受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

東京学芸大学附属竹早中学校

2019年11月7日(木)

自律的でリベラルな校風 「大らかで自由な学び舎」

 文京区にある東京学芸大学附属竹早中学校は、1947年開設の東京第一師範学校女子部附属中学校と東京第二師範学校女子部附属中学校を前身としています。現校名に変更されたのは、1960年のことです。東京学芸大学の附属校として中等普通教育が行われる一方、教員養成の研究や理論を実証する場として、最新の研究に基づく先進的な学びが実践されています。

 東京・代々木のSAPIX代々木ホールで開催された説明会において、副校長の森顕子先生は、「本校の特色は『大らかで自由な学び舎』であることです。みずから課題を見つけて学ぶ、そんな積極的な姿勢を身につけた生徒を育てています」と語りました。

 リベラルな校風の下、学校行事では企画から運営までを生徒が行います。運動会や文化研究発表会は全校を挙げて盛り上がり、球技大会や百人一首大会など学年の親睦を深めるイベントも多彩です。5月の校外学習では、中1は長野県の菅平で自然体験やスポーツを楽しみ、中2は長野県白馬村の民宿で田植えやそば打ちに挑戦。中3の修学旅行では、班ごとの自由行動で京都・奈良を訪ねます。こうした行事を通じて伸び伸びと活動する生徒の姿をスライドで紹介した森先生は、「将来の国際社会を担う子どもたちが真理と正義を愛し、平和で文化的な社会を形成できるよう、個人の尊厳を重んじ、個性豊かで自主的精神に満ちた人間の育成をめざすことこそ、本校に受け継がれる教育精神です」と強調します。

自主性と多様性を育てる学び 幼小中の連携も密接に

 一人ひとりの「気づき」や「発見」を探究型の学びにつなげる取り組みにも力を注いでいます。中1・2は自由研究で、中3は卒業研究で、それぞれ興味を持ったテーマを掘り下げ、文化研究発表会で発表します。外部コンクールで入選するような高いレベルの研究もあるそうです。

 校舎の構造も特徴的です。国語や数学にも教科教室が設けられ、理科実験室は三つ。円卓テーブルのある「グループ室」は主に社会科で利用され、話し合いや調べ学習が進めやすい設計です。また、同じ敷地内にある幼稚園と小学校との幼小中連携による学びを推進し、とりわけ小学校とは同じ校舎の中で密な交流が行われています。

 1学年は4クラス編成で、中学からの入学生は約4割です。附属小からの進学者は附属竹早小からがほとんどで、附属大泉小の出身者は全体の約1割です。「入学当初はそれぞれの出身小学校のカラーを背負っていますが、4月のオリエンテーションや5月の校外学習で親睦を深めるので心配はいりません。また、本校には卒業生が頻繁に訪れます。『自分の弟妹、子ども、孫を入学させたい』という“リピーター”が多いのも大きな特徴です」と森先生は話します。

 最後に附属高校への連絡進学については、附属中学3校(世田谷・竹早・小金井)で合計214名(男女各107名)の枠があり、希望者全員が進学できるわけではありません。附属高校への進学を決める学力考査は中3の1月に行われ、中学の調査書と合わせて総合的に判断されます。2019年度は竹早中から72名が附属高校へ、66名が私立高校へ、21名が国公立高校へそれぞれ進学しました。

イメージ写真 東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅から徒歩12分。同じ構内に幼稚園から中学校までが並び、長期的な研究テーマの下で幼小中の連携を深めています

u-gakugei.ac.jp/~takechu/ 別ウィンドウが開きます。

ページトップ このページTopへ