受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

子育てインタビュー

小学校・英語教育最前線からのメッセージ

時間に余裕がある低年齢から
楽しみながら、繰り返し学ぼう

藤原 真知子さんMachiko Fujiwara

(ふじわら まちこ)聖学院大学総合研究所客員講師・聖学院小学校英語講師。世田谷区立用賀小学校英語教育アドバイザー。日本CLIL教育学会監事。元東京YMCA児童英語教育ディレクター。小学校英語指導法講座・児童英語教師養成講座担当多数。長年ブライアン・バード氏と共に教材開発を行う。主な共著に『HELLO ENGLISH』(成美堂)、 『MY ENGLISH LAND』(EDUPORT)がある。2010年より小学校でCLIL(内容言語統合型学習)の実践を行なっている。

 2020年度から、小学3・4年生では外国語「活動」が、5・6年生では外国語「教科」がスタートするなど、今、公立小学校の英語教育は大きな転機を迎えています。しかし、その内容などが地域や学校によって異なっているため、子どもに何をどう学ばせればよいのか、戸惑う保護者の方も少なくないようです。そこで今回は、長年にわたって小学校における英語教育の研究・実践に携わってこられた聖学院小学校の藤原真知子先生にインタビュー。同校の英語教育の特徴や、家庭で英語を学ぶ際のポイントなどについて伺いました。

「英語を聞く耳」を育てるためには、
低年齢からのスタートが効率的

広野 聖学院グループでは、聖学院幼稚園、聖学院小学校と、低年齢のうちから英語に親しむカリキュラムを導入されています。その意図や効果をお聞かせください。

藤原 最初に申し上げておきますが、わたしたちは「〇歳までに始めないと、英語は上達しない」と考えているわけではありません。中学でゼロからスタートしても英語はできるようになりますし、聖学院中学校や女子聖学院中学校でもそのことを前提に指導しています。

 とはいえ、低年齢から英語を学ぶメリットもたくさんあります。一つは、時間的に余裕があることです。「英語のCDをたくさん聞きましょう」と言われても、小学校高学年や中学生になると、ほかにも学ぶことが増えてきて、なかなか時間が取れないものです。また、小さいうちであれば、ネイティブの同年齢の子どもが使っている教材と同じようなものに取り組めるという利点もあります。さらに、テストの点数などで大人に評価されることなく、英語で楽しみながら遊べるということも見逃せません。ネイティブの子どもたちも、遊びながらことばを身につけていくからです。そうした数々のメリットにより、わたしたちは、小さいときから学び始めるほうが効率的、かつ自然に「英語を聞く耳」が育てられると考えているのです。

広野 聖学院小学校では、どのような教育方針の下に、どういったかたちで6年間の英語のカリキュラムを展開されているのでしょうか。

藤原 本校では、グローバル化時代に「地球市民」として異文化を理解し、自分の文化を英語で発信できる素地を養うことを目標にしています。そのために必要な英語4技能の習得をめざして、週に2コマを英語に充てています。

 1年生では、まず「聞く」ことを大切にしています。本校で使っている英語のCD教材の話すスピードは、ネイティブと同じでとても速いのが特徴です。保護者の方たちは、「最初からこんなに速いの?」と驚かれますが、話すスピートが遅いと、子どもたちはすぐに飽きてしまいます。でも、ネイティブと同じスピードなら、子どもたちはわくわくしながら取り組み、「こんなに言えるようになった」「CDより早く言える」とうれしそうに報告してきます。この達成感が、さらなるやる気にもつながっていきます。何度も同じものを聞いて、繰り返す、そうすると英語を聞く耳が育つわけです。

 もちろん、授業だけでは繰り返しに限界がありますから、授業で行った内容をご家庭でも聞いてもらう必要があります。本校では、1年生から4年生まで「リスニングカード」というものを用意して、家庭で聞いた回数分を色塗りしたり、スタンプを押してもらったりしています。保護者の方も一緒に教材を聞くことになりますから、「親の英語も上達しました」などと報告してくださる方もいらっしゃいます(笑)。そして、ご家庭で何か心配事があったら、このリスニングカードにコメントを書いていただいていますので、子どもたちの様子をきめ細かに確認しながら学習を進めていくことができます。

 また1年生では、CDを聞くだけではなく、きちんとアルファベットを読んだり書いたりできるようになることをゴールに、パズルゲームなどにも取り組んでいます。 

1年生からアルファベットにも親しみ、
「読む」ことと「書く」ことのつながりを強化


サピックス小学部 教育情報センター
部長 広野 雅明

広野 英語4技能のうち、小学校では「読む」「書く」に取り組ませる必要はないという考えもあるようです。あえて1年生からアルファベットをしっかりと書かせるのはなぜですか。

藤原 日本語の平仮名や片仮名と、英語のアルファベットとはまったく違うものですから、欧米の子どもたちが文字を習うのと同じ方法はとれません。長く時間をかけて学ばないと、本当に自分のものになっていかないのです。ですから、単にアルファベットを書ければいいというものではありません。「a」という文字を学ぶときも、“A(ei), /a/, apple”のように、文字の名前、文字が表す発音、その発音で始まる単語をセットでリズミカルに唱える「アルファベットジングル」を何度も繰り返します。それによって、アルファベットには文字の名前と、それとは異なる発音があることを実感しながら、英語の文字と音に慣れていくのです。また、アルファベットカードを使って並べ替えをしたりして、英単語の綴りもしっかり定着させるようにしています。

 低学年の子どもなら同じことを繰り返しても飽きませんし、それをする時間的余裕もあります。この繰り返しによって、英語の文字に対するアレルギーがなくなるのです。この段階を飛ばして、中学校からいきなり「読む」「書く」を詰め込もうとすると、なかには英語の文字や文章が嫌いになってしまう生徒も出てくるのではないでしょうか。

広野 4技能にはそれぞれつながりがあり、切り離して学ぶものではないということですね。

藤原 おっしゃるとおりです。本校では、遊びながらアルファベットに慣れ親しみつつ、リーディングへと進み、2年生になったら、さらに授業で読んだものをノートに書き写し、家に持ち帰って反復することで、「読む」ことと「書く」ことのつながりを強化します。それを可能にするためには、1年生からアルファベットの大文字・小文字をしっかりときれいに書けるようにしておく必要があります。字があやふやなままだと、自分が書いたものを帰宅後に読むこともできません。1年生の段階で、アルファベットをきちんと読み書きできるようにしておくと、その後のプログラムがスムーズに進むのです。

授業風景 2年生

 1クラス36名の児童を2人の先生で指導。子どもたちの集中力を高め、維持するために、振り付きの歌を歌う、ミニブックを朗読するなど、多くのプログラムを短時間で繰り広げます。振り付きの歌は手の洗い方、ミニブックは海外の人たちに教える日本のマナーや大豆の活用法といった日常生活に密着したもので、国際交流の際にも役立つ内容となっています。

授業風景 2年生

 1クラス36名の児童を2人の先生で指導。子どもたちの集中力を高め、維持するために、振り付きの歌を歌う、ミニブックを朗読するなど、多くのプログラムを短時間で繰り広げます。振り付きの歌は手の洗い方、ミニブックは海外の人たちに教える日本のマナーや大豆の活用法といった日常生活に密着したもので、国際交流の際にも役立つ内容となっています。

20年5月号 子育てインタビュー:
1|

ページトップ このページTopへ