受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

子育てインタビュー

算数・数学教育の研究者が説く〝考える力〟の伸ばし方

解き方を教え込むのではなく、
「対話」と「振り返り」を大切に!

西村 圭一さんKeiichi Nishimura

(にしむら けいいち)東京学芸大学教育学部 数学科教育学分野教授、博士(教育学)。ボーランド・ジャパン代表。東京都立高等学校、東京学芸大学附属大泉中学校・同国際中等教育学校教諭、国立教育政策研究所 教育課程研究センター基礎研究部総括研究官を経て、現職。国際的な視野から見た算数・数学教育の研究・開発に携わる。著書に『真の問題解決能力を育てる算数授業―資質・能力の育成を目指して―』(明治図書出版)など。

 ITの発達などによってますます複雑化する現代社会では、多様な事象を数理的にとらえ、そこにある数学的な問題を見つけ、解決する力が求められるようになっています。しかし、学ぶ内容が高度になるにつれて、「どうせ社会で役立たないだろうから」と、算数・数学への興味をなくす人は少なくないようです。なぜ、そのようなことが起きてしまうのでしょうか。時代が求める数学的な力を育むためには、どのような教育がふさわしいのでしょうか。算数・数学の教育プログラムや教材の研究・開発に携わる、東京学芸大学教授でボーランド・ジャパン代表でもある西村圭一先生に、お話を伺いました。

学年が進めば進むほど、
「考える」ことをやめてしまう生徒たち

―西村先生は、算数・数学の教育プログラムや教材の研究・開発を通して、新しい算数・数学教育の在り方を提唱していらっしゃいます。なぜ、そうした活動に取り組まれるようになったのでしょうか。

西村 高校生たちを見ていて残念に思うのは、彼らがせっかく努力して学んだ数学の知識を、その後の人生のなかでほとんど活用しないまま剥落させていくというケースがあまりにも多いことです。もちろん、なかには高校までの学びを土台にして、大学や職場で数学的な「考える能力」を伸ばしたり、活用したりする人もいます。しかし、そのような人は必ずしも多くはありません。

 こんなことでよいのだろうか、算数・数学教育の在り方を変えていく必要があるのではないだろうか。そう考えて、現場の教員から研究者へと転身し、算数・数学の新しい授業法や教材の在り方などを模索するようになりました。

―確かに、「数学とは、入試問題が解けるようになるために、教科書の解法を暗記するもの」「数学なんて社会で役に立たない」と思い込んでいる人は多いようですね。

西村 おそらくその原因は、これまでの数学教育があまりにも数学の世界のなかに閉じ込められ過ぎていて、数学の学びを社会生活や生きる力に結びつけにくいことにあるのではないでしょうか。

 実は、日本の算数教育は世界的にも評価が高いのですが、学年が上がって中学・高校になると、様子が変わってきます。従来の数学の教科書にある問題のほとんどは、あらかじめ一つの正解が定められているものになっています。そして授業も、解法を覚え、それを使ってあらかじめ用意された正解にたどりつくよう、導くものになっています。

 数学教育でのいちばんの問題は、「解き方を教えてしまうこと」にあると思うのですが、中学・高校ほどその傾向が強いようです。そうした授業を受けてきた子どもはどうなるでしょうか。わたしは国立教育政策研究所に所属していたときに、さまざまな数学の授業を見学しましたが、解法を教え込むだけの授業を受けている生徒の多くは、「考える」ことをやめて、「覚える」ことに専念していました。なかには、「自分にとって数学の授業は、板書を『書写』する時間です」と言い切る生徒もいたほどです。

 日本の子どもたちは、国際的に見てもレベルの高い算数教育を受けているはずなのに、学年が進めば進むほど、数学のおもしろさや重要性を感じられなくなってしまう。これは実にもったいないことです。数学は、もともと社会で役に立つ学問なのです。たとえ、いわゆる文系の学部に進んだとしても、経済、政治、法律などについてきちんと学ぶためには、数学の知識が必要な時代となっています。そして社会に出てからも、情報やデータを的確に扱い、判断するためには、数学的な思考力が不可欠になります。

これからの時代に求められるのは
実社会とのかかわりを意識した数学的活動

―人工知能(AI)の進歩などで、これから社会の在り方は大きく変わるといわれています。子どもたちが学ぶべき内容も変わっていくのでしょうか。

西村 社会が変われば、これからの世の中を担う子どもたちが身につけるべき能力も変わっていくでしょう。インターネットやAIが発達した社会では、一人ひとりが知識や情報を脳に詰め込む意義は相対的に薄れていきます。蓄積し、処理できる情報量が機械と人間では違い過ぎますし、また苦労して詰め込んでも、情報があっという間に陳腐化してしまうという問題もあるからです。

 これからは、情報の蓄積や処理はコンピューターに任せて、ある問題を解決するためにどんな情報をコンピューターから引き出すべきか、それをどう処理させるかを判断したり、出てきた結果をどう生かすかを考えたりする問題解決能力が必要とされるようになるでしょう。

 こうした問題解決能力を、どうやってすべての子どもに身につけさせるのか。今、これが学校教育の大きな課題となっています。

―今後、算数教育はどのように変わっていくのでしょうか。

西村 文部科学省による学習指導要領は、次のような方向性で改訂されています。まず、学校教育全般を通じて育成をめざす資質・能力を「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力・人間性等」の三つの柱に沿って明確化しています。算数・数学教育で強調されているのが、実社会とのかかわりを意識した数学的活動(図の中央から左側の部分)を充実させ、現実の世界と数学の世界との融合を図ることです。多様な事象を数理的にとらえ、そこにある数学的な問題を見いだし、それを自立的、協働的に解決することが求められるようになります。

 それに伴い、入試問題も変わっていくでしょう。センター入試に代わる大学入学共通テストでは、数学のモデル問題として、「観光客誘致のために、公園に武将の銅像を建てる計画において、観光客から見やすい銅像と台座の高さや、メイン広場の広さなどを検討する場面」が取り上げられています。

17年12月号 子育てインタビュー:
1|

ページトップ このページTopへ