受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2013年度中学受験  サピックス小学部第24期生/受験体験記

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校:東大寺学園中学校

ありがとう! Y.Sくん

 東大寺学園中の合格発表の時刻を少し過ぎてから、ぼくは到着しました。心のなかでは、「全力を尽くしたのだから、結果はどうであれ、悔いはない」と思っていました。そんな気持ちで発表を見たら、ぼくの番号がありました。「やった。合格だ」
 ぼくがサピックス生になったのは、3年生のときです。当時、サピックスは大阪にできたばかりで、生徒の人数は少なかったのですが、通うのが楽しみでした。しかし、国語の偏差値が全然上がらなかったり、上のクラスに上がれなかったりと、いろいろ苦しいこともありました。それでもぼくは、日々努力してきました。先生と遅くまで勉強したり、志望校の過去問20年分を2周くらい解いたりして、自分ができることはすべてやったつもりでした。あとは、自分の持っている力を100%出すだけです。
 最初に受けた海陽中等教育学校では全力を出し切り、合格しました。そこから勉強法に修正を加えて、統一解禁日初日の受験に備えました。
 しかし、これだけ準備をしたにもかかわらず、大阪星光学院中の入試では完全に浮き足立ち、力不足だったこともあり、不合格になってしまいました。それを知ったとき、頭のなかが真っ白になり、鼻血が出るほど泣きました。
 「こんなことではもう、東大寺学園中には絶対に受からない」と、心が折れそうになったぼくを励まし、支えてくれたのは家族でした。そのおかげで、こう思えるようになりました。「勝算はないが、これまで合格するために勉強してきた。だから、結果が合格でも不合格でも、絶対に逃げない」と。そしてぼくは、東大寺学園中の入試で全力を尽くし、合格を勝ち取りました。
 これまで、苦しいこと、泣きたいこともたくさんありましたが、努力を無駄にしたくないという思いと、応援してくれている先生や家族の期待に応えたいという気持ちで入試に臨み、第一志望校の合格をもぎ取り、大逆転できました。
 いまは、とてもうれしいという気持ちであると同時に、ほっと安心してもいます。支えてくれた先生方、応援してくれた家族に、ひと言伝えたいことがあります。「ありがとう!」

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2016年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2018スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ