受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

栄光学園中学校

2019年7月5日(金)

豊かな自然環境と光あふれる新校舎で学ぶことのおもしろさを体感

 栄光学園はカトリック修道会のイエズス会を運営母体とし、1947年に中高一貫の男子校として設立されました。創立70周年を迎えた2017年には、1階が鉄筋コンクリート造り、2階が木造というハイブリッド構造による新校舎が完成しました。

 横浜・はまぎんホールで開催された説明会では、冒頭でサピックス教育情報センター部長の広野雅明先生が同校の入試問題を詳しく解説しました。「算数は思考力を問う問題で、国語は文章全体の内容を踏まえて答える問題が多く出されます」といった特徴を挙げ、「男子は受験直前に伸びる傾向にあるので、最後まであきらめずに、対策をしっかりと行って臨むことが大切です」と述べました。

 次に、校長の望月伸一郎先生が学校の概要について話しました。豊かな自然に囲まれた同校では、五感を使った「心と体で考える」学習を重視し、これからの時代で求められる「観察力」「思考力」「結果を導き出す力」などを育てる授業を実践しています。グローバルに活躍する人材の例として、同校の卒業生で、世界初となるブラックホールの撮影に成功した本間希樹氏の在校時のエピソードに触れながら、「生徒には学ぶことのおもしろさをぜひ味わってほしいと願っています。その経験は、大学卒業後の実社会で必ず生かされるでしょう」と述べました。

 また、運営母体であるイエズス会のネットワークを生かした海外の生徒との異文化交流についても紹介。代表生徒を招待し合って授業やイベントを実施したり、アメリカのボストン・カレッジを訪問して研修を行ったりと、国境を越えて友情を育み、知恵を養うグローバル教育にも力を注いでいることを説明しました。

 望月先生は最後に、「栄光学園が大切にしていることは、自然に開かれ、人に開かれた、真に自立した人間を育てることです」と結びました。

徹底した基礎トレーニングで「英語で自分の考えを伝える力」を養う

 続いて登壇した英語科の林真理子先生は、従来の日本の英語教育の問題点として、「単語の暗記や和訳のテクニックに特化した学習を行うことによって、外国語を学ぶおもしろさを体感できなくなっている」と指摘。同校では中高6年間の英語教育を通して、「英語を使って自分の考えを伝える力」の育成をめざしています。そのため、中学の段階では基礎的なトレーニングを主眼に置き、人前で臆せず、英語で自分の考えを伝える姿勢を育んでいるそうです。林先生は、「英語は、体育や音楽などと同様に、トレーニングすることで上達する〝実技科目〟です」と述べ、効果的なカリキュラムの一つとして「クイック・レスポンス」(日本語を瞬時に適切な英語に変換してことばにする学習手法)を挙げました。実際の授業では、生徒がペアになり、1人が四字熟語の内容を英語で説明すると、もう1人がそれに当てはまる四字熟語を答える、といった方法で「クイック・レスポンス」を実践しているそうです。

 最後に、数学科の古賀慎二先生が栄光学園の特色について説明。デジタル機器が、今の子どもたちの想定力や段取りを組む力を低下させているという現状を伝え、「本校では、生徒たちにあえて『不便』や『不自由』を経験させ、失敗から学ぶことを大事にしています。中高6年間かけて少しずつ手を離し、卒業時にはしっかりと自立できるよう育てていきます」と力強く述べました。

イメージ写真 2017年に完成した新校舎の設計監修は、同校卒業生の隈研吾氏が担当。南棟のグラウンド側は全面ガラス張りで、目の前には広大なグラウンドと豊かな緑が広がります

ekh.jp 別ウィンドウが開きます。

ページトップ このページTopへ