受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

東洋大学京北中学校

2019年10月19日(土)

哲学教育・国際教育・キャリア教育を柱に、本当の教養を身につけた国際人を育成

 東洋大学京北中学高等学校の前身は、明治期の哲学者・井上円了が1899年に設立した京北尋常中学校です。同じく井上円了が開学した東洋大学と2011年に法人合併し、東洋大学の付属校となりました。長く男子校でしたが、2015年に共学化し、同じ年に文京区白山の新キャンパスに地上4階・地下2階の新校舎が完成しました。

 校長の石坂康倫先生は、「諸学の基礎は哲学にあり」という建学の精神に触れ、「哲学を基盤とした教育を実践することによって、真の教養と将来を切り開く力を兼ね備えた生徒の育成をめざしています」と述べました。同校では哲学を「生き方を追究し、真理を探究する学問」として位置づけ、論理的思考力を高める教育を重視しています。また、多様化する国際社会で必要とされる、より広く世界を見据えた思考力を養うため、「本当の教養を身につけた国際人を育成する」ことも目標に掲げています。そのために、高2までは文系・理系のいずれにも偏らない共通カリキュラムで学習を進め、幅広く奥深い教養を身につけます。

 そして、豊かな心と思いやりを持つ本当の国際人となるための心がけとして、「正礼し 正聴し 尽瘁(じんすい)すれば 不可無く良生なり」ということばを日常生活で実践するよう指導しているそうです。このことばには「礼儀を正し、人の話を真剣に聴き、労苦を顧みず物事に一生懸命に取り組めば、不可能だと思われることも可能になり、より良く生きることができる」という意味が込められています。また、石坂先生は「『できない』ということばを口にしてはいけない。なぜなら、そのことばを口にした瞬間に、できない理由を探し始めるからである。逆に、『できる』ということばを口にするとよい。なぜなら、そのことばを口にした瞬間からできるための工夫、そして努力が始まるからである。どちらを選ぶかで人生は大きく変わってくる」ということばを生徒たちに伝えているとのことです。石坂先生は「東洋大学の付属校として新たにスタートしてから5年目を迎え、大学で学びたいことや将来への夢など、生徒たちからも希望に満ちた意欲的なことばが聞こえてくるようになり、『この学校に来てよかった。学校が楽しい』という生徒が増えました。これからも、より良い学校づくりをめざしていきます」と結びました。

 続いて、教育の3本柱「哲学教育」「国際教育」「キャリア教育」の具体的な内容について、広報部長の井出秀己先生が説明しました。まず、哲学教育では「より良く生きる」をテーマに掲げています。中学では必修科目として週1回の「哲学」という対話型の授業を設け、身近な事柄について問いを立て、生徒同士が議論を深めながら、多様な価値観があることを学んでいるそうです。

 一方、国際教育については、フレッシュマンイングリッシュキャンプ(中1)、ブーストアップイングリッシュキャンプ(中2)、カナダ修学旅行(中3)といった全員参加型のプログラムを実施しています。また、中3までに英検®準2級の取得を目標としており、実践的な英語力を磨く機会として、東洋大学で学ぶ留学生と英会話をするLet’s Chat in English!(中1~高3)、セブ島英語研修(中1~高2)、オレゴンサマープログラム(高1・2)など、希望者が参加できるプログラムを数多く用意しています。

 そして、三つ目のキャリア教育については、東洋大学への推薦枠を160名程度確保する一方で、他大学受験も奨励しています。中高一貫生については、高校からの入学生とは別のクラスに編成され、高1から難関国公立大学をめざすクラスを設置しています。高2からは演習問題を繰り返して応用力を定着させ、大学受験に向けて実戦的な学力を養成します。

 学力向上のための学習支援の充実ぶりについても説明がありました。まず、英語と数学では習熟度別授業を行っています。また、英語・数学・国語は日々の到達度テストを通して学力状況を分析し、反復学習で基礎学力の定着を図る学力定着システム“Cycle4”を取り入れています。基礎学力の定着が不十分な生徒には、放課後、ASP(After School Program)を行い、苦手分野の克服をサポートします。目標に向けて自分で学習計画を立て、進捗状況を記録する「進路手帳」で学習意欲を高めているのも特徴です。さらに、英検®の対策指導・夏期講習・冬期講習なども開講されているとのことです。

※英検®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

イメージ写真 意欲的な生徒を支えているのが、各フロアに設置されたスタディデッキなどの学習スペース。また、自習室には大学生チューターが常駐しています

www.toyo.ac.jp/toyodaikeihoku/jh 別ウィンドウが開きます。

ページトップ このページTopへ