受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

慶應義塾普通部

午前は筆記、午後は面接・体育実技
名門男子校合格を誓う長い一日

神奈川

「普通部通り」を通って正門へ

「普通部通り」を試験会場へと向かう受験生と保護者の方。「4月からは、ここが通学路となりますように」  慶應義塾には普通部、中等部、湘南藤沢中等部という三つの中学校がありますが、そのうち唯一の男子校が慶應義塾普通部です。詰め襟の制服があるのもほかの2校にはない特徴で、入試日の2月1日も、入試の手伝いをする在校生たちの制服姿が構内のあちこちで目に付きます。

「落ち着いて、ふだんの力を出そうね」。温かい励ましのことばを掛けて受験生を送り出します 同校の最寄り駅は東急東横線・目黒線、横浜市営地下鉄グリーンラインの各路線が乗り入れている日吉駅。慶應義塾大学日吉キャンパスがある出口とは反対側の西口を出て、左斜め前に伸びる「普通部通り」を抜ければすぐ目の前に普通部のキャンパスがあります。駅からは徒歩約5分の近さです。

 開門時刻の7時を10分ほど過ぎると一組、また一組と、受験生と保護者の方が姿を見せます。来校のピークは7時40分を回るころで、サピックスの先生たちも、次々とやって来る受験生を笑顔で迎えて決戦の場に送り出します。

合格発表は例年どおりの3日に

正門を通って構内に入る受験生と保護者の方々。7時40分に試験教室への移動が始まるまで、体育館で待機します 正門から構内に入った受験生たちは掲示板の前まで進み、そこで在校生から注意事項が書かれたプリントを受け取ります。待機場所は左手にある体育館で、早く到着した受験生と保護者の方は指示があるまでそこで待ちます。

 7時40分、試験教室への移動開始を告げる校内放送が流れます。体育館で待機している受験生たちは保護者の方と別れ、同校の先生方や在校生の案内に従って受験番号順に試験教室に向かいます。これより後に到着した受験生は直接、試験教室に入ります。

 集合時刻は8時20分ですが、8時を過ぎるころにはほとんどの受験生が教室に入り、試験が始まるのを静かに待っています。この日は4科の筆記試験に加えて、午後は面接(受験生のみ)と体育実技も行われるため、すべてが終わって受験生が順次出てくるのは14時30分ごろから15時30分ごろにかけて。保護者の方にとっては長い時間になりそうです。

 合格発表は、2017年は2月2日の夜に行われましたが、今年はまた例年どおりの3日に戻ります。福澤諭吉の建学の精神を継承する優秀な人材を世に送り出してきた男子名門校・慶應義塾普通部。その伝統を担う一員をめざすハイレベルな戦いが、今まさに始まろうとしています。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ