受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

開成中

マスコミも注目する最難関の私立男子校
熱気のなかで今年も大激戦に

東京

来校は7時30分以降がお勧め

8時ごろの正門前。テレビ局などの取材クルーを含め、大勢の人が集まっています  全国的に高い知名度を誇る最難関の私立男子校・開成中学はJRなどの西日暮里駅から徒歩2分。駅を出て、左手の歩道橋を渡るとすぐにあります。同校の入試が行われる2月1日は早朝から、その歩道橋を下りた辺りに各塾の先生たちの激励の列ができています。この日の朝の風景はニュースになるのが恒例のため、テレビ局や新聞社の記者、カメラマンも校門付近で受験生の到着を待ち受けています。

西日暮里駅前の8時ごろの様子。受験生の長い列が続きます ここ数年、開門は7時ちょうど。しかし、それほど早く来校することはお勧めできません。というのも、受験生が試験会場に入場できるようになるのは、集合時刻(8時40分)の約1時間前の7時40分ごろ(今年は35分)だからです。それ以前は校門から40メートルほど入った校舎の入り口付近で待機しなければなりません。

 そこにも屋根があり、雪や雨はしのげますが、何しろ真冬の早朝です。この日も7時の東京の気温は2.2度。余裕を持って到着するにしても、7時30分ごろで十分でしょう。実際、サピックス生の多くは7時30分から8時10分までの間に到着しています。それ以降になると、他塾生の集団入場が始まるため、構内はかなり混雑します。

右手のピロティで激励

保護者の方とはここでお別れ。忘れ物などして動揺しないよう、しっかり確認しましょう 構内に入った受験生を待っているのは塾の先生たちです。サピックスの先生たちが並んでいるのは、正門から入って右手のピロティ。柱と柱の間にUの字を描くように長い列を作っており、受験生はそこで激励を受けます。

 その後、受験生は受付のある校舎へと進みます。保護者の方が付き添えるのはここまで。お弁当など忘れ物がないかしっかり確認し、最後に受験票をよく見える場所に着けて受験生を送り出します。やむを得ず携帯電話を持ち込む場合は、電源を切ってかばんの中に入れておくことになっています。

 この日は8時ごろの人身事故の影響で、JR東海道線などに遅れが発生したため、試験開始時刻を予定の9時から30分遅らせ、9時30分とする措置がとられました。もっとも、列車遅延の影響を被った受験生はほとんどいなかったため、特に校内アナウンスはなく、試験開始まで混乱することもありませんでした。受験生も動揺することなく試験に臨めたのではないでしょうか。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ