受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

麻布中

試験は14時30分までの長丁場
トップクラスの受験生が難関に挑む

東京

7時30分ごろから次々に到着

学校に到着すると、SAPIXの旗と先生の温かい握手が受験生を迎えてくれます  2月1日早朝、自由闊達な校風と優れた進学実績で知られる麻布中学校・高等学校の正門をめざして、防寒服に身を固めた受験生たちが白い息を吐きながら歩いています。同校へは東京メトロ日比谷線の広尾駅から徒歩約10分。なかには東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線の麻布十番駅から15分ほどかけてやって来る受験生もいます。

 同校の入試が行われるこの日、正門が開くのは6時すぎ。それと同時に塾関係者が構内に入り、正門から校舎へと続く細長い通路に列を作ります。しかし、集合時刻が8時30分ということもあり、7時前に訪れる受験生はほとんどいません。

 受験生の姿が目につき始めるのは7時を過ぎたころから。どの受験生も緊張した面持ちで正門をくぐっていきます。7時30分ごろになると、次々に到着する受験生で通路は混雑し始めます。サピックスの先生たちは正門を入って奥のほうに整列し、受験生一人ひとりに激励のことばを掛けています。

集中力の維持がポイント

講堂に向かう受験生と保護者の方々。試験教室への移動が始まるまで、ここで待機します 「あこがれの麻布に、絶対に合格してみせる!」という固い決意を胸に、試験教室に向かう受験生たち 早めに到着した受験生と保護者の方は、学園の創設者である江原素六・初代校長の銅像の前を通り、控室として用意された講堂へと向かいます。

 8時近くになると、受験生の到着がピークを迎え、試験教室への移動が始まります。保護者の方が同行できるのは中庭前のピロティまでです。難関校の入試を前にした受験生に最後のことばを掛ける保護者の方々。なかには、「①お弁当は持った? ②携帯電話、時計、電子機器は預けた?」と大書された掲示板の前で、持ち物確認をする親子の姿も見られます。熱いエールに送られた受験生たちは中庭を通り、案内板の指示に従って校舎に入っていきます。

 一方、受験生を見送った保護者の方は試験終了まで講堂で待機できますが、試験が終わるころを見計らって再び来校しようと、いったん校門を出ていく方々も少なくありません。

 試験の開始時刻は9時。同校の入試の特徴は、他校より試験時間が長く、思考力や記述力を試す問題が多く出されることです。昼食を挟んで14時30分まで続く長い戦いが、間もなく始まろうとしています。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ