受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

広尾学園中学校

2019年5月18日(土)

問題解決能力やコミュニケーション力を育み、グローバル社会で活躍する人材を養成

 2007年の校名変更と共学化以降、カリキュラムの改編や校舎の新設などを推し進め、志願者数を飛躍的に伸ばしている広尾学園。好調な大学進学実績もさることながら、生徒一人ひとりの将来を見据えたきめの細かい教育プログラムに注目が集まっています。この日の説明会は、午前と午後の2回にわたって行われ、同時に開催された理科と英語の体験授業(午前は小学6年生、午後は小学5年生対象)にも、たくさんの子どもたちが集まりました。

 最初にあいさつに立った理事長の池田富一先生は、教育理念である「自律と共生」について説明し、その理念の下、自分で考えて課題と向き合い、行動に移せる「問題解決能力」や「コミュニケーション力」を伸ばしていることについて紹介しました。教育理念を具現化した例として挙げたのは、中学入学直後に開催するスコレー合宿です。これは長野県の学園施設を利用して2泊3日の日程で行うもので、生徒一人ひとりが将来の夢を語ることから始まり、自分の目標やクラスの目標を決定していきます。説明会では、その様子を収めた映像も上映され、ディスカッションを通して表現力を育むとともに、仲間との連帯感を養う大切な場となっていることが伝わってきました。

 続いて、コース編成に話題が移りました。同校では、国公立大学や難関私立大学をめざす「本科コース」、医学部や難関大学の理工系学部への進学を目標にする「医進・サイエンスコース」、世界で活躍する国際人を育む「インターナショナルコース」の3コースを設置しています。このうち、「インターナショナルコース」は、基本的な授業をすべて英語で行う「アドバンスト」と、基礎から英語力を伸ばす「スタンダード」の二つのグループに分かれています。いずれのコースも、「問題解決能力やコミュニケーション力」「グローバルな視野」「高度な語学力」「最先端のICTスキル」を養うことを基本にして、カリキュラムが組まれています。

 特徴的な授業も多く、たとえば、すべてのコースが週に1回以上、大学の研究室並みの最新設備が整った「サイエンスラボ」で実験授業を行うなどして、科学に関する生徒の興味・関心を広げています。「医進・サイエンスコース」の高校生は、大学病院で行われる手術前カンファレンスや手術の立会いができる病理診断にも参加します。また、「インターナショナルコース」の生徒を中心に、海外大学の見学ツアーを実施。アメリカの大学進学希望者を対象に課される共通試験であるSATにも挑戦させています。さらに、英語のスピーチコンテストに積極的に参加する生徒も多く、たくさんの賞を受賞しているそうです。

 次に、副校長の金子先生が学習プログラムについて説明しました。まず、一人ひとりの学習進度に対応して毎朝実施される小テスト「P.L.T.プログラム」や、授業の質を高めるために教員研修に力を入れていることなどを紹介。また、キャリア教育については、中1段階より年間を通して、「本物に触れる体験学習」を数多く用意し、DNA鑑定講座や司法裁判講座など、生徒が現場で体験できる講座を行っていることが伝えられました。さらに、こうしたキャリアプログラムの締めくくりとして、毎年3月に行われるのが「スーパーアカデミア」です。これは第一線で活躍するさまざまな分野の専門家が自身の研究について講義し、それを生徒が聴講することで最先端の研究に触れるというもの。このような「本物」と出合い、生徒は大きな刺激を受けているそうです。

 説明会終了後には校内見学が実施され、同校の充実した設備を確認することができました。

イメージ写真英語の体験授業では、電子黒板に投影された画像を見ながら発音の練習をするなど、小学生たちは楽しみながら英語に触れることができました

www.hiroogakuen.ed.jp 別ウィンドウが開きます。

ページトップ このページTopへ