受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2018年度中学入試特集/中学受験ドキュメント

巣鴨中

2回入試から3回入試に変更
受験者動向の変化に注目が集まる

東京

控室は7時から利用可能

「ギムナシオン」を控室として開放。試験が始まるまで保護者の方と一緒に待機できます  巣鴨中学はこれまで2月1日に第Ⅰ期入試を、翌2日に第Ⅱ期入試を行っていましたが、今年から4日に第Ⅲ期入試を新設しました。これに伴い、募集定員の配分を変更。第Ⅰ期、第Ⅱ期は各120名から各100名に減員し、第Ⅲ期で40名を募集します。さらに出願方法もインターネットのみとしました。このような入試改革による受験者動向の変化に注目が集まるなか、2日の第Ⅱ期入試を迎えました。

保護者の方が付き添えるのは、中庭に設けられた「受験生入口」までです 同校まではJR大塚駅から徒歩10分。JRなどが乗り入れる池袋駅、JR板橋駅、都営地下鉄三田線の西巣鴨駅などからも10~15分でアクセスできます。この日も前日と同様、塾関係者が7時前から校門付近に整列し、受験生の到着を待っています。

 同校では早く到着した受験生のために、控室としてギムナシオン(体育館)を開放しています。受験生は7時を過ぎたころから姿を見せ始め、到着のピークの8時ごろになると、サピックス生も続々とやって来ます。

8時30分までに試験教室に入室

8時以降に到着した受験生は、控室には立ち寄らず、そのまま試験教室に向かいます 校門を入るとすぐに受付があり、詰め襟姿の在校生が対応。受験票を提示すると、「受験生への諸注意」を手渡してくれます。このプリントに記載された校舎の配置図を見ながら、受験生は保護者の方と一緒にいったん控室に入り、入室開始の指示があるまでそこで待機します。

 8時になると、試験教室への入室開始を知らせる放送が流れ、受験生と保護者の方は一斉に移動し始めます。中庭には「受験生入口」と書かれた立て札が設置されており、保護者の方が付き添えるのはここまで。受験生は独りで、試験教室のある南校舎に向かいます。集合時刻の8時30分を知らせるチャイムが鳴るころには、ほとんどの受験生が入室を済ませ、構内は静けさを取り戻します。

 同校では2015年度までに校舎の全面リニューアルが完了し、南校舎にも最新の施設・設備がそろっています。誰もが真新しいキャンパスで学ぶ日を思い描いていることでしょう。受験生たちは、地道な鍛錬・努力に重きを置く巣鴨精神「努力主義」で試験に臨みます。

2018年度
中学入試特集目次
2018年度中学受験ドキュメント
緊急分析 2018年度首都圏中学入試の動向
緊急分析 2018年度関西圏中学入試の動向
速報 主要校の2018年度入試結果DATA一覧

ページトップ このページTopへ