受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

  • Top
  • 読み物/教養
  • 21年4月号 [入試に出る時事問題]これだけは知っておこう! さぴあニュースバンク

さぴあニュースバンク

さぴあニュースバンク 2021年2月

1 月曜日 国際 ミャンマーの軍隊が、アウンサンスーチー国家顧問らを拘束して政権を奪った。 もっと詳しく参照
1 水曜日 経済 イギリスは日本など太平洋を取り巻く11か国が加盟する環太平洋パートナーシップ協定(TPP11)への加盟を正式に申請した。
3 水曜日 科学 近年では2月4日のことが多かった立春が、今年は1897年以来124年ぶりに2月3日となった。立春は「二十四節気」の一つで、地球が軌道上の特定の位置にきたことを意味する。しかし、地球が太陽の周りを回る周期は365日ちょうどではないため、うるう年を設けて日付と季節がずれないよう調整しているが、それでもずれは完全にはなくならない。2021年は地球が立春の位置を通過する瞬間が、日本時間で2月3日23時59分だったため、2月3日が立春になった。
3 水曜日 スポーツ 東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(元首相)が、日本オリンピック委員会(JOC)の評議員会で、「女性が多い理事会は時間がかかる。発言時間をある程度規制しないとなかなか終わらない」などと発言。これが女性差別ではないかとされ、国内外から批判された。森会長は翌日、謝罪して発言を取り消したが、批判は収まらず、2月12日に辞任することになった。
10 水曜日 科学 この日の未明(日本時間)、アラブ首長国連邦(UAE)の探査機「HOPE」が火星を回る軌道に入ることに成功した。この日の夜には中華人民共和国(中国)の探査機「天問1号」も火星を回る軌道に入ることに成功した。 もっと詳しく参照
13 土曜日 気象・災害 この日の午後11時7分に福島県沖を震源とする地震があり、宮城県蔵王町、福島県国見町・相馬市・新地町で最大震度6強を観測した。地震の規模を示すマグニチュードは7.3と推定される。気象庁は2011年3月11日に東日本大震災を引き起こした巨大地震の余震と考えられるとしている。震源が約55キロと深かったため、大きな津波はなかったが、東北地方と関東地方で一時は90万戸以上が停電した。また、東北新幹線は一部区間が23日まで運休した。
13 土曜日 政治 2月3日に成立した、改正された「新型インフルエンザ等対策特別措置法」や改正感染症法などが施行された。これにより、休業や営業時間短縮を命令しても従わない飲食店や、入院を拒否する感染者からは、行政罰として「過料」という罰金のようなものを徴収できることになった。しかし、国民の人権の重大な制約につながる内容が含まれ、かえって感染を広げるおそれもあるという批判もある。
17 水曜日 社会 約4万人の医療従事者を対象とした、新型コロナウイルス感染症のワクチンの先行接種がこの日から始まった。
18 木曜日 科学 この日の午後3時55分(アメリカ東部時間)、アメリカ航空宇宙局(NASA)の無人探査車「パーシビアランス(忍耐という意味)」が火星への着陸に成功した。 もっと詳しく参照
18 木曜日 スポーツ 東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の新しい会長に、東京オリンピック・パラリンピック担当大臣を務めていた橋本聖子氏が就任した。橋本氏はスピードスケートで冬季オリンピックに4回、自転車競技で夏季オリンピックに3回出場した実績がある。
19 金曜日 環境 アメリカが地球温暖化対策のための国際ルールであるパリ協定に正式に復帰した。ドナルド・トランプ前大統領は、パリ協定はアメリカ経済に悪い影響を与えるなどとして2019年11月4日に国連に離脱を通告。1年後の2020年11月4日に離脱が成立していた。しかし、2021年1月20日に就任したジョー・バイデン大統領はその初日に復帰を決め、そう通告したため、30日が経過したこの日に復帰が認められた。
22 月曜日 社会 2020年に生まれた子どもの数(日本にいる外国人や海外にいる日本人も含む)は前年に比べて2.9%減り、87万2683人と過去最少になったことが、厚生労働省が発表した人口動態統計速報で明らかになった。また、2020年に死亡した人の数(日本にいる外国人や海外にいる日本人も含む)は前年に比べて0.7%少ない138万4544人で、11年ぶりに減少したこともわかった。
28 日曜日 スポーツ この日に行われた、びわ湖毎日マラソンで、鈴木健吾選手が2時間4分56秒という日本新記録を作り、優勝した。

軍隊が政権を奪うミャンマーでクーデター

 2月1日午前8時30分ごろ(現地時間)、ミャンマーの軍隊は保有するテレビ局の放送を通じ、「国家権力を掌握した」と宣言しました。政権を担っていた与党の国民民主連盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー国家顧問(大統領や議会にアドバイスをする役職。事実上の首脳)やウィンミン大統領らは軍隊に身柄を拘束されました。

 これは軍隊によるクーデターといえます。クーデターとは、ある程度の権力を持ってはいても、主流派にはなれずにいる勢力が、主流派を排除して自分たちが全面的な権力を握るために、非合法的に武力を行使することです。

 ミャンマーはかつてイギリスの植民地でした。第二次世界大戦中、ビルマ(当時の国名。1989年にミャンマーに変更)に侵攻した日本軍は、ビルマ独立義勇軍と共にイギリスと戦い、ビルマを占領。この独立義勇軍を率いていたのがアウンサン将軍でした。その娘として1945年に生まれたのがアウンサンスーチー国家顧問ですが、父親は1947年に暗殺されてしまいました。

 その直後の1948年、ビルマは独立を果たします。しかし、ビルマでは少数民族などとの戦いのなかで軍隊が強い力を持つようになり、1962年にはクーデターによって政権を握るに至りました。1988年には民主化運動が盛り上がったため、軍事政権は総選挙の実施を約束。これを受けて、アウンサンスーチー氏はNLDを結成したのですが、軍事政権は翌年から同氏を自宅軟禁し始めました。そうした状況下でも継続して民主化を訴えてきたアウンサンスーチー氏は、1991年にノーベル平和賞を受賞しています。

 その後、軍事政権は民間人が政治を行う体制への改革を図り、アウンサンスーチー氏も解放されました。2015年にはNLDが総選挙で勝利し、翌2016年にはNLDによる政権が発足。しかし、軍隊は完全に権力を手放したわけではありませんでした。憲法によれば、議会のうち一定の議席は軍隊が指名した議員に割り当てられるようになっているのです。このため、NLDは憲法改正をしようとしていたのですが、軍隊はそれが実現すると権力を失うことになると恐れ、今回のクーデターを起こしたとされています。それ以来、ミャンマー国内では軍隊に対する抗議デモが全土で続いているほか、国際社会も非難の声を強めています。

UAEと中国の探査機も到着アメリカの探査機が火星に着陸

 アメリカ航空宇宙局(NASA)の無人探査車「パーシビアランス(忍耐という意味)」が2月18日午後3時55分(アメリカ東部時間)、火星への着陸に成功しました。2020年7月30日午前7時50分に、「アトラスV(ファイブ)」というロケットによって打ち上げられた「パーシビアランス」が今回、着陸したのは火星の赤道よりやや北にある「ジェゼロクレーター」です。直径は約50キロで、35億年ほど前は湖だったとされます。その内部には水の流れによってできたとみられる三角州のような地形があるため、「パーシビアランス」は移動しながらそのような場所の岩石や土を分析して、生命の痕跡を探すことになっています。採取したサンプルは、2020年代後半にもアメリカとヨーロッパ諸国の共同プロジェクトで打ち上げられる別の探査機により、2030年代初めに地球に持ち帰られる予定です。

 この2月、「パーシビアランス」以外にも火星に到着した探査機があります。10日未明(日本時間)には、2020年7月20日午前6時58分に鹿児島県の種子島宇宙センターから、日本のH2Aロケット42号機で打ち上げられたアラブ首長国連邦(UAE)の「HOPE」が、火星を回る軌道に入ることに成功。今後は火星を周回しながら大気の温度や水蒸気、ちりなどのデータを集めて、火星の天候の実態を調べることになっています。着陸の予定はありません。

 同じ10日の夜には、中華人民共和国(中国)の現地時間で2020年7月23日午後0時41分に打ち上げられた「天問1号」も火星を回る軌道に入りました。今後は火星を周回しながら観測を行うとともに、5〜6月には探査車を火星に着陸させることをめざします。

 2021年2月に探査機の火星到着が相次いだのは、2020年夏の地球と火星の位置関係が、探査機を打ち上げるのに好都合だったためです。そのような位置関係になるチャンスは約2年2か月に1回です。

 これまでの探査により、火星にはかつて水が存在したことがほぼ確実だとわかっています。水があったのなら生命が存在した可能性もあるのではないかということで、探査が活発化しているのです。

ページトップ このページTopへ