受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

日本大学藤沢中学校

2018年10月10日(水)

大学と施設を共有する恵まれた環境の中で、生徒一人ひとりの夢を実現

 日本大学藤沢中学校は、日本大学藤沢高校の併設中学として2009年4月に開校しました。日本大学生物資源科学部に隣接する同校では、大学の施設を利用しての農場実習、畜産・機械実習、食品加工実習などのフィールドワークを用意しており、生徒は恵まれた教育環境の下、伸び伸びと学んでいます。

 冒頭のあいさつで校長の楠本文雄先生は、「本校は2019年で開校10周年となり、教育においても充実期を迎えています」と述べました。「健康・有為・品格」を校訓に掲げる同校は、心身共にバランスの取れた、豊かな人間性と国際的な素養を備えた人材の育成をめざし、生徒たちが将来の社会生活の基盤をつくる思春期の重要な時期に、自分らしく生活できる環境を整えています。また、「他者の役に立てるようになるには、自分が安定していなければならない」という考えから、「周囲と共生できる感覚」を養うため、身だしなみやことば遣い、立ち居振る舞いについてもきちんと指導しています。楠本先生は、「これらの三つの校訓を柱とした教育活動の下、基礎学力を充実させるとともに、行事や部活動など教科以外のさまざまなプログラムを通して、生きていくための力を養成しています」と説明しました。

 続いて、中学教頭の渡辺博先生が、クラス編成や進学状況などについて説明しました。まず、中学から入学した一貫生は、高校に進学する際、全員が特進選抜試験を受験することで中だるみを防いでいます。その試験での成績上位者は、日本大学の医学部・生物資源科学部獣医学科といった難関学部・学科や、国公立大学・難関私立大学をめざす「特進クラス」で学ぶことになります。特進クラスは3クラスで、そのうち1クラスは一貫生のみで編成されます。そのクラスに入るのは成績上位者40名程度で、そのほかの一貫生は高校からの入学生と混合クラスで学びます。そして、高2での文理選択では、特進クラスの生徒は、国公立大学への進学を目標とする「文理特進クラス」か、難関私立大学向けの「文系特進クラス」「理系特進クラス」かのいずれかに分かれます。

 国際理解教育としては、中2~高1で少人数制の英会話の授業を実施しているほか、希望者を対象としたオーストラリア語学研修(中3~高2)、カナダ修学旅行(高2)など、生きた英語に触れる機会も設けています。また、英語と数学では習熟度別授業を展開し、なかでも数学は1クラスを三つに分けての少人数制授業でていねいに指導しています。先取り教育は国語・数学・英語の3教科で実施し、高2までに6年間の内容を学び終えます。高3では復習や問題演習に集中できる、難関大学入試に対応したカリキュラムです。

 日本大学への推薦は、日本大学の付属高校に通う全生徒が受験する「基礎学力到達度テスト」の成績または高校3年間の学業成績および面接・小論文などの総合判定によって決定されます。2018年3月の卒業生の日本大学への進学率は46.6%で、なかでも生物資源科学部獣医学科への進学者数は、日大の付属校の中でもトップだったそうです。

イメージ写真
隣接する日本大学生物資源科学部の施設を利用しての農作業と食品加工実習といった、体験学習を展開しているのも同校の大きな特色のひとつです

https://www.fujisawa.hs.nihon-u.ac.jp/ 別ウィンドウが開きます。

ページトップ このページTopへ