受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

さっぴーの社会科見学に行こう!

17年9月号 さっぴーの社会科見学に行こう!:
1|

社会科見学へ行こう!

千葉市立 加曽利貝塚博物館

 古代人のごみ捨て場ともいわれ、世界中で発見されている貝塚。その名のとおり、たくさんの貝殻のほか、土器や動物の骨なども埋まっていて、貝塚を調べれば、大昔の人々の暮らしに触れることができるんだ。千葉市にある縄文時代の加曽利貝塚は、日本でも最大規模の貝塚。その一画には博物館があって、縄文人の生活や文化について紹介しているんだよ。

さっぴーからクイズだよ

縄文時代の貝塚は全国に2400か所くらいあるんだけど、そのうち千葉県にはどのくらいあると思う?
①150か所 ②350か所 ③650か所

女の子 「千葉県の房総半島は太平洋に面しているから、もしかして昔から貝をよく食べる地域で、貝塚の数も多いということなのかな?」
男の子 「そうかも。千葉は潮干狩りでも有名だもん。貝塚だって350か所くらいあるのかもしれないよ」
さっぴー 「ほう、すごいね。2人とも地理に詳しいじゃないか。でも残念。正解は③の650か所なんだ」
男の子 「えーっ! 650か所といったら、日本の貝塚全体の4分の1以上だよ!?」
女の子 「そんなに集中しているなんて、びっくりだね」
さっぴー 「千葉県といっても東京湾沿岸が中心なんだけどね。実は東京湾の潮流は時計回りに流れていて、栄養豊富な海水は千葉県側に運ばれてくるんだ。当然、貝もよく育つし、湾内は遠浅で漁がしやすい。だから縄文人はたくさんの貝を採って食べた。その結果、貝塚もいろいろなところにできたんだ。ちなみに千葉市にある加曽利貝塚は、この秋、国の特別史跡に指定される見込みだよ」
男の子 「へえ。それってすごいことなの?」
さっぴー 「そうだよ。特別史跡は国宝と同格なんだ。加曽利貝塚は集落を伴う『ムラ貝塚』としては、日本最大級の遺跡でね。保存状態も良いし、出土品も貴重なものばかりだから、特別に価値があると判断されたんだ。博物館も併設されていて、火おこし体験や貝を使ったアクセサリー作りなどもできるんだけど、行ってみるかい?」
女の子 「火おこし!? おもしろそうね、やってみたい!」
17年9月号 さっぴーの社会科見学に行こう!:
1|

ページトップ このページTopへ