受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

城北中

多くの在校生のサポートを得て
熱い思いを胸に第2回入試に挑む

東京

入室開始まで講堂か食堂で待機

7時30分より早く到着した受験生は、保護者控室の食堂で待機することができます  2月2日、城北中学の第2回入試の日は前夜からあいにくの雪。それでも朝6時に、入試は予定どおり実施すると学校HPなどで告知されたため、7時すぎには受験生が正門前に姿を現します。雪のため、受験生の動きは例年より10〜20分早まっているようです。

試験会場は高校校舎の教室です。ほとんどの受験生は、8時10分には入室を終えています 同校までは、東武東上線の上板橋駅から徒歩10分、東京メトロ有楽町線・副都心線・西武有楽町線の小竹向原駅から徒歩20分。ここ数年、小竹向原駅の利用者が増えているそうですが、雪の降るこの日は、上板橋駅から来校する受験生が多かったようです。学校周辺では在校生が要所要所で道案内をしているので、迷う心配はありません。

 正門を入ると、塾の先生たちが左右に分かれて並んでいます。先生と握手を交わしたサピックス生は、正門を入って右手の、保護者控室になっている講堂(約1200席)か、講堂地下の食堂(約450席)へ。試験教室への入室が始まる7時30分まで、ここで保護者の方と共に待機します。講堂も食堂も暖房がよく効いており、土足のまま入ることができます。

試験教室へは7時30分から移動

保護者の方の多くは、受験生を見送ってから、約1200名収容できる暖かい講堂で試験終了を待ちます 保護者控室は食堂から埋まり始め、受験生の来校がピークを迎える7時20分すぎにはほぼ満席になりました。7時30分、控室で待機している受験生は「入場を開始します」のアナウンスを受け、移動し始めます。

 試験は高校校舎で受けます。その手前に立てられたチェーンポールから先は、受験生しか入ることができません。持ち物をチェックし、試験後の保護者の方との待ち合わせ場所を確認して、いざ試験教室へ。校舎入り口で持参した上履きに履き替え、受験番号ごとに指定された教室に向かいます。

 一方、受験生と別れた保護者の方の多くは、試験終了の12時25分まで講堂で待機。講堂では9時30分から校長先生があいさつし、その後、学校紹介動画が流されることになっています。

 集合時刻は8時20分。各教室には先生1名と補助生(在校生)2名が付き、補助生はトイレの場所などを受験生に優しく教えてくれます。8時30分、試験の注意事項を告げる校内放送が始まり、受験生は8時40分からの国語の試験に備えます。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ