受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

さぴあインタビュー/関西情報

16.2月号 さぴあインタビュー/関西情報:
目次|4|

2016 FEBRUARY /「大部屋寮生活」を通じて
たくましい人間力を持つ
真のエリートを育成/函館ラ・サール中学校・高等学校/校 長フェルミン・マルチネス 先生/副校長井上 治 先生

聞き手:サピックス小学部 教育情報センター部長 広野 雅明・サピックス小学部 関西統括責任者 溝端 宏光

寮では携帯電話も 携帯型ゲーム機も禁止に


副校長
井上 治 先生

広野 寮生たちは、いつ帰省するのですか。また、保護者の方は、どんなときに学校へいらっしゃるのでしょうか。

マルチネス 新入寮生については、5月のゴールデンウイークに必ず帰省させます。夏休み、冬休み、春休みも帰省させます。そのほか、本校は2学期制なので、9月末に秋休みがあり、そのタイミングで帰省する生徒もいます。

 保護者が本校へ来るのは、年2回の懇談会のときですが、海外在住の保護者もいるので、出席は義務ではありません。懇談会以外では、夏休みの直前にある学園祭のときに来校する保護者の方も多いですね。PTAの支部が全国11か所にあり、その各支部が模擬店を出すのです。また、夏休みには、われわれ教員がPTAの各支部に出向き、移動保護者会も行っています。

溝端 保護者が子どもの様子を知りたいときには、どういう方法があるのでしょうか。携帯電話は禁止ですよね。

井上 はい。寮内では携帯電話や携帯型ゲーム機は禁止です。ただし、帰省の往復のときだけは、携帯電話を使用できます。一方、保護者の方からは義務自習時間、就寝時間以外であれば寮生への電話を受け付けています。このほか、パソコンは寮の事務室の前でなら時間を決めて使うことができます。

マルチネス 携帯電話を禁止しているからといって、大学生になった卒業生のITリテラシーが他校の卒業生より低いということはけっしてありません。

16.2月号 さぴあインタビュー/関西情報:
目次|4|
関連
リンク
16.2月号 さぴあインタビュー/全国版:
「国府台女子学院中学部・高等部」 学院長 平田 史郎 先生 掲載ページリンクへ移動します

ページトップ このページTopへ