受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

駒場東邦中

都内屈指の男子難関校突破をめざし
約4時間にわたって全力を出し切る

東京

並木道で激励を受けて構内へ

控室の食堂では飲食が可能。自動販売機で飲み物を買う受験生の姿も見られます  京王井の頭線の駒場東大前駅と東急田園都市線の池尻大橋駅から、ともに徒歩約10分。閑静な住宅街でありながら、国公私立の中学・高校がいくつも立地する文教地区に、都内屈指の男子難関校である駒場東邦中学・高等学校はあります。

 同校の入試は例年2月1日に実施されます。この日の集合時刻は8時ですが、早めに来校する受験生のために7時に開門。塾の先生たちは開門前から、正門へと続く並木道に整列し、受験生の到着を待ちます。

 最初の1人が顔を見せるのはちょうど7時ごろです。塾の先生から激励を受けた受験生は真っすぐ進んで正門を入り、構内へ。来校する受験生はその後、少しずつ増え始め、7時30分を過ぎると並木道に列ができるほどになります。そこから7時45分ごろまでが到着のピークといえそうです。

 構内には案内係を務める在校生が随所に待機しており、元気に誘導してくれるため、迷うことはありません。トイレなどの場所がわからないときはすぐに尋ねるとよいでしょう。

快適に過ごせる控室は3か所に

控室の一つとなっている講堂。誘導が始まるまで、受験生は保護者の方と一緒に待機します  早めに到着した受験生と保護者の方は控室で待つことができます。控室に充てられているのは正門を入った先の右手にある講堂と、正面の食堂、そして2階の体育館。いずれも暖房が効いているので、保護者の方と一緒に快適に過ごすことが可能です。

放送の指示に従って試験教室に向かう受験生。同校の先生方が受験票に貼られたシールの色を確認して誘導します 受験生たちはその中で、保護者の方と持ち物の確認をしたり、ノートやテキストを広げ、気になる箇所の最終チェックを行ったりしています。また、食堂には自動販売機が設置されており、飲み物で体を温めることもできます。

 7時50分。集合時刻の10分前に校内放送が流れると、いよいよ試験教室に移動開始です。一斉に立ち上がった受験生は、放送の指示に従って受験票に貼られたシールの色を確認し、指定された試験教室に向かいます。

 試験は8時30分に国語から始まり、社会、算数、理科と続きます。12時35分までの約4時間、受験生は全力を尽くします。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ