受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

この人に聞く

全国に先駆け先進的な授業を展開密度の濃い3年間の教育で
生徒の自律と思考力を養う

 1947(昭和22)年に開校した東京学芸大学附属世田谷中学校は、教育者の育成を目的とした東京学芸大学の教育研究および実証の場としての側面を持つ国立の中学校です。教育モデル校として全国から注目されるなか、現場ではどのような教育が展開されているのでしょうか。自律と思考力を重んじる独自の教育方針や附属高校への進学(連絡進学)の仕組みについて、東京学芸大学の教授(物理科学分野)でもある校長の金沢育三先生にお話を伺いました。

東京学芸大学附属世田谷中学校
校長 金沢 育三先生

しっかり根付いた
みずから考え、発信するサイクル

サピックス小学部教育情報センター部長広野 雅明
サピックス小学部
教育情報センター部長
広野 雅明

広野 最初に貴校の教育内容についてお聞かせいただけますか。

金沢 本校は、学習指導要領に沿った普通教育をメインに据えていますが、教員養成を目的とする東京学芸大学の研究の場としての役割も担っており、これから全国の中学校のスタンダードとなりうる実験的な授業を行っているのも特徴の一つです。教育目標は「個性的で人間性豊かな人格をつくる」「創造性豊かな人間を育てる」「敬愛の精神にあふれた人間を育てる」の三つ。そのうえで最も重きを置いているのが、「生徒がみずから考え、みずから発信する力」の養成です。

 わたしがまだ校長に就任する前、研究者仲間と話していたときのことです。東京大学の教授が「最近の東大生は、がんばって東大に入ったはいいが、そこから伸びる学生が本当に少ない」と言っていました。中高時代に知識一辺倒の教育を受けているのか、自分で研究テーマを探す力や、その背景を調べる力、検証結果をアウトプットする力などが十分に鍛えられていないのではないかと言うのです。大学に入ってから、そして社会に出てからは、知識もさることながら、自分で考える力が求められます。「中高時代にこそ、そうした思考力を鍛えてもらわなければ困る」と話したのを覚えています。

 それから縁あって、今こうして中学校の校長をしているわけですが、あらためてこの思考力の大切さを実感しています。中等教育においては、知識を植え付けるだけではなく、生徒がみずから考え、検証し、発表する力を養成する必要があります。本校の教育にはもともとこのサイクルが根付いており、現在も改善すべきところは改善しています。

広野 具体的にはどのような試みをされているのですか。

金沢 2、3年生を対象に、毎週、「テーマ研究」という授業があります。総合学習という位置付けで、生徒たちが自分たちの興味のあるテーマについて深く掘り下げて調べ、まとめ、最後はみんなの前で発表します。本年度、あるチームは「イスラム教・ユダヤ教から世界をとらえてみよう」というテーマで研究を進めました。最近何かとニュースで耳にすることの多い二つの宗教ですが、その実情を知りたいと、実際にイスラム教徒の方に会いに行ったり、イスラエル大使館の一等書記官を学校に招いて、講演してもらったりしました。

広野 ずいぶん重いテーマに取り組んでいらっしゃるのですね。

金沢 はい。一見、中学生には難しそうに見えるテーマでも、本人たちが興味を持っているのであればそれを認め、生徒たちもしっかり調べて自分のものにしています。そうやって各自まとめたものを、秋に行われる「テーマ研究発表会」で発表します。創立70周年を記念して、ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智先生に記念講演をしていただいたのですが、テーマ研究発表会でも、東京理科大学の元学長である竹内伸先生に特別講演をしていただきました。自分たちの研究結果を発表するだけでなく、高い研究実績を持つ学者の方の話も聞けて、生徒たちはとても刺激を受けたようでした。

広野 中学生のうちからそのようなアカデミックな話に接する機会が用意されているのはうらやましいですね。

金沢 そのほか、2年生では1泊2日の「秩父長瀞地学実習」があります。学芸大から2人の先生に同行してもらい、長瀞の珍しい地形や岩石などを観察する宿泊行事です。教授たちには1日目の夜10時くらいまで地学の講義をしてもらうのですが、講義後には質問の長い列ができるくらい、生徒たちは意欲を持って参加しています。座学と現場の両方で学び、そこで学んだことを各自レポートにまとめて提出するまでがこの実習の流れです。本校ではこのように、教室での勉強だけではなく、現場での体験・実習を重視しています。机上で学んだことを確かめるために現場を見て、現場で見たことをさらに掘り下げるために机上の勉強をする。この繰り返しが生徒の力を伸ばし、将来大きく役に立つと考えています。

考える力を養う100分授業など
先進的な取り組みを実践

外観写真2

Profile東京学芸大学附属世田谷中学校

所在地:〒158-0081 東京都世田谷区深沢4-3-1

東急田園都市線「駒沢大学」駅より徒歩25分、JRほか「渋谷」「恵比寿」駅、東急東横線・大井町線「自由が丘」駅などよりバス

TEL:03-5706-3301

URL:http://www.u-gakugei.ac.jp/~setachu

広野 学芸大の附属校であることから、受験生の保護者のなかには、研究授業が多く、授業がなかなか進まないのではと心配している方もいます。

金沢 それは大きな誤解です。どの授業も、これから全国に波及していく可能性の高い、先進的かつ模範的な内容で行われており、それが生徒の学習進度を妨げるということはありません。本校の教員は「先生を育てる先生」であり、優れた研究実績で全国的に名前を知られた者もたくさんいます。昨年も数学の研究授業に全国から100人以上の先生方が見学に来ました。そうした最先端の取り組みを先駆けて体験できるのは、本校生徒の大きなメリットだと思います。

広野 時間割を拝見すると、木曜日は8限まであり、どの科目も2コマ連続で授業が行われていますね。

金沢 これも本校の特徴の一つです。1コマ50分なので、木曜日は2コマ連続の100分授業を4コマ行います。理科の実験などは「このようにやるんだぞ」と教員が先回りして進めれば、たいてい50分以内に終わるでしょう。しかし、仮説を立てて検証し、レポートにまとめるまでを生徒主体でやるとなると、50分では中途半端なところで終わってしまいます。どの教科も生徒たちにじっくり考えさせる時間を与えたいので、このような時間割を採用しています。

広野 わたしもいろいろな学校で理科の授業を見せていただく機会がありますが、先生が先に結論を話してから予定調和的に実験を始めるところもあれば、まず子どもたちに考えさせて、興味を持たせてから実験に入るところもあります。後者の学校では、ガスバーナーでビーカーに入った水を沸騰させていたのですが、実際に温度を測ってみると、水の温度は100度ではありません。「100度じゃないのになぜ沸騰すると思う?」と先生が問い掛けると、子どもたちは目を輝かせて意見を出し合っていました。そのように、十分な時間が確保されていると、生徒さんも自由に発想を広げて楽しみながら学べるでしょうし、結果的に知識の定着度も高くなり、同時に思考力も高まるでしょうね。

金沢 そのとおりです。授業のなかで生徒たちにどれだけ考えさせることができるかで、後の学力や学習姿勢に大きな差が出てくると考えています。それこそが本校が最も大切にしている点です。

時間割例(2年)
A週 B週
1社会美術国語理科数学 数学音楽英語技術理科
2英語保健体育数学英語 社会英語数学数学
3理科国語英語保健体育社会 理科美術国語理科英語
4数学数学社会理科 英語保健体育社会社会
5道徳音楽家庭テーマ研究 道徳国語保健体育テーマ研究
6学級活動英語 学級活動数学
7国語 国語
8

外観写真2

Profile東京学芸大学附属世田谷中学校

所在地:〒158-0081 東京都世田谷区深沢4-3-1

東急田園都市線「駒沢大学」駅より徒歩25分、JRほか「渋谷」「恵比寿」駅、東急東横線・大井町線「自由が丘」駅などよりバス

TEL:03-5706-3301

URL:http://www.u-gakugei.ac.jp/~setachu

18年2月号 この人に聞く
1|

ページトップ このページTopへ