受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

おしえてピグマはかせ

サピックスの通信教育・ビグマキッズくらぶ おしえてピグマはかせ

No.97

 「ピグマキッズくらぶ」は、小学1年生から4年生のために開発されたサピックスの通信教育です。そのテキストでおなじみのピグマはかせが、皆さんがふだん疑問に思っていること、不思議に思っていることにお答えします。
 今回は、納豆やオクラなど粘り気のある食べ物のお話です。ねばねばが苦手という人もいますが、粘り気のある食べ物は体に良いといわれます。なぜでしょう。ねばねばの正体を探ってみましょう。

納豆やオクラはなぜねばねばしてるの?

納豆はねばねばの王様

げんちゃん 今朝、納豆で3杯もごはんを食べちゃった。納豆っておいしいよね。
えりちゃん わたしは納豆は苦手。ねばねばしてるのが気持ち悪いもの。お母さんは「体に良いから食べなさい」って言うけど。
さやかちゃん 納豆は好きだけど、ぬるぬるしたオクラは嫌い。
ひかるくん ねばねば、ぬるぬるする食べ物ってけっこう多いよね。山芋もそうだし、ナメコやモズクもそうだし。
えりちゃん ねばねばしてなければ食べられるのに。どうしてねばねばしているんだろう?
ピグマ博士 納豆がねばねばするのも、オクラがぬるぬるするのは、ムチンという成分が含まれているからだよ。ムチンは、タンパク質と糖類が結びついたもの。ウナギやドジョウの体の表面がぬるぬるしてつかみにくいだろ? あれもムチンを分泌しているからなんだ。納豆は特に多くのムチンが含まれているんだよ。
ひかるくん 納豆って大豆から作るんだよね。
ピグマ博士 そうだよ。大豆を煮て、納豆菌という細菌を混ぜて発酵させたものが納豆。その発酵の過程でムチンが作られるんだ。
さやかちゃん 発酵ってなあに?
ピグマ博士 細菌がその物を食べることによって、その物が分解されて変化することだよ。それが人間の役に立つ食べ物に変わる場合を「発酵」、食べられないような物に変わる場合を「腐敗」というよ。つまり「腐る」ってことだね。大豆は「畑の肉」といわれるくらい、タンパク質がたくさん含まれているんだけど、消化があまり良くないんだ。でも発酵させると、消化が良くなって栄養分も増すんだよ。あの独特なにおいも発酵によって生まれているんだ。

体の中にも同じねばねばがある!?

えりちゃん 納豆に栄養があるのはわかったけど、ねばねばは必要ないんじゃないの? 何かの役に立っているの?
ピグマ博士 そんなに嫌わなくても、ムチンはえりちゃんの体の中にもたくさんあるんだよ。
ひかるくん ええっ!? そうなの!?
ピグマ博士 わたしたちの体は、胃や腸にしても、目や鼻にしても、表面を粘り気のある液が覆って器官を守る働きをしているんだ。そういう液に覆われた表面を粘膜というんだけど、ムチンはその液の中に含まれているんだよ。たとえば胃。胃の中には食べ物を消化するために、物を溶かすはたらきのある胃酸という、とても強い酸性の液があるんだ。だけど、胃の壁は溶けないよね。それは胃の粘膜にあるムチンが胃の壁を守っているからなんだ。涙にもムチンは含まれているよ。もしムチンが含まれていなかったら、目の表面はすぐに乾いて、まばたきもできないと思うよ。
げんちゃん 納豆のねばねばと同じようなものが涙に含まれているなんて、驚きだね。
ピグマ博士 胃の粘膜に含まれているムチンは胃の病気を防ぐことに役立っているし、鼻や口の粘膜に含まれているムチンは、風邪やインフルエンザなどのウイルスが侵入することを防いでくれているんだ。ムチンは病気の予防にも役立っているんだよ。
げんちゃん そういうものが多く含まれているんだから、納豆ってすごいね。たくさん食べたほうがいいよね。
ピグマ博士 ムチンを含む食品を習慣的に食べることは、体にとってとてもいいんだ。タンパク質が不足すると、筋肉が弱って疲れやすくなるけど、ムチンにはタンパク質の吸収を良くするはたらきがあるので、疲労回復にも役立つんだ。それから細胞を元気にしてくれるので、若さを保つのに役立つとか、カルシウムの吸収が良くなるので骨が丈夫になる、なんていうこともいわれているよ。
えりちゃん だからって、わたしは納豆を毎日食べることなんてできそうもないなあ。
ピグマ博士 納豆が食べられなければ、ほかの食べ物を食べればいいんだよ。納豆、オクラ、山芋、ナメコ、モズク以外にも、サトイモ、レンコン、モロヘイヤ、コンブなど、ムチンを含む食べ物はいろいろあるよ。

■保護者の方へ

 体内の粘膜に含まれ健康を守ってくれているムチン。昔から「ねばねばするものは体に良い」といわれてきたのも納得できます。ムチンは糖とタンパク質が結合してできたもので、食品としてはタンパク質分解酵素を多く含む、水溶性食物繊維の一つとされています。体内では潤滑油のような役割をして細胞を保護します。だからムチンが不足すると粘膜が傷つきやすくなります。だからといって多量に摂取する必要はありませんが、納豆は発酵食品としての利点も多く、食べられればそれに越したことはありません。最近はにおいや粘り気の少ない納豆も売られています。また、酢を少し混ぜると粘りが減るともいわれますので、試してみてはいかがでしょうか。

ページトップ このページTopへ