受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

おしえてピグマはかせ

サピックスの通信教育・ビグマキッズくらぶ おしえてピグマはかせ

 「ピグマキッズくらぶ」は、小学1年生から4年生のために開発されたサピックスの通信教育です。そのテキストでおなじみのピグマはかせが、皆さんがふだん疑問に思っていること、不思議に思っていることにお答えします。
 今回は「単位」のお話です。わたしたちはふだん、長さの単位としてセンチやメートルを使いますが、アメリカではインチやフィートという単位を使用しています。どうして国によって使う単位が違うのでしょうか。

どうして国によって使う単位が違うの?

世界共通の単位はメートルだが…

ひかるくん 身長が伸びて、今まで使っていた自転車に乗りにくくなったから、新しい自転車を買ってもらったよ。自転車の大きさってタイヤの直径で決まるんだね。新しい自転車は「20インチ」って聞いたけど、「インチ」って何? どれくらいの長さなの?
ピグマはかせ インチは長さの単位で、1インチは2.54センチメートル(以下センチ)。20インチなら50.8センチだね。少しわかりにくいかな。ちなみに、テレビも画面の大きさをインチ(型)で表しているよ。40型っていうのは、画面の対角線の長さが40インチ、つまり101.6センチだね。
えりちゃん なるほど。でも、どうしてセンチやメートルを使わないの? 50センチとか1メートルって聞くと、何となく長さをイメージできるのに、20インチとか40インチって聞いても、ぴんとこないわ。 えりちゃんイラスト
ピグマはかせ アメリカやイギリスが発祥の工業製品には、よくインチが使われるんだ。アメリカでは、今もセンチやメートルといった「メートル法」より、インチやヤードなどの「ヤード・ポンド法」が一般的だよ。
えりちゃん どうして国によって使う単位が違うの?
ピグマはかせ 国によってというより、アメリカがほかの国と違うんだ。今ではほとんどの国がメートル法を使っているよ。メートル法というのは、長さは「メートル」、重さは「キログラム」を基準にする、単位の決まりのこと。このメートル法を最初に考えたのはフランスなんだ。それまでは、国によって単位の基準がばらばらで、外国との交通や交易が盛んになると不便になった。だから、フランスは世界中で使える新しい単位をつくったんだ。今から200年ぐらい前のことだね。これが「国際単位系(SI単位系)」という、世界共通の単位にまで発展したんだ。 げんちゃんイラスト
げんちゃん へえ。でも、どうしてアメリカはそのメートル法を使わないの?
ピグマはかせ まったく使っていないわけじゃなくて、メートル法もヤード・ポンド法も、両方とも使っているよ。統一しない理由はわからないけれど、アメリカ人にとっては、昔から使い慣れた単位のほうが便利なのかもしれないね。

昔は単位を手足のサイズで決めた!?

ピグマはかせ 単位は毎日の生活で使うものだから、変えるのは大変なことなんだ。実際、メートル法に統一しようと決まってからも、世界中に浸透するまでには、長い時間がかかっているんだよ。かつて「尺貫法」を使っていた日本も、メートル法に統一することを法律で定めるまでには、ずいぶん抵抗があったらしいね。
さやかちゃん 尺貫法って何? さやかちゃんイラスト
ピグマはかせ 長さの単位に「尺」や「寸」を、重さの単位に「貫」や「斤」を、体積(容積)の単位に「升」や「合」などを使った、日本に昔からある単位だよ。
えりちゃん そういえば、お米は「1合、2合」、食パンは「1斤、2斤」って言うわね。
ピグマはかせ ヤード・ポンド法も尺貫法もそうだけど、昔ながらの単位は、人の体のサイズを基準にしたものが多い。ヤード・ポンド法の長さの単位である「フィート」は、英語で「足」という意味。足のつま先からかかとまでの長さをもとにした単位だよ。その3倍が1ヤードで、1インチは親指の幅をもとにした単位だといわれるよ。
ひかるくん 足のサイズや親指の幅なら、イメージしやすいね。 ひかるくんイラスト
ピグマはかせ 中国から日本に伝わった尺貫法も同じ。だいたいの長さを知りたいときは、手を広げて、親指の先から、人差し指の先までの長さで測るよね。「尺」という漢字は、そのときの手の形を表したものだといわれているよ。その2倍の長さが1尺で、約30.303センチ。その10分の1が1寸。つまり3センチぐらいだね。
ひかるくん じゃあ「一寸先は闇」っていうのは、目の前のわずか3センチ先のものも見えないくらい真っ暗で、この先何がどうなるか、まったくわからないということなんだね。
ピグマはかせ いや、その場合は長さではなく、「わずか」という意味で「一寸」が使われているんだ。「一寸」は「ちょっと」と読んだりもするよ。

尺貫法の単位をメートル法で表すと…?

保護者の方へ

 文明の発生以来、人類は各地域でさまざまな単位をつくり、発展してきました。ところが、地域内で使うには困らなかった単位も、外国との交流が盛んになると不便が生じてきました。そこで1790年、フランスの政治家シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールは、世界共通の単位をつくることを提案。誕生した「メートル法」は、世界標準の国際単位に発展し、あらゆる単位が、この合理的な単位に変換できるようになりました。とはいえ、昔ながらの単位は、メートル表記が義務づけられている今も各所で使われています。日本でも、尺貫法を使うほうが便利なものもたくさんあります。体のサイズに合わせてつくられた単位には、メートル法とは違う便利さがあるのです。単位について調べてみると、いろいろな発見があるのではないでしょうか。

ページトップ このページTopへ