受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

子育てインタビュー

給食作りのプロが教える「食育」の大切さ

食べることを通して育みたい
「豊かな心」と「健やかな体」

池田 昌代さんIkeda Masayo

(いけだ まさよ)栄養士。新渡戸文化学園フードサービスセンター所属。大学卒業後、企業に勤務。その後、栄養士をめざして、新渡戸文化短期大学に入学。卒業後、同学園フードサービスセンターに栄養士として就職、現在に至る。

 心も体も健康な毎日を送るために大切にしたい食生活。保護者にとって、わが子の食生活をどのように支えればいいのか、大いに気になるところです。そこで今回は、子ども園(幼稚園・保育所)から高校まで、おいしい給食を提供し、食育に力を入れている新渡戸文化学園を訪問。同学園の食育の根幹を担っているフードサービスセンターの栄養士・池田昌代さんに、食育に対する考え方や給食作りのポイントを伺うとともに、手軽に調理できる受験生向けのメニューを教えていただきました。

新渡戸稲造博士の教えに基づいて
食育を重視し、手作り食を提供

広野 新渡戸文化学園では子ども園から高校まで、給食を提供しているそうですね。

池田 創立者の新渡戸稲造先生が農学博士でもあったことから、本学園では食育をとても大切にしています。「手作りの食事をとることで、きちんとした味覚が養われ、好き嫌いなく何でも食べる習慣が身についていくことは、人生にとって大きな財産となる」という考えから、多彩な手作り食を提供しているのです。本学園の給食「新渡戸ごはん」はとてもおいしいと、子どもたちはもちろん、保護者の方々にも好評です。

広野 池田さんは新渡戸文化学園のフードサービスセンターに所属していらっしゃいますが、ここはどういった部署なのでしょうか。

池田 わたしたちの大きな仕事は、日々の給食の献立を決め、実際に作ることです。学校のイベントに合わせて、バイキング給食や1人1個ずつのクリスマスケーキを企画することもあります。また、飼育栽培委員やアフタースクール(校内学童クラブ)に所属する子どもたちが校内の農園で育てた野菜や、毎年小学2年生が作った味噌を献立に盛り込むなど、食育全般にかかわる仕事に携わっています。

広野 フードサービスセンターでは「新渡戸ごはんだより」も発行していらっしゃいます。これは、どういった内容のものですか。

池田 年度の初めには、子どもたちに向けて新渡戸文化学園の給食はどういった考えの下に作られているのかという、いわば給食作りのコンセプトを伝えています。そして、季節ごとに手洗いや夏ばて対策など、生活面や食事面で注意してもらいたいことを発信したり、その季節にちなんだ行事を紹介したりしています。たとえば秋であれば、彼岸やお月見とは何か、そのときに、どのようなものを伝統的に食べるのかということを説明します。正しい箸の使い方や食器の置き方を図解することもありますし、先ほどの味噌造りなど、小学生が体験したことを中・高生に紹介することもあります。

あえて食べにくい骨付きの魚を出して
子どもたちの想像力を刺激することも


サピックス小学部 教育情報センター
部長 広野 雅明

広野 給食の献立には、どのような特徴がありますか。

池田 「新渡戸ごはん」は、和食を中心にした献立となっています。なぜ和食かというと、日本人として日本の食文化を守っていきたいという思いがあるからです。近年は食生活が欧米化されていて、家庭でも作りやすく、食べやすい洋食が中心になっています。そうしたなか、子どもたちには1日のうち、せめて1回は和食を味わってほしいと考えているのです。

 和食のなかでも、多く登場するのが魚料理です。もちろん、ひと口に魚料理といっても、さまざまな工夫を凝らしています。食事は、生活のなかで大きな楽しみであるべきものです。ですから、子どもたちに「給食の時間が嫌だな」と思われないよう、味付けなどには細心の注意を払い、誰もが気軽に、おいしく魚料理を楽しめるようにしています。

 ただ、その一方で、あえて骨付きの魚を出すこともあります。骨なしのほうが子どもには食べやすいのでしょうが、「食材が食卓に上る前に、どんな姿をしていたのか、どのように生きていたのか」ということに思いを巡らせてほしいからです。低年齢児のなかには、魚が切り身の状態で泳いでいると勘違いしている子もいるそうですからね(笑)。また骨付きの魚は、骨に注意しながら食べることによって、箸の使い方も訓練されます。箸の使い方をマスターしてもらうためにも、あえて食べにくい骨付きで提供しているのです。

 野菜や果物については、食事から季節を感じることができるように、旬の物を取り入れるようにしています。なじみの八百屋さんと連携をとって、「今の時期、どんな食材がおいしいのか」などと相談しながら、献立を考えています。

 「新渡戸ごはん」には、多くの種類の食材に出合えるというメリットもあります。家庭では、野菜も果物も「いつもの食べ慣れたもの」に偏りがちです。でも、「新渡戸ごはん」は食材の種類が豊富なので、たとえばプラムを初めて食べて、「こんなに大きな種が入っている」とか、生のプルーンを食べて、「ドライプルーンと全然味が違う」などと、新しい発見をすることがあります。それをきっかけに、子どもたちがいろいろなことを考えてくれるといいなと思います。

20年11月号 子育てインタビュー:
1|

ページトップ このページTopへ