受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

さぴあインタビュー/関西情報

「自立・共生・感謝」を
建学の精神の理念として、
社会の変革を担う女性を育成

京都女子中学校・高等学校 校長 林 信康 先生

2022年度からコース制を一新
中2から医療系をめざすコースも

キャプション付き
上/校舎4階にある、11万冊の蔵書を誇る図書館。自習スペースも多く設置されています
中/‌最大800人まで収容可能な阿弥陀如来像が安置された講堂
下/‌正門から入って左手に広がる広大なグラウンド。新校舎はここに建つ予定です

藪田 2022年度から、コース・類型制度を一新されるそうですが、どのようなものになるのでしょうか。

 グローバル化・多様化・情報化の進展や科学技術の発展に加えて、コロナ禍で社会や経済が劇的に変化している現代、生き抜く力が求められています。そのために教育課程を見直しました。中学から入学する生徒は、中1では「東雲コース」と「藤華コース」の2コースに分かれます。高い志を持って難関国公立大学をめざすのが「東雲コース」で、難関国公立大学から京都女子大学まで幅広い進路をめざすのが「藤華コース」です。中2から高1までは、国公立大学の医療系をめざす「顕道コース」を加えた3コース制になります。そして、高2・3は、難関国公立大学の理系をめざす「理医コース」、難関国公立大学の文系をめざす「人社コース」、難関私立大学をめざす「文理コース」の3コース制となります。また、「藤華コース」の場合は、高1から、京都女子大学への進学を前提とする「ウィステリア科」(専門学科)に進むことも可能です。一方、高校から入学する生徒の場合は、難関国公立大学をめざす「CSコース」を新設します。

藪田 「顕道コース」は中2から設け、「東雲コース」および「藤華コース」からコース変更した生徒を受け入れるのですね。また、「藤華コース」の生徒は、中2から「東雲コース」への変更も可能とのことですが、それは、中1の間に本人の様子などを見たうえで判断されるということでしょうか。

 そのとおりです。初めから進路によってコースを決めてしまうのではなく、1年間はじっくり考えてもらうということです。

藪田 入試に合格したときの成績はそれほど高くなくても、1年間がんばった後に伸びる生徒もいると思うので、非常に興味深い試みだと思います。

 従来のコース制では、基本的には一度決めたコースでずっと学ぶようになっていましたが、来年度から一新するコース制では、それぞれの生徒が悩む時期があってもいいと考え、柔軟に変更ができるようにしたのです。今はゆったりと育って、将来のことはこれから考えようとしている子どもが多くなっています。もちろん、小学生のうちから目的意識をしっかり持っている子どももいますが、そういう場合であっても、キャリア教育などで、自分のめざすものが本当に合っているか、もう一度考えることは必要だと思います。中学で学ぶいろいろな教科から自分自身の適性を見つけるのはもちろん、キャリア教育の一環としていろいろな職業の方を招いて講演会なども行います。そうした機会を活用して、どういう人間になり、どのような生き方をしたいのか、自分の将来をじっくりと考えてほしいですね。

藪田 「藤華コース」の生徒は、その多くが高校の「ウィステリア科」に進むのでしょうか。

 「ウィステリア科」に進む生徒もいますが、めざす進路の変化に応じて、ほかのコースを選択することも可能です。各コースではその特性に応じたプログラムを実施しますが、この「藤華コース」と「ウィステリア科」では実践英語に力を入れ、国際社会で活躍できる人材の育成をめざします。

 本校は京都女子大学と深く連携しているので、「ウィステリア科」の京都女子大学進学希望者は、高校生のうちから大学生と一緒に学ぶこともでき、たとえば語学においては、高3の段階で大学の単位を取ることも可能です。また、「藤華コース」では、“食”について考える探究型プログラムを京都女子大学の食物栄養学科などと連携しながら実施する予定です。

キャプション付き
上/校舎4階にある、11万冊の蔵書を誇る図書館。自習スペースも多く設置されています
中/‌最大800人まで収容可能な阿弥陀如来像が安置された講堂
下/‌正門から入って左手に広がる広大なグラウンド。新校舎はここに建つ予定です

21年12月号 さぴあインタビュー/関西情報:
目次|4|

ページトップ このページTopへ