受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

ラ・サール中学校

2017年11月4日(土)

行動の指針となる 「ラ・サール生のつとめ」

 カトリック教育修道会「ラ・サール会」によって1950年に高等学校が、1956年に中学校が開校した鹿児島のラ・サール学園。毎年、東大や医学部に多数の合格者を輩出する進学校として知られており、全国から入学者が集まるため、約6割の生徒が寮や下宿での生活を送っています。

 東京・代々木のSAPIX国際教育センターで開催された説明会は、学校生活を紹介するDVDの上映からスタート。入学式や新入生が絆を深める校外研修のほか、学ランやはかま姿の応援合戦が迫力の体育祭といった行事の模様が映し出されました。

 続いて、副校長の谷口哲生先生が登壇し、「キリスト教の広く豊かな隣人愛の精神を養う」「新時代の人間として世界への広く正しい認識を培う」「心と体と頭の調和の取れた、社会に役立つ人間を育てる」「一人ひとりの能力を最大限に伸ばす」という四つの教育方針を紹介。そのうえで、「本校の生徒手帳には、あいさつや身だしなみを整えることの大切さと、周囲の人に対して謙虚に振る舞うことなど、日々の生活における心構えをまとめた『ラ・サール生のつとめ』が記されています。生徒たちはこれを実践し、主体的に人間力を高めようと心がけています」と話しました。

きめ細かい指導を徹底 自立心が育まれる寮での生活

 学習指導については、「授業の効果を上げることを大切にしている」とのことで、6年間一貫の特色あるカリキュラムを組むことによって、無駄のない効果的な授業を展開し、高2で全課程を学び終える先取り学習を行っています。併せて、毎日3~4時間の予習・復習を徹底するよう指導するとともに、定期考査のほか始業前などに確認テストも実施。一定の成績に達しなかった生徒には、補習や追試で早めのフォローを行うなど、きめ細かく指導しています。

 英語教育にも力を入れていて、ネイティブ教員による「口語英語」では、1クラスを2分割して少人数制授業を展開。また、高2・3の総合的な学習である「聖書史」においても、フィリピンから赴任したブラザーが英語で授業を行っています。一方、国際理解教育については、高校生の希望者を対象に、アメリカ・サンフランシスコでのホームステイや、イギリス・イートン校のサマースクールといったプログラムを用意し、生徒の視野を広げています。

 学生寮についても説明がありました。ここで生活する中学生は、323名(2017年4月時点)だそうです。生活エリアは中高別々で、部屋割りについては、中学生は中1から中3までが一緒に入る8人部屋、高1・2は個室となっています。高3になると受験勉強に集中するために退寮し、下宿に移ります。また、中高の各フロアに自習室が設けられているのも特徴で、寮生は1日3時間、そこで自習する決まりとなっています。谷口先生は「学生寮での生活を通じて、自立心や協調性、コミュニケーション力が磨かれます。また、離れて暮らすからこそ、本当の意味で親のありがたみを知ることもできるようです」と話しました。ちなみに、2018年度入試については、1月27日に本校のみで行われます。

イメージ写真
鹿児島湾(錦江湾)に近く、桜島を望む、広々としたキャンパスが魅力。中高約1200名の生徒のうち、1割が関東出身者です。クラブ・同好会活動も盛んで、高校将棋部や囲碁部、ディベート部は全国大会に出場しています

http://www.lasalle.ed.jp/ 別ウィンドウが開きます。

ページトップ このページTopへ