受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2013年度中学受験  サピックス小学部第24期生/受験体験記

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校:開成中学校

栄光の架橋 T.Aくん

 「あった!」
 2月3日、開成中の合格発表。周囲から喜びの声が聞こえてくるなかで、ぼくは自分の受験番号を見つけ、とてもうれしくなりました。そして、達成感でいっぱいになりました。
 ぼくがサピックスに入ったのは、新4年生からです。サピックスで新しくできた友だちと楽しく授業を受けることができました。新6年生になると、2月には土曜志望校別特訓、9月にはSS特訓が始まり、点数を友だちと比べられる機会が増え、一喜一憂することもありました。また、合格力判定サピックスオープンでは、志望校の合格可能性が数字で明確に示されますが、テストの前に勉強を怠ったために低い数値が出て、心配になったこともありました。そんななかで、ぼくが「合格」という栄冠を手にすることができたのは、次の二つがあったからです。
 一つ目は、家族の存在です。熱心に勉強をみてくれる母と、自由に勉強をさせてくれる父。二人が勧める学習方法を交互に実践することで、ストレスを感じずに勉強することができました。また、ぼくの姉が中学受験生だったとき、母が姉に地名やことわざなどを教えていたのを隣で聞いていましたが、それが役に立ったと思ったことが、何度もありました。
 二つ目は、サピックスの先生方です。過去問の添削をしていただき、授業中にもたくさん解説を聞いたおかげで、ぼくも実力をつけることができました。また、激励のことばに、とても勇気づけられました。開成中の合格発表のときには、ぼくが自分の受験番号を見つけた直後に、先生はぼくのところに来て、一緒に喜んでくださいました。感謝の気持ちでいっぱいです。
 受験が終わったいま、ぼくは放課後、小学校の友だちと遊んでいます。また、中学校入学に備えて、英語の勉強もしています。第一志望校には、同じ校舎でいちばん仲が良かった友だちも合格していたので、中学校でも楽しく過ごせそうで、入学するのが楽しみです。
 受験生の皆さんへ。勉強は苦行ではありません。楽しいものです。本番で実力を出し切り、栄光の架橋を渡れるよう、がんばってください。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2016年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2018スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ