受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

  • Top
  • 読み物/教養
  • 19年1月号 [入試に出る時事問題]これだけは知っておこう! さぴあニュースバンク

さぴあニュースバンク

さぴあニュースバンク 2018年11月

1 木曜日 社会 日本の衛星測位システム「みちびき」の運用がこの日から始まった。
2 金曜日 環境 政府は2020年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産への登録をめざし、日本から推薦するのは自然遺産の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島県、沖縄県)と発表した。これは2018年の登録をめざして推薦していたものだが、ユネスコ世界遺産委員会の諮問機関である国際自然保護連合(IUCN)から「登録延期」の勧告を受けたため、推薦をいったん取り下げていた。今度はIUCNの勧告に従い、2016年にアメリカ軍からその半分以上が返還された沖縄島北部の「北部訓練場」の跡地の一部を含めて推薦する予定。
6 火曜日 国際 アメリカで「中間選挙」の投票・開票が行われ、連邦議会の新勢力がほぼ固まった。上院はドナルド・トランプ大統領が所属する与党の共和党が過半数を維持したが、下院は野党の民主党が過半数を奪還するという結果になった。 もっと詳しく参照
7 水曜日 社会 原子力の安全な利用をめざす原子力規制委員会は、首都圏にある唯一の商業用原子力発電所で、稼働から40年を迎える日本原子力発電の東海第二原子力発電所(茨城県東海村)について、運転期間を最長20年延長することを認めた。再稼働には茨城県のほか、水戸市など周辺6市村の同意が必要だが、反対の声が上がっている。
9 金曜日 社会 気象庁は「エルニーニョ現象」が発生したとみられると発表した。そのため、この冬は東日本から沖縄にかけて暖冬になる可能性が高いという。エルニーニョ現象とは、ペルー沖の東太平洋の赤道近くの海面水温が平年より高くなる現象で、太平洋を取り巻く地域の高気圧や低気圧の配置も変わるため、異常気象を引き起こすとされる。前回は2014年夏から16年春にかけて発生し、国内各地のスキー場が雪不足に見舞われた。
11 日曜日 科学 この日の朝、日本の無人補給機「こうのとり」7号機が、国際宇宙ステーション(ISS)でつくった実験試料を格納した小型回収カプセルを分離した。カプセルは日本最東端の南鳥島沖に着水し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の船が回収した。
11 日曜日 国際 ドイツが連合国との休戦協定に調印し、第一次世界大戦が終結してこの日で100年。第一次世界大戦は1914年から18年にかけて、イギリス、フランス、ロシア、アメリカなどの「連合国」と、ドイツ、オーストリア=ハンガリーなどの「同盟国」が戦った世界的な戦争で、戦車や毒ガスが初めて使われた。日本は勝利した連合国側に加わって参戦した。
12 月曜日 スポーツ アメリカ大リーグのロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が、アメリカン・リーグの新人王に選ばれた。ピッチャーとバッターの「二刀流」で活躍したことが評価された。
14 水曜日 国際 東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の首脳会議に出席するため、シンガポールを訪れた安倍晋三首相は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と会談し、1956年の日ソ共同宣言を基礎に、平和条約を結ぶための交渉を加速させることで合意した。日ソ共同宣言とは、日本とソビエト連邦(ソ連)との平和条約が結ばれた後、ソ連は歯舞群島と色丹島を日本に引き渡すことを定めたもので、ソ連を引き継いだロシアも、この宣言を守る義務がある。つまり、北方領土4島の返還を求める日本政府の姿勢に変わりはないものの、歯舞群島と色丹島の2島を優先する方針に事実上転換することになったといえる。
16 金曜日 科学 フランスのパリで開かれていた、重さ(質量)などの定義を決める国際度量衡総会で、重さ(質量)の単位「キログラム」の定義が約130年ぶりに変わることが決まった。1889年から現在に至るまでは、白金とイリジウムの合金でできた、パリにある「国際キログラム原器」という分銅の重さを1キログラムとしてきた。しかし、具体的な物の重さが基準だと、その物が摩耗したり、汚れがついたりすると、重さが変わってしまうことになるため、2019年5月20日からは、ある振動数の光の粒子(光子)と等しい静止エネルギーを持つ物体の重さを1キログラムとする。また、電流、温度、物質量の単位の定義も変わることになった。
23 金曜日 文化 パリで博覧会国際事務局(BIE)の総会が開かれ、2025年の万国博覧会の開催地に日本(大阪)が選ばれた。 もっと詳しく参照

上院は共和党、下院は民主党が過半数アメリカで「中間選挙」を実施

 アメリカで「中間選挙」の投票・開票が11月6日に行われました。この選挙は上院議員の約3分の1と下院議員の全員、多くの州の知事を同時に選ぶもので、4年ごとの大統領選挙のちょうど中間の時期に行われるため、こう呼ばれます。有権者がそのときの大統領の所属する政党(与党)を支持するかどうかの意思表示をする機会としての意味合いが強いとされており、これまでは、現職大統領への不満から、与党が敗れる場合がほとんどでした。

 上院議員は50の州から2人ずつ、計100人が選ばれます。議員の任期は6年で、2年ごとに約3分の1ずつ改選されるのですが、今回は引退議員の分を含め、計35議席が改選されました。一方、下院議員の任期は2年で、大統領選挙と同時に行われる選挙や中間選挙のたびに、435人全員が改選されます。上院とは異なり、人口の多い州ほど選ばれる議員も多くなっています。

 今回の中間選挙は、2016年11月の選挙で勝利し、2017年1月に就任した共和党のドナルド・トランプ大統領について、その政策や政治手法の是非を問うものとなりました。選挙前は上院・下院とも共和党が過半数を占めていたため、両院ともそれを維持できるかどうかが最大の焦点でした。

 開票結果(11月28日現在、下院は1議席が未確定)を見てみると、上院(半数50)は共和党が53、民主党が47となり、共和党が過半数を維持しました。その意味では共和党が勝ったともいえますが、下院(過半数218)は民主党が234、共和党が200で、民主党が過半数を占めました。つまり、上院・下院で多数派が異なる「ねじれ議会」となったのです。トランプ大統領は難しい政権運営を迫られることになります。

 ところで、今回の選挙で注目されるのは、下院の女性議員が初めて100人を超えたこと。イスラム教徒の女性議員やアメリカ先住民の女性議員も初めて誕生しました。これは多様性の国アメリカの最新の状況を反映したものともいえそうです。

1970年以来、55年ぶり2025年に大阪万博が開催へ

万博と日本
1851年最初の万博がイギリス・ロンドンで開催
1867年パリ万博に日本が初めて出展(江戸幕府、薩摩藩、佐賀藩)
1889年パリ万博のシンボルとして建設されたエッフェル塔が完成
1928年国際博覧会条約締結
1970年大阪万博開催
1975〜76年沖縄国際海洋博覧会開催
1985年国際科学技術博覧会開催
1990年国際花と緑の博覧会開催
2005年愛知万博開催
2025年2度目の大阪万博開催

 11月23日、フランスのパリで博覧会国際事務局(BIE)の総会が開かれ、2025年の万国博覧会(万博)の開催地に日本(大阪)が選ばれました。2025年5月3日から11月3日まで、大阪湾の人工島・夢洲を主会場に開かれます。大阪で万博が開催されるのは1970年以来55年ぶりのことです。ほかにはロシア(エカテリンブルク)とアゼルバイジャン(バクー)も立候補していました。

 世界初の万博は1851年にイギリスのロンドンで開かれました。イギリスは18世紀に他国に先駆けて産業革命に成功した国です。当時、世界のトップを走っていたイギリスがその技術力を見せつけました。日本が初めて出展したのは、まだ江戸時代だった1867年のパリ万博ですが、江戸幕府とは別に、薩摩藩も「薩摩琉球国」として出展していました。1889年のパリ万博ではエッフェル塔が建設され、開催国にとって、自国がいかに進んでいるかを示す場になっていきました。アジアで初めて開かれた1970年の大阪万博も同様です。第二次世界大戦に敗れて荒廃した日本が復興し、経済成長を続ける姿を世界にアピールする場と位置づけられました。

 しかし、それ以降、大規模な万博はしばらく途絶えます。世界的な不景気や環境問題への意識の高まりなどにより、大型開発を伴う万博が敬遠されるようになったためです。そこで、BIEは1994年、「万博は現代社会の要請に応える今日的なテーマを有すること」と決議し、課題解決の場へと転換しました。

 日本での大規模な万博は、1970年の大阪万博、2005年の愛知万博に続いて、2025年の大阪が3回目ということになります。そのテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」です。人工知能(AI)や仮想現実(VR)などの最先端技術を一堂に集め、世界に医療、健康、スポーツ、娯楽、ビジネスなどの未来像を示すことになっています。

 なお、1975〜76年の「沖縄国際海洋博覧会」、1985年の茨城・筑波研究学園都市での「国際科学技術博覧会」、1990年の大阪・鶴見緑地での「国際花と緑の博覧会」は、特定の分野に絞った小規模なものなので、大阪万博や愛知万博と同格とはいえません。

ページトップ このページTopへ