受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

おしえてピグマはかせ

サピックスの通信教育・ビグマキッズくらぶ おしえてピグマはかせ

No.117

 「ピグマキッズくらぶ」は、小学1年生から4年生のために開発されたサピックスの通信教育です。そのテキストでおなじみのピグマはかせが、皆さんがふだん疑問に思っていること、不思議に思っていることにお答えします。
 今回は「東京スカイツリー」のお話です。自立式電波塔では世界一の高さを誇るスカイツリー。高さは東京タワーの2倍近くあります。なぜそんなに高いタワーを建てたのでしょうか。

東京スカイツリーはなぜあんなに高いの?

高さは「むさし」の634m

ひかるくん 日曜日に東京スカイツリーに行ってきたよ。すごく高くてびっくりしちゃった。
ピグマはかせ スカイツリーってどのくらいの高さか知ってるかい?
ひかるくん 634メートルでしょ。語呂合わせで「むさし」って覚えればいいんだって、お父さんが言ってたよ。 ひかるくんイラスト
げんちゃん 「むさし」って何? 人の名前?
ピグマはかせ 東京都、埼玉県、神奈川県の一部を含む地域一帯は昔、「武蔵の国」と呼ばれていたんだ。スカイツリーに上れば武蔵の国が眺められることから、スカイツリーを建てるとき、高さを「むさし」つまり634メートルにしようと決めたんだよ。
さやかちゃん 東京タワーが333メートルだから、その2倍近い高さがあるのよね。
ピグマはかせ もともとの計画では610メートルだったそうだけど、覚えやすい高さにするためにそうしたんだ。それに当時、中国の広州というところで高いタワーの建設が始まっていて、計画段階では610メートルと発表(最終的には約600メートル)されていたので、それより確実に高くして、世界一のタワーにしたいという考えもあったようだよ。
えりちゃん じゃあ、スカイツリーは世界一なの?
ピグマはかせ 自立式電波塔では世界一の高さだといわれているよ。自立式というのは、自分の力で建っているということ。タワーのなかにはビルの屋上に建っているものとか、周りをケーブルワイヤーで支えられて建っているものもあるんだ。電波塔というのは電波を送信する通信用のタワーのことだよ。
げんちゃん スカイツリーは展望台からの眺めを楽しむタワーだと思っていたけど、本当は電波を送るためのものなんだね。 げんちゃんイラスト
ピグマはかせ そうだよ。テレビやラジオ、防災無線などに必要な電波を送信するのが電波塔の役割。たとえばテレビの場合、テレビ局のアンテナはそんなに高くないから、そのままでは周りの建物などに邪魔されて、広い範囲に電波が送れないんだ。そこで、テレビ局のアンテナから発信された電波を一度、電波塔に集めて、そこからそれぞれの家に送信しているんだよ。

高いタワーは東京だけ?

ピグマはかせ スカイツリーができるまで、関東地方では東京タワーが電波塔の役割を果たしていたんだ。でも、東京の都心に高層ビルがどんどん建つようになったため、電波がさえぎられる心配が出てきたんだ。建物が邪魔をして、映像が乱れたり、雑音が入ったりしてしまうんだよ。
えりちゃん だから東京タワーの2倍もの高さのタワーを建てたのね。 えりちゃんイラスト
ピグマはかせ そうだよ。周りの建物よりはるかに高い所からなら、電波を安定して広い範囲に送ることができるんだ。東京の都心にある超高層ビルは、高くても250メートルぐらいだから、634メートルもあれば問題ないわけだよね。
ひかるくん 高いビルがあるところでは、高い電波塔が必要なんだね。
ピグマはかせ そうとは限らないよ。たとえば大阪には200メートルを超える高層ビルがいくつもあるけど、スカイツリーみたいな高いタワーはないよ。
さやかちゃん 大阪には通天閣っていうタワーがあるけど、そんなに高くないわよね。
ピグマはかせ 関西には通天閣のほか、京都タワー、神戸ポートタワーなどがあるけど、どれも電波塔ではなく観光用のタワーで、高さも100メートル台だよ。関西に高い電波塔がないのは、大阪府と奈良県の境に、生駒山(642メートル)というスカイツリーと同じくらい高い山があるからなんだ。この山の上に電波塔を建てれば必要な範囲に電波を送信できるからね。ただ全国的に見ると、電波が届きにくい場所もあるよ。山に囲まれた地域とか、遠く離れた島とかね。そういうところでは、宇宙を飛んでいる放送衛星からテレビの電波を受信しているんだ。
ひかるくん それが衛星放送だね。
えりちゃん テレビってリモコンのボタンを押せばすぐに映るけど、そうやって電波を送り届けているから見ることができるのね。
ピグマはかせ スカイツリーの役割がわかったかな。

テレビの電波が家庭に届くまで

■保護者の方へ

 1953年2月1日に、NHK東京放送局が日本初のテレビの本放送を開始しました。それから50年後の2003年12月、東京・名古屋・大阪を中心とした三大都市圏で、地上デジタル放送(地デジ)が始まりました。地デジはアナログ放送に比べて電波障害が起こりにくいものの、当時すでに200mを超える高層ビルが数多く建ち、東京タワーでは電波が届きにくくなる恐れがありました。そこで、600m級の電波塔の建設が決まったのです。
 スカイツリーの最上部は、デジタル放送用のアンテナなどを備えた「ゲイン塔」です。また、スカイツリーの中心には「心柱」という鉄筋コンクリートの柱が通り、塔全体とは違う揺れ方をすることで、地震の揺れを低減します。これは、法隆寺の五重塔の構造を参考にしたものです。構造についても調べてみると、634mの高さにするための工夫がわかります。

ページトップ このページTopへ