが大切だと感じたのは、次のことです。

①受けているときは、時間配分をしっかりと考えながら、問題を解く。

②すべての問題を解き終えたら、終了の合図があるまでは、何度も解き直しをする。

③もし、何かあったとしても、それに動じず、落ち着いて次の問題に取り組む。

④知識項目はしっかり頭に入れる。

 最後になりましたが、お世話になったサピックスの先生方、受付の方、警備員の方、本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2016年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ