受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

この人に聞く

「自律と共生」を教育で体現 多様な特性を伸ばし合える環境で
実績ある教員が生徒の学習意欲を育む

 先進的な教育を行う広尾学園と、女子の伝統校として知られる村田女子高等学校との連携によって、2021年4月に開校した広尾学園小石川中学校・高等学校。「自律と共生」を教育理念に掲げ、「本物に触れ、本物をめざす」をモットーとする同校は、2021年度入試では全7回で3801名に上る応募者を集めるなど、開校初年度から大いに注目を集めています。今回は、2期生を迎えた現在の校内の様子や、特徴的な学びについて伺いました。

広尾学園小石川中学校・高等学校
校長 松尾 廣茂 先生

帰国生の積極的な姿勢が
全体の士気を高める

サピックス小学部 教育情報センター部長 広野 雅明サピックス小学部
教育情報センター部長
広野 雅明

広野 開校から1年が経過しました。2年生となった1期生の様子を聞かせてください。

松尾 新型コロナウイルスの影響でまだ活動を制限してはいますが、生徒たちはみんな、本校の教育理念である「自律と共生」の下、友だちを思いやりながら楽しく学校生活をスタートさせました。

広野 コースは、本科コース(本科)とインターナショナルコース(インター)の二つがありますね。

松尾 はい。このうちインターは、帰国生など、入学段階から一定の英語力を持った生徒を集めたアドバンストグループ(AG)と、入学後に英語力を強化していくスタンダードグループ(SG)の二つにさらに分かれています。なお、クラスはAGとSGを混合し、人数に偏りがないように編成しています。また、高校ではAGのみに一本化する予定です。

広野 それぞれ、どんなタイプの生徒がいますか。

松尾 AGの生徒は非常に積極的で、職員室に質問に行ったり、廊下にあるホワイトボードなどを使って、わからない問題を教え合ったりしています。それに引っ張られるように、SGや本科の生徒もどんどん能動的に学習するようになっています。AGの生徒がSGの生徒に英語を教えていることもあります。逆に、日本より理系の進度が遅い海外出身の生徒に、SGの生徒が数学や理科を教えている姿も見られ、ほほえましく思います。

広野 お互いの持つ特性を伸ばし合い、共に成長できる環境ですね。外国人教員の方は何名いますか。

松尾 小規模な学校ですが、16名の外国人教員が在籍しているので、本科やSGの生徒たちも異文化を自然に受け入れ、「もっと英語がうまくなりたい」と学習意欲を高めています。

広野 外国人教員の指導には、どのような特徴がありますか。

松尾 インターでは、日本人と外国人の教員が2人1組で担任を務め、ホームルームや道徳も英語で行います。AGは、ほとんどの教科の授業が英語で行われます。美術や技術は、AGとSGの生徒が合同で英語による指導を受けます。

広野 小学校でしか英語を学んだことがない状態で入学されるSG生の保護者の方は、英語主体の環境に入って、心配される方もいるかもしれません。SGの生徒はみんな、この環境になじんでいるのですか。

松尾 ホームルームは外国人教員が行うので、入学当初はことばが理解できずに戸惑う生徒もいました。しかし、英語が堪能なAGの生徒に教わるなどして、夏の終わりごろにはどの生徒もすっかり耳が慣れたようでした。インターの職員室に入るときは英語を使わなければならないのですが、みんな積極的にチャレンジしています。さらに、「休み時間を含め、一日中英語で話す“All English Day”を週に1回設けよう」とSG生たちがみずから発案したくらいです。生徒たちが楽しみながら英語に向き合っていることは日々、実感しています。この「楽しみながら」というのが、意欲的に学習に臨む姿勢につながり、全体の士気を高めているのだと思います。

予測不能な事態への対策を考え
柔軟な思考力を養う

広野 国内のほとんどの学校では、英語の授業でしか英語を使わないので、貴校のように外国人の教員や帰国生の多い環境で学ぶことには非常に意義を感じます。ところで、昨年は新型コロナの影響で、多くの学校で行事や部活動が制限されましたが、貴校ではいかがでしたか。

イメージ01多くの受験生が集まった入試当日

松尾 さすがに緊急事態宣言の発令中は活動できませんでしたが、その前後は、生徒自身に感染対策について考えさせながら、できる範囲で部活動などに取り組ませていました。そうすることで、「予測不能な問題が起こったら、その対策を考える」という姿勢が培われたと思います。学校行事は、なるべく通常どおりに行うことが今年の目標です。

広野 昨年、実施できた学校行事はありますか。

松尾 学校になじんでもらうための4月のオリエンテーションと、10月に行った学園祭などです。この学園祭は、外部向けにオンラインで公開しました。

広野 広尾学園のオリエンテーションのビデオを見ましたが、生徒一人ひとりが目標を設定して、スピーチされていた光景が印象に残っています。貴校ではいかがですか。

松尾 同じです。生徒には自分の夢をみんなの前で宣言してもらっています。あらたまった場で目標を話すことによって、「自分と友人は違う」ということを認識し、それが他者を認め合う力につながるのだと考えています。

広野 印象に残っているスピーチはありますか。

松尾 「夢はまだ決めていないけれど、社会に出て、人の役に立ち、周りの人を笑顔にしたい。そのためにこの6年間は多様なことを貪欲に学んでいきたい」といった内容のものが印象的でした。まだ具体的な夢を持っていなくても構わないのです。意欲的な面をさらに伸ばせればよいと思っています。

広野 学園祭はいかがでしたか。何か印象に残っていることはありますか。

松尾 高2・3年生に本校の前身である村田女子高校出身の生徒が在籍しているので、広尾学園小石川の1期生として入学した中1・高1の生徒たちと、日本語または英語で自分の関心のあることについて、互いにプレゼンテーションしました。村田女子高の先輩たちが広尾学園小石川の生徒たちを賞賛してくれたり、逆に本校の生徒が村田女子の先輩の発表に共感したり、驚いたりして、生徒たちが一致団結できた学園祭になりました。

運動部は近隣の練習場や
広大なグラウンドで活動

イメージ02和敬塾でのオリエンテーションの様子

広野 まだ開校したばかりの学校なので、活動は限定的かもしれませんが、クラブについてはいかがでしょうか。

松尾 人気のクラブは剣道、テニス、サッカー、バスケットボールです。車で10分ほどの場所にある、本校が提携する和敬塾(男子学生寮を運営する公益財団法人)は、敷地が広いので、さまざまなクラブが利用しています。最も人気の高い剣道部が借りているのは、ここの道場です。サッカー部は、千葉県市川市の広大なグラウンドで、月に数回、広尾学園の生徒と一緒に活動しています。運動施設は本校にもあり、体育の授業は校内のアリーナで行いますが、新宿区や世田谷区などの公共施設を定期的に使うこともあります。

広野 連携している施設はほかにもありますか。

松尾 徒歩5分ほどの場所にある「東洋文庫ミュージアム」という東洋学の専門図書館と連携し、さまざまな博学連携教育を展開しています。たとえば、昨年の10月から開催された企画展では、東洋文庫の研究員の方に同企画展の解説動画を作成していただき、それを使ってしっかり事前学習したあとに見学させていただきました。また、先日は、日本の伝統文化である狂言を知ってもらうという趣旨から、AGの生徒を対象に、国内外で活躍する和泉流狂言師の三宅藤九郎師による、英語での狂言ワークショップも開催しました。

広野 ところで、「情報Ⅰ」が高校の必修科目になり、ICT関係のスキルがますます求められるようになりましたが、貴校のICT教育の現状について教えてください。

松尾 生徒は1人1台のMacBookを所有しています。ICTに特化した授業のみならず、調べ学習をはじめ、日々の授業のなかで日常的に活用しています。調べ学習においても、検索した内容をうのみにするのではなく、自分なりの見解をしっかり持てるような学びにつなげています。

広野 MacBookはデザイン系の制作や、映像編集ソフトでの動画作成などにも生かせそうですね。キャリア教育ではどんな取り組みを行っていますか。

松尾 特徴的なものには、広尾学園との連携プログラムがあり、昨年の3月には、社会の第一線で活躍している二十数名の方々から話を聞く「スーパーアカデミア」が広尾学園で開催され、本校の生徒も受講しました。今後も高度なプログラムを共同で開催したいと考えています。

22年6月号 この人に聞く
1|

ページトップ このページTopへ