受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

さっぴーの社会科見学に行こう!

16.6月号 さっぴーの社会科見学に行こう!:
|4

見学を終えて…

女の子 「箱根関所は、本当に芦ノ湖のすぐそばなのね。風も気持ちいいし、昔の建物をぐるりと見て回るのは楽しかったわ」
男の子 「いろいろな武器が目立つように置いてあったりして、さすがは『天下の関所』って感じだよね。でも、建物自体は天井も低くて、やっぱり昔の人は小柄だったんだって、あらためて思った」
さっぴー 「箱根の関所跡は歴史的価値が高いし、もともと国の史跡に指定されていたんだ。普通なら史跡の上に新しい建物は造らないものだけど、箱根関所の場合は、幕末の改修工事のときの図面が1983年に発見されて、入念な発掘調査の後、特別にその図面どおりの建物が造られたんだよ」
女の子 「ガイドさんが、並べてある武器や調度品も、リアルな複製ばかりって言っていたわ。逆に人形は、当時の役人の体形や着物の柄が明らかになっていないから、あえてシルエット風にしたんだって」
男の子 「展示物もいろいろ凝っていたよね。しかし、昔の人はよくこんな山を越えて旅をしたと思うな。道もがたがたで歩きづらかっただろうし」
さっぴー 「体力では現代人は負けちゃいそうだね。箱根関所の周辺には、今でも江戸時代の石畳や杉並木が残っているんだ。帰る前にそちらにも足を延ばしてみようか」
男の子女の子 「賛成!」
付設展示場旧吉田屋酒店

関所にまつわる歴史資料を展示

 江戸口千人溜から続く小道を進むと、付属施設の箱根関所資料館があるんだ。ここでは13のテーマを設けて、箱根関所の歴史をわかりやすく解説。本物の通行手形はもちろん、貴重な資料をたくさん並べているほか、箱根関所の発掘調査の映像も流しているんだ。また、関所破りの記録や、象が将軍に会うために関所を通った話など、興味深いエピソードもたっぷり紹介。関所にまつわる細かい知識も得られるので、ぜひ立ち寄ってみて。

入り口では足軽の青年の人形がお出迎え

‌大名行列のミニチュアなども飾られているよ

INFORMATION

箱根関所

地図

●開館期間
 年中無休

●開館時間
 9:00~17:00(入場は16:30まで)
 ※‌冬季(12月1日~2月末日)は9:00~16:30
(入場は16:00まで)

●料金
 大人500円、小人(小学生)250円
 (箱根関所資料館共通券)
 ※‌土・日曜、祝日は小・中学生無料。65歳以上、団体などの割引あり

●所在地
神奈川県足柄下郡箱根町箱根1

●TEL
0460-83-6635

HP:http://www.hakonesekisyo.jp

交通:‌‌‌‌‌‌‌JR・小田急ほか「小田原」駅より箱根町行きバスで55分、箱根関所跡下車、徒歩2分
‌箱根登山鉄道「箱根湯本」駅より箱根町行きバス40分、箱根関所跡下車、徒歩2分

16.6月号 さっぴーの社会科見学に行こう!:
|4

ページトップ このページTopへ