受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

さぴあインタビュー/全国版

14.5月号 さぴあインタビュー/全国版:
目次|

MAY 2014 /自由と自主を重んじる精神の下、学びへの高い志を育み、未来を切り開く力を培う/灘中学校・高等学校 校長 和田 孫博 先生/聞き手:サピックス小学部 代表 髙宮 敏郎・サピックス関西統括責任者 溝端 宏光 ・サピックス関西業務推進マネージャー 梅田 一弘


 関西最難関の進学校、灘中学校・高等学校は、1927年、教育者で柔道家の嘉納治五郎氏を顧問として創立されました。以来、自由で伸び伸びとした校風の下、質の高い教育を通して、毎年、最難関の大学・学部に数多くの卒業生たちを送り出しています。その教育の根幹を成すのは、入学から卒業までの6年間を同じ担任団で指導する一貫教育体制です。同校の教育の特色について校長の和田孫博先生に伺いました。

ページトップ このページTopへ