受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

栄光学園中

新校舎での学園生活を思い描いて
合格という「栄光」をめざす

神奈川

新校舎で行われる初の入試

道幅の狭い「栄光坂」。正門はこの坂を上りきった先にあります  JR大船駅から歩いて約15分、地元で「栄光坂」と呼ばれる長い坂道を上りきったところに、栄光学園中学・高等学校はあります。同校の入試日は例年2月2日。この日の早朝、神奈川屈指の男子進学校をめざす受験生と保護者の方がその坂を上っていきます。

 栄光坂に続く通りには、JR大船駅西口の歩行者デッキを進んで階段を下りれば出ることができます。その周辺に受験生の姿が目立つようになるのは、開門時刻の7時15分を過ぎたころから。7時30分ごろには坂道一帯が混雑し始めます。

 坂を上りきって正門をくぐると、待機場所である講堂へと続く急なスロープに、塾関係者の激励の列ができています。その列の背後に見えているのが、2017年3月に竣工した新校舎。この新校舎で入試が行われるのは今回が初めてです。

早く着いた受験生は講堂で待機

受験番号が320番までの受験生は、この入り口から南棟校舎に入ります  受験生の到着のピークは7時40分ごろ。集合時刻は8時15分なので、早く着いた受験生と保護者の方は、講堂で受験票や筆記具(鉛筆、消しゴム、コンパス)など持ち物の最終チェックをしたり、ノートを見直したりしながら、試験教室への案内を待ちます。

 7時50分、試験教室への入室を促すアナウンスが流れます。それを聞き、講堂から一斉に出てくる受験生たち。同校の先生方や在校生に誘導され、試験教室のある校舎へと進みます。この時刻を過ぎてから到着した受験生はそのまま校舎に向かいます。

試験教室への移動は7時50分から。降りしきる雪のなか、講堂前は受験生と保護者の方で混雑します 受験生を見送った保護者の方々は控え室となった講堂で、わが子の健闘を祈ります。8時15分になると、集合時刻を告げるブザーが構内に鳴り響き、保護者の方の表情が一段と緊張します。

 東京大学をはじめとする難関大学や医学部医学科への優れた進学実績で知られている同校は、カトリックのイエズス会を設立母体としています。しかし、宗教行事への参加は自由で、人間形成は日常の学習指導や生活指導を通じて行われます。

 そんな同校での学園生活を思い描く受験生たちは、8時30分から始まる最初の国語の試験に、集中力を高めて臨もうとしています。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ