受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

函館ラ・サール中学校

2019年10月26日(土)

大部屋での寮生活を通して、社会で求められる“たくましく柔軟な人間関係力”を養う

 函館の閑静な住宅街に位置する函館ラ・サール中学校・高等学校は、ラ・サール修道会によって設立されたカトリック・ミッションスクールです。1960年には高校が、1999年には中学校が開校し、全国から優秀な男子生徒が集まっています。

 東京・代々木のSAPIX代々木ホールで行われた説明会には、常務理事(前副校長)の井上治先生が登壇。同校の特徴として「人間教育」「全国性」「寮生活」の三つを挙げました。

 まず「人間教育」については、「教科学習以外にどのような経験ができるかが重要」とのこと。井上先生は、「本校は部活が盛んでレギュラーになるのが難しいクラブが多いですが、それはバスケットボールとバレーボールが同時に2試合できる大きな体育館が二つ、野球とサッカーとラグビーが同時に練習できる広大なグランドを持っているからとも言えます。そして、寮はそのグランドの一角にあるのです」と、恵まれた環境をアピールしました。また、カトリックのミッションスクールとして人間教育を重視し、6年を通じて毎週1時間「倫理宗教」を必修としています。同校の卒業生でもある井上先生は、「さまざまなテーマでディスカッションを行い、キリスト教とその精神を学ぶことが自身の素養となり、後に役立つのです」と語りました。さらに、同校の教育方針について、「成績や素行に多少問題のある生徒がいたとしても、安易に転学などを勧めることはせず、できるだけやり直しのチャンスを与えてサポートしています」と説明しました。

 二つ目の「全国性」は、遠隔地出身の生徒の多さを示しています。寮制学校であっても、周辺県の出身者が多い学校も少なくありませんが、同校の場合は、入学者の半数以上が東京・大阪・名古屋の出身です。実際、PTA関東支部の会員数は約200人に上るそうです。井上先生は「多様性に満ちた函館ラ・サールの環境で得たものは大きかった」という卒業生の声を紹介し、「多感な中学生の年代に、さまざまな地域から集まった生徒がもたらす多様な文化に触れ合うことは、たいへん貴重な体験です」と述べました。

 そして、三つ目の「寮生活」ですが、全寮制の学校を除くと寮生が占める割合が20~30%という学校が多いなかで、同校では全校生徒の60~70%が寮生活を送っています。さらに大部屋を採用している学校は、全国で同校だけ。中高一貫生は高1から4人部屋に移りますが、中学生は50人が一つの部屋で集団生活を送ります。「プライバシーのない大部屋はストレスと不自由さを感じる空間かもしれません。しかし、人間関係を限定できないからこそ、コミュニケーション力が飛躍的に高まり、今の子どもたちに最も欠けている『人間関係力』を養うことができるのです」と強調しました。

 続いて、2020年度以降の大学入試改革にも触れ、「これからは学力だけでなく、発想力も求められます。課題解決に向けて協働するアクティブ・ラーニングに取り組む学校が増えていますが、大部屋での寮生活こそ、座学では実現できない真のアクティブ・ラーニングだといえるでしょう」と述べました。

 2020年度入試に目立った変更点はなく、第1次試験が1月8日午前に、第2次試験が2月3日午前に行われます。追加合格の対象は、同校を第一志望とする受験生で、第2次の追加合格は、第1次と第2次の両方を受けた受験生について、その合計点で決定するそうです。井上先生は「1月の第1次試験は腕試しの受験も多いため、平均点が高くなりますが、第一志望なら極端に高い得点は必要ありません。ぜひチャレンジしてください」と結びました。

イメージ写真函館の閑静な住宅街の一角に位置し、JR函館本線「函館」駅からはバスで30分、市電「湯の川」駅からは徒歩12分、函館空港からはバスで15分です

www.h-lasalle.ed.jp/ 別ウィンドウが開きます。

ページトップ このページTopへ