受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

この人に聞く

広尾学園ならではの教育を「文京」の地で村田女子高等学校は2021年、
広尾学園小石川中学校・高等学校へ

 前身の学校が1909(明治42)年に創立されて以来、100年以上の歴史を刻んできた村田女子高等学校は、2018年に広尾学園との教育連携に踏み切りました。そして、2021年からは男女共学化を果たすとともに、広尾学園小石川中学校・高等学校として生まれ変わります。その初代校長に着任するのが、広尾学園で教頭を務めていた松尾廣茂先生です。都内でも文教地区として知られる地で、どんな教育を実現しようとしているのか、構想を伺いました。

村田女子高等学校
(前・広尾学園中学校・高等学校教頭)

校長 松尾 廣茂 先生

広尾学園との教育連携で
新たな共学校がスタート

サピックス小学部 教育情報センター部長 広野 雅明サピックス小学部
教育情報センター部長
広野 雅明

広野 一昨年、広尾学園との教育連携が話題になり、村田学園とはどんな学校なのか、小学生の保護者の皆さんの関心が一気に高まりました。いよいよ来年は広尾学園小石川中学校・高等学校として開校します。これまでの村田学園としての歴史や伝統は、どのように引き継がれていくのでしょうか。

松尾 2020年に創立111年を迎えた村田女子高等学校は、女子教育の伝統校です。創立者の村田謙造先生は商業簿記を確立し、日本社会に大きく貢献された方です。そうした背景により、村田学園では社会に貢献できる人材を育成することを建学の精神としてきました。

 広尾学園との接点はまさにそこです。「グローバル化の時代、海外で活躍できる子どもを育てることで社会に貢献したい」という広尾学園の思いは、村田学園の建学の精神とも通じるものがありました。そこで、来年から同じ目標をめざしていくことになったのです。

広野 広尾学園との教育連携はどのように行われるのでしょうか。

松尾 広尾学園には「本科コース」「医進・サイエンスコース(医サイ)」「インターナショナルコース」という三つのコースがあり、それぞれ受験生と保護者の方に広く認知されています。ただし、港区という立地からか、広尾学園の受験者層は東京の西部・南部方面の方が多数を占めています。私たち広尾学園小石川は、文京区のこの地で、共学校になるとともに、広尾学園にならった本科コースとインターナショナルコースを設置します。広尾学園の教育を受けたいと考えていて、この場所なら通学が可能だという受験生にお応えするのが本校です。私たちは広尾学園と同等もしくはそれ以上の教育機会の提供をこの文京区でめざします。

広尾学園譲りの本科コースと
インターナショナルコース

前・広尾学園中学校・高等学校校長 東京大学名誉教授 村田学園学園長 田邉裕氏前・広尾学園中学校・高等学校校長
東京大学名誉教授
村田学園学園長
田邉裕

広野 貴校は都営地下鉄三田線の千石駅から徒歩2分。巣鴨駅・駒込駅からもアクセスできます。この利便性の高さは大きな強みではないでしょうか。

松尾 広尾学園小石川は1学年120名のこぢんまりとした学校になります。その分、生徒同士の交流は活発になるはずです。また、部活動などは広尾学園と合同で行っていくことも視野に入れています。特に、村田女子高等学校のサッカー部はインターハイで優勝するなど輝かしい実績を残しており、なでしこリーグの選手を何人も輩出。こうした伝統はぜひ引き継いでいきたいですね。

広野 前年まで女子校であるだけに、男子受験生は希望する部活動ができるかどうか気になるでしょう。その点、広尾学園と連携するのであれば、安心できそうです。

松尾 順心女子学園から広尾学園への共学化を推進したとき、私は学校改革の責任者の一人でした。あのとき、「上級生に男子がいない」という状況を教職員が一丸となって乗り切った経験は、今回も大いに生かせると思っています。

 学校の変革期には、内部の教職員の意識改革が最も重要です。昨年、広尾学園から田邉裕前校長が本校の学園長に就任したのをはじめ、教職員8名がすでに本校に異動しています。また、他校で実績のある教職員5名を外部からお招きしたので、教職員全体の半数が入れ替わりました。今後、インターナショナルコースの導入に当たっては、広尾学園での研修を終えた教員や外国人教員たちと一丸となって、教育体制の強化を図っていきます。外国人教員はいずれも専門教育を受けた者ばかりですので、将来、海外の大学を志望する生徒にも信頼してもらえるはずです。

イメージ05イメージ05

広野 広尾学園のインターナショナルコースは、中学では帰国生向けのアドバンストグループ(AG)と、これから英語力を強化していくスタンダードグループ(SG)とに分かれていますが、高校ではインターナショナルコースに一本化されます。広尾学園小石川のインターナショナルコースはどのようになるのでしょうか。

松尾 本校でも、中学ではAGとSGに分かれ、高校で一本化するのが完成形です。なお、クラス分けでいえば、来春入学するAG生40名、SG生40名はそれぞれ20名ずつに分かれ、AG生20名+SG生20名のクラスが2クラスできることになります。

広野 AGの授業はオールイングリッシュですか。

松尾 国語、日本史と地理、実技教科の一部は日本語ですが、それら以外の教科はすべて英語で展開します。

 なお、インターナショナルコースでは、日本人教員と外国人教員が1名ずつ担任となり、ホームルームはほぼすべて英語で行われるため、SGの生徒も、日々英語のシャワーを浴び続けます。その結果、広尾学園の例でいえば、SGで入学しても、中1の終わりに英検®2級を、中学卒業時点で英検®準1級や1級を取得する生徒も少なくありません。

外国人教員と帰国生が
英語の異文化授業を作る

イメージ05それぞれの教科で高い専門性を持つ外国人教員による授業は、生徒たちの興味・関心を刺激してやみません

広野 広尾学園小石川の英語の授業はどのように行われるのでしょうか。

松尾 習熟度別に行うことを考えています。SGや本科コースの生徒であっても、英語力が突出して高いのであれば、AGの授業を受けることが可能です。

広野 広尾学園の英語の授業はレベルが高いことで知られていますが、どんな点が特徴になっていますか。

松尾 生徒が失敗を恐れず、積極的にディスカッションするところですね。特に、AGの生徒が先頭に立って、外国人教員に物おじせずにどんどん質問していく。それを外国人教員が"Good question"と評価し、生徒たちはさらに積極的に議論を深める。すると、その様子を見ていたSGや本科コースの生徒も、AGの生徒に引っ張られて次々と積極的に発言するようになります。つまり、AGの生徒が身近にいるだけで、ほかの生徒たちは「異文化」や「多様性」を体感し、英語が勉強すべき「知識」ではなく、自分の意見を伝えるための「ツール」だと気づいていくわけです。これが広尾学園の英語の授業であり、私たちが考えるグローバル化です。このスタイルは広尾学園小石川でもぜひ定着させたいですね。

広野 海外研修についてはどうなるのでしょうか。

松尾 現在、村田女子高では3週間のオーストラリア・タスマニア語学研修を実施しています。今後は交換留学を含め、いろいろな方向性を考えています。

広野 人前で発表するという点では、けやき祭(広尾学園の文化祭)で生徒らが自分たちの研究内容を来場者に発表するプレゼンテーションが有名ですね。

松尾 はい。けやき祭のプレゼンをあえて英語で行う生徒も多いですね。その際は自分の書いた英文原稿をAGの同級生にチェックしてもらう光景があちこちで見られます。広尾学園におけるAGの存在は、いろいろな場面で好ましい波及効果を生んでいます。広尾学園小石川は生徒数が少ない分、生徒同士の関係もより緊密になるでしょうから、AGの好影響はより大きくなると期待しています。

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

20年6月号 この人に聞く
1|

ページトップ このページTopへ