受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2013年度中学受験  サピックス小学部第24期生/受験体験記

  • 男子校目次
  • 女子校目次
  • 共学校目次

進学校:早稲田中学校

苦難の末に H.Iくん

 ぼくが最初にサピックスに入室したのは1年生のときです。そのころはまだドキドキしてあまり落ち着かない生活をしていました。しかし、2年、3年と時間がたつにつれて、勉強を含めたすべてのことがほぼうまくいくようになりました。けれど、6年生の秋の模試やマンスリーテストはとても悪い結果になってしまいました。それまでこのような結果には遭遇したことがなく、とてもショックでした。このときは、勉強などやる気が出ませんでした。けれども、「このままではいけない」と奮起して、サピックスの先生に励ましてもらいながら、徐々に元気を取り戻しました。
 そして月日がたち、あっという間に1月がきました。いつも正月は家でのんびり過ごしていましたが、もうそういうわけにはいかないと思いました。なぜなら、最初の入試が近づいていたからです。1校目の栄東中の入試は模試のような感覚でした。そしてこの感覚のまま、1月校は全勝しました。しかし、本命の2月1日の早稲田中の第1回入試が近づくことへの不安もありました。
 そして2月1日がきました。入試30分前は足が震えていました。おそらくそのせいか、2月1日は早稲田中に落ちました。ぼくはここが第一志望校だったため、とてもショックで泣きくずれました。しかし、ここであきらめたらもう終わりだと思いました。3日の早稲田中第2回入試にかけようと思いました。3日の早稲田第2回は1日や2日に偏差値の高い他校を受けている人も多く受験するので、自信はありませんでした。
 そして2月3日がきました。このときの試験は、不思議と緊張せずに受けられました。結果は見事合格。
 ぼくはこの中学入試で、あきらめずに何度も立ち上がれば苦しみは乗り越えられるということを知りました。それとサピックスの先生方、自分を立ち直らせてくれて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2016年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ