受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

さっぴーの社会科見学に行こう!

17年11月号 さっぴーの社会科見学に行こう!:
1|

社会科見学へ行こう!

東京証券取引所

 毎日のニュースで必ず取り上げられる「株」。「日経平均株価」や「TOPIX」など聞いたことはあっても、その数字の意味を考えたことがある人は、少ないんじゃないかな? そんな株の初心者にもおすすめしたいスポットが、東京・日本橋兜町にある東京証券取引所だよ。ここには見学施設の「東証アローズ」があって、株について楽しく学べるんだ。

さっぴーからクイズだよ

株は何歳から買うことができるでしょう?
①12歳  ②18歳  ③何歳でも可

男の子 「株って、買ったり売ったりして、もうけもするけど、大金を損することもあるんだよね。だったら、いろいろなことを勉強しないといけないんじゃないかな」
女の子 「何だか難しそうだし、選挙権と同じで、株を買えるのも18歳からじゃないのかしら?」
さっぴー 「なるほど、2人とも株は大人だけが売買できる特別なものだと思っているんだね。実は、株は所定の手続きさえ踏めば、誰でも買うことができるんだよ」
男の子 「えっ!? じゃあ、ぼくたち小学生でも買えるの?」
さっぴー 「そうだよ。保護者の同意が必要とされるなど、いくつかの条件はあるけどね。そもそも株とは、会社が事業のためのお金を集める手段の一つとして発行する証明書のようなもの。株を発行して資金を集めて事業を行う会社のことを『株式会社』というんだ。会社にお金を出した人はお金の代わりに株をもらい、持っている株の数に応じて会社の利益の一部を配当としてもらうことができるんだ。この仕組みを作ったのは、17世紀にアジアの植民地支配のために設立されたオランダ東インド会社だといわれているよ」
女の子 「株式会社の仕組みは400年以上も前からあったということなのね」
さっぴー 「今では株取引は世界中で行われていて、東京・日本橋兜町にはアジアを代表する東京証券取引所があるよ。自由に見学できるほか、株取引の体験もできるんだ」
男の子 「ニュースでよく聞く『東証』だね。行ってみようよ」
17年11月号 さっぴーの社会科見学に行こう!:
1|

ページトップ このページTopへ