受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2013年度中学受験  サピックス小学部第24期生/受験体験記

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校:海城中学校

あきらめず、最後の最後まで D.Tくん

 「おめでとう」。2月2日午前の入試の後、迎えに来た母のことばで一瞬、時が止まりました。その日は第二志望校の試験があったため、ぼくは1日に受けた第一志望校の結果を見に行けなかったのですが、その学校には合格できる自信がありませんでした。2日校で問題を解いている間も、前日の結果が気になっていました。だから、このことばを聞いたとき、思わず「ウソでしょ?」と聞いてしまいました。
 ぼくがサピックスに入室したのは、4年生のときです。「基礎力トレーニング」をさぼるなど、とても真面目とはいえない生徒でした。3年間通いましたが、入試直前になって父から、「ここでがんばらないと3年間が無駄になる」と言われて、ようやく「このままではまずい」と思いました。それからは、サピックスの問題を徹底的に見直し、入試当日、会場に向かう電車の中でもぎりぎりまで続けました。こうして臨んだ理科の試験では、なんと直前まで見ていたポイントチェックの内容が大問で出ていたのです。ほかの理科の問題は難しかったので、この問題がなければ合格できなかったかもしれません。
 ぼくの場合、2月1日は午前・午後とも受験し、2日も午前・午後とも受験する予定でしたが、結局、2日の午前で受験を終えることができました。立て続けに試験をこなすのはつらかったので、第一志望校に合格できて本当に良かったです。
 無事に合格できたのも、ぼくを指導してくださった先生方、特に苦手だった国語を受験できるレベルにしてくださった先生のおかげです。また、安全にサピックスに通わせてくれた警備員さんなど、ぼくの受験生活を支えてくれた方々のおかげでもあります。
 最後に、受験生にメッセージを送ります。第一に、最後まで勉強をやり切ってください。そうすればぼくのように、神様が降りてきてくれるかもしれません。第二に、入試のときには苦しかったサピックスでの勉強を思い出して臨んでください。第三に、いまから真剣に勉強に取り組めば、ぼくのように運任せにしなくても間に合います。自分の夢を追い続けてください。皆さんの合格を祈っています。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2016年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2018スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ